キャンプサイトが明るく快適!「ルーメナー2」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

キャンプを始めて2年以上、キャンプに行くたびに毎回感じていたランタン問題。

はやお

うちのキャンプサイトってなんか暗いよね?(あそこはあんなに明るいけど…)

むーさん

やっぱりLEDランタンだと仕方ないのかな…

複数の箇所にランタンを設置していても暗いので、常にランタンを片手に持って動いて作業をしていた状況がありました。

しかし、そんな状況を解決してくれたのが、「ルーメナー 2(LUMENA 2)」。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 414D9006-A205-4240-833B-9AAEB7A8BC68-644x483.jpeg

今回は「ルーメナー 2(LUMENA 2)」について、1年使って感じた5つの特徴と注意点について紹介したいと思います。

基本情報

我が家で使っているのは「ルーメナー 2(LUMENA 2)」ですが、その他にもルーメナーには種類があります。

ルーメナー(LUMENA)製品一覧

ルーメナー2ルーメナー7ルーメナー+
サイズ129×75×22.792×92×28㎜146×96×28㎜
重さ280g220g440g
明るさ(Lm)100Lm〜
1500Lm
(4段階)
260Lm~
1300Lm
(4段階)
150Lm~
1800Lm
(4段階)
色温度昼光色
昼白色
電球色
昼光色
昼白色
電球色
昼光色
昼白色
電球色
バッテリー容量リチウムポリマー
10000mAh
リチウムイオン
10000mAh
リチウムポリマー
20000mAh
充電回数500回以上500回以上500回以上
連続点灯時間High:8時間
Low:100時間
High:8時間
Low:100時間
High:12時間
Low:200時間
充電時間5時間5時間40分8時間
防塵防水規格IP67なしなし
付属品専用ケース
USBケーブル
磁石ハンガー
カラビナ
専用ケース
USBケーブル
ハンガーリング×2
カラビナ×2
防水キャップ
専用ケース
USBケーブル
フック×2
カラビナ×2
防水キャップ

各製品の特徴になりそうな箇所を色づけしていますが、キャンプで使うなら防塵防水性能が備わっている「ルーメナー 2(LUMENA 2)」がオススメです。

ルーメナー2

ルーメナー7

LUMENA(ルーメナー)
¥9,500 (2021/07/28 12:40:43時点 Amazon調べ-詳細)

ルーメナー+

LUMENA(ルーメナー)
¥17,200 (2021/07/28 15:47:39時点 Amazon調べ-詳細)

5つの特徴

特徴① 明るい

これまで複数のランタンを設置していても薄暗くて、必ず手元にランタンが必要でしたが、「ルーメナー 2(LUMENA 2)」の場合には、1つ設置していれば問題なし。

はやお

もっと早く我が家のキャンプに導入していれば良かった…

2年間の後悔と共に、キャンプにおける明るさの重要性を実感しました。

明るさは4段階(100Lm、500Lm、1000Lm、1500Lm)ありますが、あまり強くすると逆に眩しいので基本的には500Lmで使用しています。

比較的大きなテント、タープを使っていますが、それぞれ1つで十分な明るさがあります。

ローベンスのベル型テント「クロンダイクグランデ」 〜2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

ファミキャンにおすすめ!「ファイアプレイスTCレクタタープ」〜選んだ5つの理由と2年使って感じたこと〜

特徴② 暖色系の明かり

状況によって、5700K(昼光色)、4500K(昼白色)、3000K(電球色)の3色から選べるのも「ルーメナー 2(LUMENA 2)」の良いところ。

ただ明るいだけではなくて、落ち着きのある暖色系(電球色)の明かりは、キャンプの雰囲気を損なうことなく、キャンプサイトでゆっくり寛ぐ際にはぴったりです。

我が家では、ほとんど暖色系(電球色)のパターンで利用しています。

特徴③ LEDランタン

ランタンにはガスやガソリン等、他の選択肢もありますが、我が家はLEDランタン派。

ガスやガソリンランタンには憧れますが、暴れまわる子供のことを考えると、安全で手軽なLEDランタン一択です。

現在は追加で1つ購入し、「ルーメナー 2(LUMENA 2)」2台体制でキャンプに行っています。

特徴④ 持ち運びしやすい

一般的なランタンに比べて、「ルーメナー 2(LUMENA 2)」は圧倒的にコンパクト。

本体だけなら、iPhone7と変わらないサイズ感。

iPhone12 ProMAXと比べると、むしろ小さく感じます。

¥4,400 (2021/07/28 12:40:43時点 楽天市場調べ-詳細)

複雑な形状でもなく、専用ケースも付属しているので、壊れる心配やかさばることもありません。

専用ケースのサイズは15cm×10cm×6cmで、持ち運びも楽々です。

また充電式のランタンなので、予備の電池を持って行く必要もなく、地味に嬉しいポイントだったりします。

特徴⑤ 経済的

「ルーメナー 2(LUMENA 2)」自体は安い買い物ではありませんが、1つで十分な明るさがあるので、下手に複数のランタンを購入する必要がなくなります。

また充電式ランタンで、1回あたりの電気代は約1円。

※充電用アダプターは付属していないので、別途準備が必要です

これまで我が家が使っていたランタンでは、単一電池が3本必要で、キャンプに行くたびに結構な金額がかかっていました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AB227095-F757-4162-BD4C-383C462CF964-644x483.jpeg

毎回の電池代がかからず、ランニングコストは0円と言っても良いレベルなので、使い続けることで結果的に出費を抑えることに繋がるように思います。

注意点

デザイン

当初は我が家も抵抗感のあったデザイン。

はやお

キャンプといったら、こういうランタンでしょ

そのようなイメージがあり、最初は「ルーメナー 2(LUMENA 2)」の形状をなかなか受け入れられずにいました。

しかし使い続けていくと案外慣れるもの…というか、見た目以上に明るさや使い勝手の良さに惹かれていきました。

今では「ルーメナー 2(LUMENA 2)」の見た目が好みになってきたので、そのまま使用していますが、シェードも販売されているのでカスタマイズをしておしゃれを楽しむのも良いと思います。

ルーメナー(LUMENA)
¥1,980 (2021/07/28 12:40:44時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

キャンプを始めて2年以上悩んでいたランタン問題。

はやお

もっと早く我が家のキャンプの導入していれば良かった…

2年間の後悔と共に、キャンプにおける明るさの重要性を実感しました。キャンプサイトが明るくなると、キャンプでの快適度がグッと向上します。

以上、「ルーメナー 2(LUMENA 2)」について、1年使って感じた5つの特徴と注意点の紹介でした。