【おしゃれランタン】JDバーフォード「マイナーズランプ」5つの魅力と注意点・煤の落とし方

記事内に広告を含む場合があります

はやお

夜の雰囲気を上げるおしゃれなランタンが欲しい!

そんなときに、一目惚れで購入したのが「マイナーズランプ」。

2年前に購入して以降、必ず持っていくキャンプ道具の1つになっています。

今回は、JDバーフォード「マイナーズランプ」について、使って感じた5つの魅力と注意点・煤の落とし方を紹介したいと思います。

基本情報

マイナーズランプとは

マイナーズランプの歴史

炭鉱で安全に働けるように作られたのが、マイナーズランプの始まり。

マイナー(miner)は、「鉱夫(鉱山で鉱石を掘り出す労働者)」を意味しています。

出典:E.Thomas & Williams

作業中に、ロウソクの火が引火して爆発を起こす状況に対して、1815年に発明されたのがマイナーズランプ。

炎の周りに金属やガラスカバーを取り付けた構造で、次第に現在の形になっていったようです。

はやお

イギリスのカンブリア(旧ウェールズ)が由来となり、カンブリアンランタンとも呼ばれています

天空の城ラピュタ

イギリスの炭鉱街がモデルとなった「天空の城ラピュタ」でも登場するランタン。

バズーが手に持っていたランタンとしても有名です。

出典:スタジオジブリ

JD Burford(ジェーディー バーフォード)について

マイナーズランプを造る「JD Burford(ジェーディー バーフォード)」は、イギリスの金属加工会社。

炭鉱労働者が働いていたウェールズの炭田があった場所に工場があり、ここで製造されたランプ下には「MADE IN WALES」の刻印があります。

Mサイズ・Lサイズを比較

「JD Burford」のマイナーズランプは、MサイズとLサイズの2種類。

主な違いはサイズと価格です。

商品Mサイズ
Lサイズ
サイズ直径6.3
高さ18cm
直径8.8
高さ22.5cm
種類

素材
オールブラス:真鍮
オールニッケル:ニッケル
ニッケル&ブラス:ニッケル/真鍮
ブラック&ブラス:真鍮(一部黒塗装)
カッパー&ブラス:真鍮(銅メッキ)
ホワイト:ニッケル/ホーロー
ブルー:ニッケル/ホーロー
グリーン:ニッケル/ホーロー
レッド:ニッケル/ホーロー
クリーム:ニッケル/ホーロー
タンク容量30cc
(約5時間)
原産国イギリス
(ウェールズ)
定価 19,690円20,790円
はやお

我が家はMサイズのブラック&ブラスを使っています

ジェイディーバーフォード(JD Burford)
¥9,800 (2024/05/25 10:55:24時点 Amazon調べ-詳細)
ジェイディーバーフォード(JD Burford)
¥17,800 (2024/05/25 10:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

外観デザイン(10種類)

10種類あるので、所有するキャンプ道具との相性を考えながら、好みのデザイン選ぶことができます。

出典:JD BURFORD

「JD Burford」と「E.Thomas & Williams」を比較

「E.Thomas & Williams」のマイナーズランプは1サイズのみ。

「JD Burford」のLサイズと比べると、一回り大きいサイズ感です。

メーカーJD Burford
(Lサイズ)
E.Thomas & Williams
(イートーマスアンドウィリアムス)
外観
イメージ
サイズ直径8.8
高さ22.5cm
直径8.8
高さ26.4cm
種類オールブラス
オールニッケル
ニッケル&ブラス
ブラック&ブラス
コッパー&ブラス
ホワイト
ブルー
グリーン
レッド
クリーム
オールブラス
コッパー&ブラス
ブラス&ステンレススチール
ブラス&ブラック
タンク容量30cc
(約5時間)
150cc
(約8時間)
原産国イギリス
(ウェールズ)
イギリス
(ウェールズ)
定価 20,790円39,270円
E.Thomas & Williams(イートーマスアンドウィリアムス)
¥24,980 (2024/05/25 10:55:33時点 Amazon調べ-詳細)

5つの魅力

魅力① おしゃれなデザイン

フックに引っ掛けたり、テーブル上に置くだけでグッと雰囲気が良くなるおしゃれなデザイン。

歴史を感じるマイナーズランプの構造は、所有欲もしっかり満たしてくれます。

明かりをを灯して、ゆっくり夜を過ごしたり、炎のゆらめきをボーッと眺めている時間は格別です。

魅力② エイジングが楽しめる

使い込むほどに味わいが増していく、真鍮製。

ピカピカの真鍮もかっこ良いですが、くすんだ真鍮もまた味わいがあって良い雰囲気。

ピカールで磨けば、購入時の輝きを取り戻すこともできます。

魅力③ 頑丈な造り

本体はちょっとした衝撃にも安心の真鍮製。

グローブ部分も真鍮で格子のように保護されているので、神経質になりすぎず取り扱いができます。

はやお

グローブ部分はガラスなので、注意は必要です

万が一、割れてしまった場合には、グローブのみ取り替えが可能です。

魅力④ ケース付き

マイナーズランプには筒状のケースが付属。

別途ケースを用意する必要がないので、追加の出費がありません。

はやお

しっかりしたケースなので、持ち運びも比較的安心です

魅力⑤ 点火・消火作業が簡単

点火は、パラフィンオイルを入れて、芯にライター等で火をつけるだけ。

灯油でも代用可能ですが、煤であっという間に真っ黒になってしまうので、パラフィンオイルがおすすめです。

注ぎ口が少し狭いので、じょうごや口の細いボトルがあると便利。

パラフィンオイルを入れる前には、芯の長さをチェック。

2mm以内が推奨されており、長すぎると煤が出たり、ボディが熱くなるので注意です。

消火はボディ後ろの穴から息を吹きかけるだけ。

はやお

燃料満タンで5時間ほど持つので、だいたい1晩1回の点火作業で済みます。

3つの注意点

注意点① 明るくない

明るさはなく、あくまで雰囲気を楽しむランタン。

メインランタン、サブランタンに加えて、+αで持っていくランタンです。

注意点② ボディが熱くなる

火をつけると、ボディが高温になるので注意。

移動をさせたり、触れるときには、グローブがあると安心です。

はやお

芯を出し過ぎると、火傷をするほど高温になるので注意です

注意点③ 煤の落とし方

グローブの煤汚れを綺麗にするには、ナットの取り外しが必要。

着脱するための工具が必要になります。

ナットを取り外したら、あとは拭き取るだけ。

煤汚れは、優しく拭き取るだけでサッと取れていきます。

最後に

夜の雰囲気をグッと上げてくれるお洒落なオイルランタン「マイナーズランプ」。

明るさはなく、少し面倒なところもありますが、マイナーズランプの灯りに癒されながら過ごす夜は格別です。

デザインカラーも豊富なので、所有するキャンプ道具との相性も考えながら、好みのものを選ぶことができると思います。

以上、JDバーフォード「マイナーズランプ」について、使って感じた5つの魅力と注意点・煤の落とし方の紹介でした。

ジェイディーバーフォード(JD Burford)
¥9,800 (2024/05/25 10:55:24時点 Amazon調べ-詳細)