【10種類】最低限のキャンプ道具~初めてのファミリーキャンプに向けて~

キャンプを始めようと思うんだけど、何を買ったらいいの?

はやお

キャンプデビューを考える友人からのよくある質問。

そんな疑問に対して、これまでのファミリーキャンプ経験をもとに、今回は以下の2点をまとめてみました。

  • 最低限揃えておきたいキャンプ道具
  • キャンプ道具選びのポイント

実際に使っている「キャンプ道具の商品名」まで紹介をしているので、これからキャンプデビューを考えている方に参考にして頂ければと思っています。

最低限揃えておきたいキャンプ道具

最低限揃えておきたいキャンプ道具は以下の10種類。

「寝泊まり関連」、「リビング関連」、「調理関連」と3つに分類しています。

必要なキャンプ道具

寝泊まり関連

  • テント
  • グランドシート
  • マット
  • ペグ、ハンマー

リビング関連

  • ランタン
  • テーブル
  • 椅子

調理関連

  • クーラーボックス
  • コンロ
  • 焚き火台

「キャンプ道具選びのポイント」について、順番に紹介していきたいと思います。

キャンプ道具選びのポイント

寝泊まり関連

キャンプ道具① テント

言うまでもなく、テントは寝泊まりに必須のキャンプ道具。

ソロであれば外で寝る選択肢もあるかもしれませんが、ファミリーキャンプの場合にはテント内で1晩過ごすのが一般的。

テントにも色々な種類がありますが、オススメは「ツールーム」のテント。

ツールームテントであれば、リビングスペースも兼ね備えているので、「日差しが強い日」や「悪天候時」でもタープ不要でキャンプを楽しむことが出来ます。

風が強い日にはタープを張れないこともあるので、その点「ツールームテント」であれば安心です。

はやお

タープ関しては、一度キャンプに行ってみて、周りのキャンパーさんの雰囲気を見てから購入を検討しても良いと思います。

我が家の初テントはコールマンの「ツールームテント」でしたが、非常にコスパも良く、振り返ってみても購入してよかったと思えるテントです。

コールマン(Coleman)
¥64,800 (2021/05/08 02:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

キャンプ道具② グランドシート

テントを購入したら、合わせて「グランドシート」も揃えておきたいところ。

グランドシートはインナーテントの下に敷いて活用するものですが、「テント底面の生地を保護」し、「浸水や底冷えを防ぐ」役割を果たしてくれます。

テント専用の「グランドシート」も販売されていますが、我が家では「ユタカシート」を活用しています。

インナーテントに対してぴったりサイズの販売はありませんが、「低価格で厚みのあるシート」なのでおすすめです。

はやお

インナーテントの底面サイズに近いサイズを選んで、折り込んで使用します。

キャンプ道具③ マット

快適に1晩を過ごしてキャンプを楽しむためには、「マット」も必須のキャンプ道具。

キャンプ場によって地面の状況は様々ですが、「マットのクッション性」によって快適な睡眠につながります。

マットにも色々な種類がありますが、選択肢としては大きく以下の3つ。

各マットの評価については個人的な見解です。

ウレタン
マット
エア
マット
インフレータブル
マット
寝心地
使い勝手
収納サイズ
金額
はやお

商品によっても様々ですが、使い勝手なら「ウレタン」、収納サイズなら「エア」、寝心地なら「インフレータブル」といった感じで選んでいくと良いと思います。

我が家では「ウレタンマット」、「インフレータブルマット」を所有していますが、最近では使い勝手の良い「ウレタンマット」の使用頻度が増えています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,282 (2021/05/08 02:05:21時点 Amazon調べ-詳細)

適当にタオルやシーツをかけて使用していますが、家で寝る感覚と大きく変わらず、地面も感じることなく、寝心地も気に入っています。

寝心地を求める場合には、厚みが10cmある「インフレータブルマット」がおすすめです。

キャンプ道具④ ペグ、ペグハンマー

テント設営で意外と苦労するのが、ハンマーで「ペグを打ち込む作業」。

テントに付属されているペグ、ハンマーもありますが、モノによっては頼りないケースがあるので確認しておく必要があります。

硬い地面の場合には歯が立たないこともあるので、要注意。

設営で途方に暮れることがないように、しっかりと打ち込めるペグ、ハンマーを用意しておくと良いと思います。

我が家もキャンプを始めた当初は、ペグとハンマーのお値段にびっくりしましたが、揃えておいて損のないキャンプ道具だと思います。

我が家では以下の道具を使っています。

エリッゼ(ELLISSE)
¥2,640 (2021/05/08 04:18:19時点 Amazon調べ-詳細)
Boundless Voyage
¥2,900 (2021/05/07 22:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

チタンペグが最強!「Boundless Voyage」〜4年使って感じた5つの特徴と注意点〜

リビング関連

キャンプ道具⑤ ランタン

キャンプ場も夜は真っ暗になるので、ランタンが必要。

明かりがないと何も出来なくなってしまうので、「寝室エリア」と「リビングエリア」に1つずつ用意できると良いと思います。

ランタンにも色々と種類がありますが、ファミリーキャンプなら「LEDランタン」がおすすめ。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AB227095-F757-4162-BD4C-383C462CF964-644x483.jpeg

