【保冷力を検証】最強ソフトクーラー「AOクーラー24」8つの特徴と注意点

記事内に広告を含む場合があります

はやお

最強のソフトクーラーバッグと言われるAOクーラー

実際にどれくらい冷えているんだろう…

使い始めて2〜3年になりますが、どれくらい冷えているのか?を改めて調べてみました。

今回は「AOクーラー24パック」の8つの特徴と注意点(保冷力)を紹介したいと思います。

基本情報

AO Coolers(エーオークーラーズ)とは

アメリカ発のクーラーバッグブランド「AO Coolers(エーオークーラーズ)」。

当初は食品業界の業務用として販売していたクーラーバッグですが、優れた保冷性能が評判となり、一般販売を開始。

現在、日本のアウトドアでも定番のソフトクーラーとなっています。

シリーズの特徴・外観

特徴

各シリーズの主な違いは、外装の素材です。

各シリーズの特徴
  • キャンバスシリーズ
    • 人気の定番シリーズ。600Dのポリエステルキャンバスを使い、強度と軽量さを兼ね備えたモデル。
  • カーボンシリーズ
    • カーボンファイバー素材を使い、耐摩耗性・カビ耐性・防水性・UVカットを兼ね備えたモデル
  • バリスティックシリーズ
    • 1,680デニールのバリスティックを使い、耐摩耗性と耐久性に優れたモデル
  • モッシーオークシリーズ
    • モッシーオーク社のカモフラージュ柄を使用したモデル
  • ヒョウシリーズ
    • 破れにくく撥水性のある頑丈な 1200 デニールの生地で作られたヒョウ柄モデル
  • ハイブリッドクーラー
    • ハードクーラーとソフトクーラーのハイブリッドモデル

外観

キャンバスクーラー・サイズ比較

キャンバスクーラーは、AOクーラーの人気定番シリーズ。

程よいサイズの24サイズが1番人気です。

商品名6
パック
12
パック
24
パック
36
パック
48
パック
サイズ

高さ
奥行
25cm
18cm
18cm
35cm
30cm
18cm
43cm
30cm
25cm
53cm
25cm
30cm
53cm
33cm
33cm
容量5.7L11.35L22.7L34L45.4L
重量680g907g1,360g1,633g2,087g
素材キャンバス
ナイロン
ポリエチレン
ポリエステル
価格楽天で探す楽天で探す楽天で探す楽天で探す楽天で探す

