フィールドラック(ユニフレーム)4年使って感じた6つの特徴と注意点

はやお

キャンプで使えるラックが欲しい!

でも実際には、どんな使い方が出来るんだろう…

何個あったらいいのだろう…

正直、活用イメージも湧かないまま、キャンプデビューと共に購入した「フィールドラック」。

それから4年が経ちましたが、現在もまだまだ現役活躍中で、必ず持っていくキャンプ道具。

ちなみに現在、6個のフィールドラックを所有しています。

今回は、ユニフレーム(UNIFLAME)の「フィールドラック」について、4年使って感じた6つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

比較:ユニフレーム・キャンピングムーン・HIBARI

先発の「ユニフレーム」に続き、「キャンピングムーン」、「HIBARI」のフィールドラックが現在販売中。

基本的な製品スペックを比較表にして、まとめました。

ユニフレームキャンピングムーンHIBARI
使用サイズ
(cm)
60×35
23(高さ)
60×35
23(高さ)
60×35
23(高さ)
収納サイズ
(cm)
60×35
1(厚さ)
60×35
2.3(厚さ)
60×35
1(厚さ)
材質
カチオンメッキメッキカチオンメッキ
重量1.7kg2.15kg1.8kg
耐荷重30kg30kg30kg
カラー
※ネット販売
ブラック
オリーブグレー
ブラック
オリーブグレー
レッド
オールステンレス
ブラック
価格約4,500円約3,000円約3,000円
はやお

公表されている製品スペックとコスパを考えると、HIBARI製もなかなか魅力的。

これまで我が家が4年間使い込んできたのは、ユニフレーム製です。

実際の販売価格は以下を参考にどうぞ。

持ち運び袋や天板など、様々なセットで販売されています。

◾︎ユニフレーム

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,500 (2022/05/17 12:10:44時点 Amazon調べ-詳細)

◾︎キャンピングムーン

◾︎HIBARI

6つの特徴

特徴① 何でも乗せられる

頑丈な造り&程よいサイズ感なので大体のものは、なんでも置ける。

確実に耐荷重オーバーなクーラーボックス(51ℓサイズ)もよく乗せていますが、足が歪んでしまうこともなく問題なし。

ツーバーナーやコンテナBOX(THOR)、頑丈BOX(無印)も収まるちょうど良いサイズ感。

おしゃれにキャンプ収納!「THOR」コンテナボックスを1年使って感じた6つの特徴と注意点

レギュレーター2バーナーGRID (SOTO)〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

特徴② 使い方・レイアウトは色々

1つ1つスタッキングができるので、あらゆるシーンに合わせた使い方ができる。

例えば、3段重ねの上にツーバーナー。

はやお

スタッキングしても、グラつくことなく安定感があるので、安心して使用できる。

下段には食器を置いたり、調理器具を置いたり。

格子状になっているので、洗い物後の濡れた食器置き場としても使いやすい。

ちなみに、スタッキングの際に使用するコンプレッションベルト(別売)もありますが、なくても安定感があるので、使用していません。

THORのコンテナBOXと組み合わせた使い方もオススメ。

持ち運び用の収納BOXをそのまま設置できるので、設置も撤収もあっという間。

その他にも、真ん中に橋をかけるようにスタッキングしたり、バリエーションは無限大。

ちょっとした仕事スペースなんかにもできる。

スタッキングをしなくても、使い方は色々。

収納BOXや荷物を乗せるだけでなく、薪スタンド代わりにもなるし、サイドテーブルとしても使いやすい。

はやお

片手で気軽に持ち運びできるので、使いたいときにサッと移動させて好きな場所に設置できる。

撤収日はメインテーブルを早めに車内にお片づけ。

フィールドラックを1つ残して、チェックアウト時間までゆっくり過ごしています。

はやお

メインテーブルが残っていると最後の片付けが大変ですが、フィールドラック1枚なら片付けも楽々。

特徴③ なかなか壊れない

購入してから4年経ちましたが、壊れることなく、まだまだ現役で活躍している我が家のフィールドラック。

耐荷重を超える負荷をかけてきたはずですが、それでも壊れない頑丈な造り。

はやお

51ℓサイズのクーラーボックスに、更に子供が飛び乗ってフィールドラックに負荷をかけているのですが…

販売元のユニフレームから公表されている耐荷重は「約30kg」ですが、やや控えめの数値なのでは?と勝手に推測中。

ユニフレームキャンピングムーンHIBARI
耐荷重30kg30kg30kg

その他にもユニフレーム製のキャンプ道具をいくつか使用していますが、どれも耐久性のある高品質なものが多い印象。

子供たちが思わぬ負荷をかけ続いていますが、それでも壊れることなく頑張ってくれています。

【BBQ・焚き火台】ファイアグリル〜4年使って感じた6つの特徴と注意点〜

はやお

創業30年以上の歴史のある信頼できるアウトドアメーカーさんです。

特徴④ コンパクトに持ち運べる

タフな頑丈な造りにも関わらず、収納時の厚みはわずか1cm。

綺麗に重ねて収納することができるので、6枚束ねても厚みは8cm程度。

コンパクトに持ち運び可能で、隙間スペースに積載しやすい。

ユニフレームキャンピングムーンHIBARI
使用サイズ
(cm)
60×35
23(高さ)
60×35
23(高さ)
60×35
23(高さ)
収納サイズ
(cm)
60×35
1(厚さ)
60×35
2.3(厚さ)
60×35
1(厚さ)
はやお