「キャンプ=燃料系ランタン」のイメージがありますが、ボタン1つで照明のオンオフが出来る「使い勝手の良さ」と「安全性の高さ」はファミリーキャンプにとって魅力的。

将来、燃料系ランタンを使うことになっても「LEDランタン」の出番は必ず出てくるので、まず「LEDランタン」から揃えて行くと良いと思います。

我が家では「ルーメナー2」と「エジソンストリングライトLED」を使用しています。

LUMENA(ルーメナー)
¥10,800 (2021/05/07 17:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプサイトが明るく快適!「ルーメナー2」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

ベアボーンズ(Barebones)
¥8,580 (2021/05/07 13:52:00時点 Amazon調べ-詳細)

おしゃれキャンプに憧れて「エジソンストリングライトLED」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

キャンプ道具⑥ テーブル

ご飯を食べたり、作業をしたり、家族の寛ぎスペースには「テーブル」も必要なキャンプ道具。

ファミリーキャンプであれば、小さなサイドテーブルのようなものではなくて、ある程度サイズのあるメインテーブルが欲しいところ。

はやお

テーブル購入の際には、ハイスタイル、ロースタイルなど、キャンプスタイルをイメージしておくと良いと思います。

現在、我が家では「テキーラレッグ」に板をはめてテーブルにしています。

DOD(ディーオーディー)
¥4,320 (2021/05/08 02:05:22時点 Amazon調べ-詳細)

足の長さが調節出来たり、収納付きタイプのテーブルも便利でオススメです。

キャンプ道具⑦ 椅子

焚き火をしたり、ご飯を食べたり、ゆっくり過ごすためには「椅子」も必須のキャンプ道具。

お座敷スタイルも悪くありませんが、やっぱり椅子があると便利で快適です。

キャンプでは椅子に座っている時間が長くなるので、座り心地も大事なポイント。

可能であれば店頭で試してみて、自分に合った椅子を購入出来ると良いと思います。

我が家では、ヘリノックスの「チェアワン」、「チェアツー」を使用しています。

長時間座っていても、お尻が痛くなるようなこともなく、座り心地を気に入っています。

Helinox
¥11,550 (2021/05/08 02:05:23時点 Amazon調べ-詳細)
はやお

椅子の購入時にもテーブルと同様にハイスタイル、ロースタイルなど、キャンプスタイルをイメージしておくと良いと思います。

調理関連

キャンプ道具⑧ クーラーボックス

食材や飲料の保管に大事なクーラーボックス。

ソフトタイプ、ハードタイプなど色々な種類がありますが、保冷力のある「ハードタイプ」を1つ持っておくと安心です。

容量に関しては、「車の荷台サイズ」や「家族の人数」等を考慮する必要がありますが、我が家では「51ℓサイズ」を使用しています。

イグルー(Igloo)
¥25,380 (2021/05/07 07:56:05時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプ道具⑨ ガスコンロ

お湯を沸かしたり、調理をするのに便利なガスコンロ。

ツーバーナータイプも良いですが、まずはワンバーナータイプでも良いと思います。

我が家では「イワタニの風まる」を使用していますが、風にも強く、大きな鍋でも安定感があり、コスパの良いCB缶で使用できるのでおすすめです。

Iwatani
¥5,770 (2021/05/08 02:05:24時点 Amazon調べ-詳細)

ツーバーナーも「CB缶」で使えるタイプを使用しています。

燃料を揃えておくと何かと便利です。

CB缶横刺しのSOTOツーバーナー「レギュレーター2バーナーGRID」〜1年使用して感じた5つの特徴と注意点〜

キャンプ道具⑩ 焚き火台

キャンプの醍醐味でもある焚き火。

直火が出来るキャンプ場もありますが、焚き火台があればキャンプ場選びの選択肢が広がります。

我が家も定番の「ファイアグリル」を使っていますが、これ1台で炭火焼きも出来るので、使い勝手が良くおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,500 (2021/05/08 02:05:26時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

繰り返しになりますが、必要なキャンプ道具とポイントを簡単に総ざらい。

必要なキャンプ道具
  1. テント
    • ツールームタイプがおすすめ
  2. グランドシート
    • コスパならユタカシート
  3. マット
    • 寝心地ならインフレータブル、使い勝手ならウレタン
  4. ペグ、ハンマー
    • テント付属のものは要チェック
  5. ランタン
    • ファミキャンならLEDタイプ
  6. テーブル
    • メインテーブルが欲しいところ
  7. 椅子
    • 可能であれば店頭で座り心地をチェック
  8. クーラーボックス
    • ハードタイプが1つあると安心
  9. コンロ
    • CB缶タイプが経済的でおすすめ
  10. 焚き火台
    • 炭焼きもできるタイプは便利

以上、初めてのファミリーキャンプに向けて、「最低限揃えておきたいキャンプ道具10種」と「道具選びのポイント」についての紹介でした。