可愛らしくて実用的!鉄のフライパン(河原崎 貴)〜使って感じた5つの特徴と注意点〜

はやお

もう少し大きいサイズの鉄フライパンが欲しい…

そこで今回、選んだのが「鉄のフライパン(河原崎 貴)」の24cmサイズ。

今回は「鉄のフライパン(河原崎 貴)」について、キャンプで使って感じた5つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

鉄のフライパン(河原崎 貴)

作り手河原崎 貴
素材
サイズ小:φ21.5×H4cm(取手14cm)
中:φ24×H4.5cm(取手14cm)
大:φ27×H4.7cm(取手14cm)
重さ小:約650g
中:約800g
大:約950g
価格小:11,000円
中:13,200円
大:15,400円

作り手の河原崎 貴さんは、長野県伊那市に工房を構える鍛治職人。

鉄フライパンのほか、鉄の中華鍋や鉄皿なども製作されています。

5つの特徴

特徴① 可愛らしいデザイン

なんと言っても取っ手のデザインが大きな特徴。

取っ手の丸い形状、曲線がなんとも可愛らしい。

はやお

おしゃれなデザインなので、フライパンをそのままテーブルに置くのもアリ

取っ手部分は、引っ掛けておくのに便利な形状。

特徴② 取っ手が短い

取っ手の長さが、比較的短いことも「鉄のフライパン(河原崎 貴)」の特徴。

取っ手の長さを測ってみると、約14cm。

全長も約38cmなので、フライパンの扱いがしやすく、持ち運びもしやすい。

参考
メーカー・サイズ全長
Turk クラシックフライパン・24cm約46cm
millio 鍛造フライパン・24cm約44cm
鉄のフライパン(河原崎 貴)24cm約38cm

特徴③ 軽い

24cmサイズの重さは、約800g。

他の鉄フライパンに比べると軽く、女性でも片手で取り扱いしやすい。

CB缶横刺しのSOTOツーバーナー「レギュレーター2バーナーGRID」〜1年使用して感じた5つの特徴と注意点〜

参考
メーカー・サイズ重さ
Turk クラシックフライパン・24cm約1,400g
millio 鍛造フライパン・24cm約1,250g
鉄のフライパン(河原崎 貴)24cmサイズ約800g

特徴④ 美味しく仕上がる

鉄フライパンを使う1番の理由は、美味しく仕上がってくれるから。

野菜炒めも色鮮やかにシャキッと仕上がる。

お肉も変に焦げずに、いい感じに焼き目が付いて仕上がってくれる。

はやお

料理が苦手な我が家で大活躍してくれています

特徴⑤ ふるさと納税が活用できる

長野県伊那市のふるさと納税返礼品(ふるさとチョイス)。

我が家もふるさと納税を利用しましたが、申し込みをして1カ月程度で届きました。

はやお

返礼品になっているのは、24cmサイズのみ。

2つの注意点

注意点① IHは不可

商品の説明書きにも、「IHには対応しておりません」と記載。

「鉄のフライパン(河原崎 貴)」を使用する際はガスコンロ。

もしくは焚き火調理で大活躍。

夜が楽しい!サンゾクマウンテン(山賊山)〜使っている5つの道具と購入方法〜

注意点② 鉄フライパンの取り扱い

慣れれば簡単ですが、初めは戸惑う鉄フライパンの使い方。

我が家で気を付けているポイントはこちら。

使い方のポイント
  1. フライパンを熱してから油を注ぐ
  2. 油を熱して、煙が出てきたら、材料を入れる
  3. 使用後はフライパンが冷める前にタワシで水洗い(洗剤は使わない)
  4. 火にかけて水分を飛ばす
  5. オリーブオイルを塗っておく

最後に

可愛らしいデザイン、使い勝手の良さを兼ね備えた「鉄のフライパン(河原崎 貴)」。

フライパンの説明書には、「サビ・へこみ・ゆがみについては修理可能ですので、お気軽にお問い合わせください」との記載。

はやお

メンテナンスをしながら、一生使い続けられるフライパンだと思います。

以上、「鉄のフライパン(河原崎 貴)」について、キャンプで使って感じた5つの特徴と注意点の紹介でした。

ふるさと納税で「millio鍛造フライパン」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

プロ料理人も使う「山田工業所の中華鍋」〜1年使って感じた4つの特徴と注意点〜