【15選】家でも使えるキャンプ道具・日常使いしている兼用アイテム

記事内に広告を含む場合があります

はやお

キャンプだけの為に買うのはもったいない…

せっかく買うなら、家でも使えないかな…

意外と家でも活躍するキャンプ道具の数々。

今回は我が家が、家で使っているキャンプ道具を紹介したいと思います。

家でも使えるキャンプ道具

コップ

ハイボール、アイスコーヒーを飲むときに使っているタンブラー。

氷が溶けにくく、結露しない点が便利で、家でも毎日のように使用中。

コーヒー、紅茶を飲むときは、蓋付きのタンブラー。

車など持ち運びにピッタリで、アイスもホットもゆっくり楽しめます。

水筒

喉乾いた〜、ぬるいの嫌だ!という子供に、あると便利な水筒。

外出する前に氷と水を入れていけば、冷えた水がいつでも飲めるので子供からも好評。

コンビニで飲み物を購入する機会が減りました。

お皿

子供も安心して使える割れないお皿。

まな板としても使用でき、電子レンジ、食洗機も使えるので、家でも活躍。

我が家はふるさと納税の返礼品で頂きました。

CHOPLATE
¥3,168 (2024/02/23 11:07:34時点 Amazon調べ-詳細)

小皿(kozara12)は、ちょっとしたお菓子や醤油皿として使い勝手も良い感じ。

シェラカップは、計量カップとして使っています。

トング

フライパン調理で、ほぼ毎日のように使っているトング。

先端が細いタイプも持っていますが、個人的にはユニセラトングの形状が好み。

置いても汚れないので、使い勝手も良いです。

フライパン

キャンプきっかけで購入した鉄フライパンですが、家でも活躍。

当初は面倒なイメージもありましたが、現在は鉄フライパン一択で毎日使用中。

はやお

料理の仕上がりも良く、使い続けていくと油馴染みがよくなり、洗い物もラクです

millio

河原崎 貴

山田工業所

山田工業所(Yamada Kougyoujyo)
¥3,899 (2024/02/22 16:12:46時点 Amazon調べ-詳細)

包丁・キッチンバサミ

包丁・キッチンハサミはキャンプと家で兼用中。

包丁はサヤがあると持ち運びに便利です。

トーチバーナー

CB缶に取り付けて使えるトーチバーナー。

魚を炙ったり、チーズを溶かしたり、家でも活躍中。

新富士バーナー(Shinfuji Burner)
¥1,990 (2024/02/22 22:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

キッチンクリーナー

油汚れに強いキッチンクリーナー。

コンロ周りの油汚れ掃除で、家でも活躍。

15倍に薄めて使うので、コスパも抜群です。

ガスコンロ

家で鍋をするときは、ガスコンロ。

電源コードがないので、子供が引っかかることなく安心。

タフまるは、ふるさと納税返礼品にもなっています。

マット

家では、敷布団代わりにマットを活用。

家族内で誰かが体調を崩したり、来客時など、別室で寝る場合に使っています。

クーラーバッグ

普段から車に積んでいるソフトクーラーバッグ。

スーパーで買った保冷品の持ち運びに使用しています。

サーキュレーター

室内干しの際に使っているサーキュレーター。

使用の有無で、衣類の乾き方が全然違います。

ルーメナー

普段はモバイルバッテリーとして活躍。

PEAKS&TREES
¥14,280 (2024/02/22 17:21:17時点 Amazon調べ-詳細)
Geuog
¥12,980 (2024/02/22 17:21:22時点 Amazon調べ-詳細)

テント

設営が簡単な小型テントは、公園遊びの時にも便利。

TC素材は影が濃いので、夏場も涼しく過ごせる拠点を作れます。

visionpeaks (ビジョンピークス)
¥15,900 (2024/02/23 01:33:01時点 Amazon調べ-詳細)

ポータブル電源

意外と家でも使っているポータブル電源。

手元に電源口が欲しいときに便利です。

最後に

よく防災対策としてもお勧めされるキャンプ道具ですが、日常生活でも意外と活躍。

キャンプ道具を購入する際は、家で使うことも視野に入れながら選ぶことも結構大事。

キャンプでも家でも使えれば、一石二鳥で購入後の満足度もグッと上がります。

以上、我が家が、日常的に家で使っているキャンプ道具の紹介でした。