特に荷物の多いファミキャンでは、積載に困るケースも多いので結構重要なポイント。

特徴⑤ お手入れ簡単でサビない

木製ラックに比べて、濡れても染み込むことがなく、お手入れが簡単。

カチオンメッキを採用しているので、サビにくく、基本的には地面に接地している脚の部分を4箇所サッと拭きとる程度で問題なし。

はやお

面倒くさがって、拭かずに片付けてしまうこともしばしばですが、4年使っててもサビがみられません。

特徴⑥ カスタム品が充実

定番の人気商品ともあって、カスタム品が充実。

なかでも天板は持っておくと、非常に便利なアイテム。

フィールドラックの天板を自作【キャンプDIY】

はやお

我が家は適当にホームセンターの板を買って、やすりをかけて、塗料で塗りました。

格子状になっているので、足のある道具や細かなサイズのものを乗せる場合には必須。

市販されている天板の素材は、ウッド、ステンレス、カーボンなどバリエーション豊富。

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,200 (2022/05/17 21:28:01時点 Amazon調べ-詳細)
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,200 (2022/05/17 19:07:37時点 Amazon調べ-詳細)

その他にもハーフサイズ、連結用の天板など種類も様々。

コーナーエクステンションがあれば、囲炉裏テーブルのような使い方もできる。

出典:楽天市場

メッシュBOXがあれば、虫除け対策にもなるし、子供に荒らされたくないものを入れておくと安心。

出典:楽天市場
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥3,900 (2022/05/17 16:18:48時点 Amazon調べ-詳細)

CAMPGEEKでは、ラックを切断加工して、フラットバーナー(スノーピーク)をセットできる商品も販売。

出典:CAMPGEEK
はやお

現在もユニフレーム以外のショップから、続々と新しい関連アイテムが出てきており、日に日にフィールドラックの汎用性が高まっています。

3つの注意点

注意点① 組み立てに力がいる

組み立ての工程はシンプルで簡単なのですが、少し力が必要。

慣れてしまえば、そうでもないような気がしますが、最初は少し苦戦するかもしれません。

出典:Amazon

注意点② 重い

1枚あたりの重量はそうでもないのですが、枚数が増えてくるとなかなかの重量感。

ユニフレームキャンピングムーンHIBARI
1個1.7kg2.15kg1.8kg
2個3.4kg4.3kg3.6kg
3個5.1kg6.45kg5.4kg
4個6.8kg8.6kg7.2kg
5個8.5kg10.75kg9.0kg
はやお

一見そこまで重そうに見えないのですが、持ってみるとしっかり重さがあります

適当に自作した袋に入れて、持ち運んでいますが、肩にかかる重圧はなかなかのもの。

ユニフレームの持ち運び袋は別売で販売中。

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥3,400 (2022/05/17 12:10:45時点 Amazon調べ-詳細)

albatre(アルバートル)のマルチギアコンテナもちょうど良いサイズ感。

注意点③ 高い

複数揃えていくことになると、なかなかのお値段になってくる。

1つでも十分使い勝手が良いのですが、複数ある方がもちろん便利。

ユニフレームキャンピングムーンHIBARI
1個約4,500円約3,000円約3,000円
2個約9,000円約6,000円約6,000円
3個約13,500円約9,000円約9,000円
4個約18,000円約12,000円約12,000円
5個約22,500円約15,000円約15,000円
はやお

こうなってくると、やはりお手心価格の後発品も魅力的。

持ち運び袋や天板など、様々なセットで販売されているので、購入の際は要チェックです。

◾︎ユニフレーム

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥4,500 (2022/05/17 12:10:44時点 Amazon調べ-詳細)

◾︎キャンピングムーン

◾︎HIBARI

最後に

4年前に何気なく購入した「フィールドラック」ですが、今ではなくてはならない我が家の必需品。

これまで数々のキャンプ道具を買い替えてきましたが、そんな中でもフィールドラックは使い勝手が良く、4年間の全キャンプで活躍中。

複数揃えていくと、それなりのお値段にはなりますが、耐久性があって飽きのこないデザインなので、長い目で見ればコスパの良い商品だと思います。

以上、ユニフレーム(UNIFLAME)の「フィールドラック」について、4年使って感じた6つの特徴と注意点の紹介でした。