【神奈川】「あつぎこどもの森公園」〜TCルーテントでピクニック〜

日曜日が雨予報の週末2連休。

はやお

テントの乾燥撤収が出来ないし、今回はキャンプやめとく?

むーさん

そうだね。この間、遊びに行った公園にでも行こうか?

というわけで、「あつぎこどもの森公園」にTCルーテントを持って、行ってきました。

今回は「あつぎこどもの森公園」について、5人家族で利用した設備を紹介したいと思います。

基本情報

あつぎこどもの森公園

所在地神奈川県厚木市中荻野916-2
営業時間10~3月(9:00〜16:00)
4月〜9月(9:00〜17:00)
※森のすべり台は15時30分まで
無料駐車場あつぎこどもの森公園駐車場(荻野運動公園第2、第3駐車場)
トイレ洋式トイレ
遊具森の空中回廊、森のすべり台、リスの道、ムササビの道
売店飲み物(自動販売機)
ゴミゴミ箱の設置なし
禁止事項喫煙、キックボード、ストライダー、自転車など
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

あつぎこどもの森公園

お昼ごはんの調達

途中、お昼ごはん用にパンを買って「あつぎこどもの森公園」へ。

公園駐車場

公園入り口付近に、無料駐車場が2箇所あります。

向かいにある「荻野運動公園」はいつも混み合っていますが、こちらは比較的空いている印象。

アクセスマップ
出典:あつぎこどもの森公園

「くぬぎの丘」を目指して

車を停めたら、荷物を持って園内へ。

まずは「くぬぎの丘」を目指していきます。

「くぬぎの丘」に行くルートは3通り。

1つは「ムササビの道」のアスレチックを突破して行く方法。

その他には、整備された「森の空中回廊」を進んで行くか、左側の足元の悪い道を登って行く方法があります。

個人的には「森の空中回廊」コースが好みでしたが、こちらも最後には長い階段を登って行く必要があります。

はやお

当日はキャリーワゴンやベビーカーで来ていて、登りの階段に困っている方が大勢いました。赤ちゃんがいる場合には「抱っこ紐」で来ると良いと思います。

いずれの方法でも良いのですが、登り切ったところに「くぬぎの丘」があります。

「TCルーテント」を設営

到着したら「TCルーテント」を設営。

「くぬぎの丘」には、テーブルベンチも数カ所に設置されています。

ロゴプリントなしのビジョンピークス「TCルーテント」〜デイキャンプで使って感じた4つの特徴と注意点〜

高台なので見晴らしも良く、開放感のある空間。

はやお

眺めが最高!という程でもないのですが、人も多すぎず、ゆっくり出来る空間で個人的に気に入っています。

テント左側には「桜の木」があり、ちょっとしたお花見気分も味わうことが出来ました。

ただ高台なので、風にも注意が必要。

ポップアップテントが風に飛ばされそうになっている様子もあったので、ペグダウンしておくと安心です。

チタンペグが最強!「Boundless Voyage」〜4年使って感じた5つの特徴と注意点〜

お昼ごはん・お昼寝

とりあえずテント設営が終わったら、お昼ごはん。

飲み物は家から持参しました。

子供用の水筒に「スタンレー・ゴーボトル(473ml)」〜親と子供が感じた5つの特徴〜

昼ごはんが終わったら、末っ子はテントでお昼寝。

トイレ

長女と次女はトイレを済ませて、楽しみにしていた滑り台。

トイレの清潔感はバッチリ。

綺麗なトイレなので、安心して利用することが出来ます。

森のすべり台

「森のすべり台」の長さは106m。

どうやら超高分子量ポリエチレン製すべり台の中では、長さが日本一になるようです。

毎回、登るのが大変ですが、その分ロングコースで迫力があり、子供達も楽しそうでした。

ローラー滑り台のようにお尻が痛くならないので、大人も一緒に遊びやすいです。

ヒップソリも不要です。

「森のすべり台」の利用は15時30分まで。

その後もバテるまで、登っては滑っての繰り返し。

なかなか終わりが見えなかったので、デザートをチラつかせて、公園遊びも終了。

その後は、「mister morning star」に立ち寄りました。

店内にはヴィンテージランタンや1点ものアイテムが多数。

あれもこれも欲しくなりましたが、この日は我慢してお家へ帰宅しました。

最後に

今回、「あつぎこどもの森公園」を利用してみて感じた4つのおすすめポイント。

  • 混雑していないので、ゆっくり過ごせる
  • 滑り台はお尻が痛くならないタイプ
  • トイレが綺麗
はやお

遊具は滑り台とネットくらいなのですが、子供たちの満足度も高い公園でした。

以上、「あつぎこどもの森公園」について、5人家族で利用した設備の紹介でした。