ロゴデザインの違い

2022年からメーカーロゴのデザインが変更になっています。

8つの特徴

特徴① 保冷を極めた5層構造

ソフトクーラーの中でも、最強の保冷力と言われているAOクーラー。

断熱保冷を極めた5層構造で、ハードクーラーにも負けない保冷力を実現。

記事の後半(注意点①)で、ロゴスの保冷剤を使った保冷力を検証しています。

特徴② お手入れ簡単で衛生的

内側の白い部分は、水を通さず、汚れや臭いが付きにくいTPU(Thermoplastic Polyurethane)ライナー素材。

色々こぼしてしまっても、生臭い匂いが残ることなく、2年経っても無臭で衛生的にも安心して使用出来ています。

内側の白い部分は、写真のように引っ張り出せるので、メンテが楽。

洗ったり、拭き取ったり、乾燥作業も簡単です。

はやお

頑固な汚れ・ニオイがある場合は、水と中性洗剤を混ぜて、中程度〜硬めのたわしで洗うことをメーカーが推奨しています

特徴③ 劣化しにくい生地素材

キャンバスクーラーの外側生地は、耐久性のある600Dのポリエステルキャンバス素材。

無理やり押して積み込んだり、だいぶ雑な扱いをしていますが、目立つ傷や劣化している感じはありません。

さすがに底面はボロボロかな…と思って覗いてみると、まだまだ綺麗な状態をキープしていました。

はやお

見た目の劣化していく感じがなく、購入時の綺麗な状態を保ちつつ、使い続けられます

特徴④ しっかり自立する

中身の有無にかかわらず、しっかりと自立するソフトクーラー。

底面がしっかりしているので、ユニバーサルスタンドのような台にも置くことができます。

キャンドゥの折りたたみ椅子(550円)
はやお

2年使っていますが、型崩れすることもなく、安定感があります

特徴⑤ チャックがスムーズ

AOクーラーのファスナー、チェックは安心のYKK製。

一直線のファスナーは開け閉めがしやすく、引っかかりがなくスムーズな動き。

変に力を入れる必要がなく、チャック破損の防止にも繋がります。

はやお

ダブルチャックなので、パンパンになっていても開け閉めしやすいです

特徴⑥ 持ち運びしやすい

肩掛け

取り外し可能なショルダーストラップ付きで、肩掛けで持ち運びが可能。

手を塞がずに持ち運びができるので、その他の荷物と一緒に持ち運びができます。

肩当てもしっかりしているので、重量があっても肩に食い込むようなこともありません。

特徴⑦ 結露しにくい

ソフトクーラーは外側が結露するものが多いですが、AOクーラーは結露しにくい5層構造。

実際に結露を経験したことはなく、安心しきって、車の座面やトランクに置いて持ち運びをしています。

特徴⑧ 程よい柔軟性

ソフトクーラーは柔軟性があるので、足元の隙間に押し込んで収納可能。

コの字型チャックの場合、押し込んだときの型崩れが気になりますが、AOクーラーは気にせずグイグイ押し込めます。

はやお

車の積載がギリギリになることも多いので、ファミキャンでは意外と大事なポイントです

5つの注意点

注意点① 保冷力・温度変化(検証結果)

最強のソフトクーラーと言われていますが、クーラー内は冷蔵庫(2~6℃)ほどは冷えないので、過度な期待は禁物。

保冷剤や氷に密着していれば、より冷えますが、空間の温度としては下記の結果でした。

詳細(温度)

冷蔵庫の温度(2~6℃)に当てはまるのは、ピンク箇所

野菜室の温度(3〜8℃)に当てはまるのは、緑の箇所

ロゴス
保冷剤
1個2個3個
開始前25.3℃25.4℃24.5℃
10分後17.9℃12.6℃4.9℃
20分後14.5℃8.5℃2.9℃
30分後13.4℃7.4℃2.3℃
1時間後12.9℃7.7℃3.3℃
2時間後13.2℃8.8℃5.1℃
3時間後13.9℃9.4℃5.6℃
4時間後14.0℃11.8℃
12時間後18.0℃16.0℃7.4℃
24時間後24.4℃18.7℃12.8℃
36時間後18.2℃

保冷剤 1個

保冷剤 2個

保冷剤 3個

保冷剤が切れたら熱気がこもる

保冷剤が切れた後の、ソフトクーラー内は外気温以上になるので注意です。

注意点② 容量

「350ml×24缶+約6.3kgの氷」が入るとされている24パックサイズ。

500mlペットボトルと保冷剤を出来る限り入れみると、入ったペットボトルは17本。

保冷剤:ロゴス氷点下パックXL2個、クーラーショックM1個
はやお

ただ入れすぎは使いづらく、保冷の面でもよくありません。

現実的には、下記くらいの内容物(12本)がちょうど良さそうです。

はやお

保冷剤や氷を入れてみると、食材や飲み物が思ったほど入らない…と感じる方も多いかもしれません

2ℓペットボトルは入るものの、縦に入れるとチャックギリギリです。

注意点③ 出し入れしにくい

両サイドのバックルを閉じている場合、チャックの開き具合は写真のような状態。

保冷力を維持する面では良いですが、ストレートタイプのチャックで大きく開かないので、若干の出し入れのしづらさがあります。

両サイドのバックルを外せば大きく開くので、出し入れがしやすくなります。

注意点④ 防水性能は微妙

外側のキャンバス生地は濡れると若干沁み込む感じがあり、防水性能は微妙。

防水性能を求める場合には、カーボンシリーズがおすすめです。

AO Coolers(エーオークーラー)
¥20,900 (2024/07/22 19:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

注意点⑤ ドライアイスはNG

ドライアイスが内側のライナーに触れるとヒビが入ってしまうので、ドライアイスはNG。

保冷剤として使えそうな気もしますが、公式で注意喚起されています。

最後に

我が家では、サブクーラーとして活躍中のAOクーラー。

24パックは使い勝手の良いサイズ感で、持ち運びもしやすく、保冷力も申し分ありません。

過度の期待は禁物ですが、保冷剤や氷をしっかり入れておけば、夏キャンプでも安心です。

以上、「AOクーラー24パック」の7つの特徴と注意点(保冷力)の紹介でした。