【寝心地は?】キャプテンスタッグ「EVAフォームマット」使って感じた5つの特徴と注意点

はやお

キャンプで使うマットが欲しい!

ウレタン素材のEVAフォームマットの寝心地はどうなんだろう…

使い始めて4年くらい経ちますが、寝心地はそこそこというのが正直な感想。

ただ価格とスペックを考えると超コスパの良いマット。

使い勝手がいいので、とりあえず買って、試してみても損はないマットだと思っています。

今回はキャプテンスタッグ「EVAフォームマット」について、使って感じた5つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

キャプテンスタッグって?

実用的でコスパの良いアウトドア用品を幅広くラインナップしているアウトドアメーカー。

『頂点を目指そうとするあまり、保守的な発想へ傾きかけたり、造作にこだわりすぎて価格的に手が届かなくなってしまっては、存在する意味がない』という考えのもと、使いやすさ、購入しやすさを第一に考え、より快適で、より楽しいアウトドアライフをサポートすべく、総合的な商品展開を目指しています。

出典:CAPTAINSTAG

EVAフォームマットの種類

EVAフォームマットは下記の2サイズ展開。

我が家も所有する「ダブル」はノーマルの約3倍の展開サイズで、厚みは0.5cm薄くなります。

メーカー
商品名
キャプテンスタッグ
EVAフォームマット
キャプテンスタッグ
EVAフォームマット ダブル
展開サイズ56×182cm140×217cm
厚み2cm1.5 cm
収納サイズ56×13×12.6cm70×13×39 cm
素材発泡ポリエチレン
EVA樹脂
発泡ポリエチレン
EVA樹脂
生産国韓国韓国
定価6,050円14,300円
はやお

定価はそこそこしますが、実際の販売価格はだいぶお手頃価格です。

EVAフォームマット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,309 (2023/02/06 21:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

EVAフォームマット ダブル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,764 (2023/02/06 18:50:40時点 Amazon調べ-詳細)

類似品・サーマレストとの違いは?

シングルサイズの比較は以下のとおり。

類似品やサーマレストにはダブルサイズがありません。

メーカー
商品名
キャプテンスタッグ
EVAフォームマット
ハイランダー
XPE 折りたたみレジャーマット
BUNDOK
フォールディングマット EVA
エバニュー
XPE Camp mat
サーマレスト
Zライトソル R
展開
サイズ
56×182cm60×180cm57×180cm56×185cm51×183cm
厚み2cm1cm1cm1.5cm2cm
収納
サイズ
56×13×12.6cm56×15×11.5cm57×13×15cm不明51×13×14cm
重さ270g283g300g395g410g
素材発泡ポリエチレン
EVA樹脂
発泡ポリエチレン発泡ポリエチレン
EVA樹脂
発泡ポリエチレン架橋ポリエチレン
カラーグリーングリーングリーン
ブルー
グリーン
ピンク
シルバー
生産国韓国不明中国中国アメリカ
はやお

EVAフォームマットでも地面を感じるケースが多いので、個人的には「1.5cm以上」の厚みがお勧めです

5つの特徴

特徴① 寝心地はそこそこ

エアベッドやインフレータブルマットと比較すると、寝心地はそこそこというのが正直な感想。

平坦な芝生・小砂利サイトでは全く問題ないですが、凸凹した地面や大きな石の転がるサイトでは、どうしても地面を感じます。

はやお

寝心地には好みもあるので、変に沈み込まないという点では良いかもしれません

我が家の場合、子供たちはふわふわで寝やすい!妻は腰が痛くなる!私は地面を感じるけど全然寝れる!といった感じで評価が分かれています。

状況に合わせてダブルサイズを半分に折ったり、シングルを2枚重ねにして使えば、地面はだいぶ感じなくなります。

端の方を畳んで使えば、枕代わりにすることもできるので、この点は寝心地向上につながるかもしれません。

マットに使われるEVA樹脂は低温でも硬くなりにくい特徴を持つ素材。

冬季でも硬くならず柔らかさをキープするので、冬キャンプを含めシーズンを通して使うことが出来ます。

特徴② お手頃価格

定価はそこそこしますが、実際の販売価格はだいぶお手頃価格。

シングルは2,273円、ダブルは4,767円(2022年12月時点)で、定価の約60〜70%OFF。

EVAフォームマット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥2,309 (2023/02/06 21:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

EVAフォームマット ダブル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥4,764 (2023/02/06 18:50:40時点 Amazon調べ-詳細)
はやお

複数枚が必要になるファミキャンでも揃えやすい価格帯です

特徴③ 耐久性(パンク・水・汚れに強い)

エアベッドやインフレータブルマットと違って、パンクの心配無用なのがウレタンマットの良いところ。

更にEVA樹脂は水を弾き、汚れもつきにくい素材なので、手入れもしやすく、長く使い続けることができます。

はやお

万が一、子供がおねしょをしたときもウレタンマットなら対処もしやすいです

特徴④ 設営撤収が超簡単

エアベッドやインフレータブルマットと比べて、圧倒的に設営撤収が楽。

空気を入れたり抜いたり丸めたり、面倒な作業はなく、サッと広げるか、折り目に逆らわず畳むだけ。

はやお

特に夏場のテント内はサウナ状態で、設営撤収作業もひと苦労ですが、ウレタンマットなら楽々です

特徴⑤ 使い勝手が良い

意外とキャンプ以外でも活用シーンが多く、使い勝手が良いのが嬉しいところ。

活用シーン
  • ちょっとした椅子代わり、テーブル代わり
  • ベッド周りのクッション(子供の転落対策)
  • 風邪やコロナ時の別部屋ベッド
  • ストレッチ、ヨガマット的な使い方

2つの注意点

注意点① コンパクトにならない

ウレタンマット共通ですが、圧縮してコンパクトに出来ないのが注意点。

車の積み込みスペースに余裕がないと、苦労するかもしれません。

EVAフォームマット ダブル

ただインフレータブルマットと比較してみると、収納サイズはそこまで変わらない。

はやお

よりコンパクトにしたい場合は、エアマットやコットが選択肢になるかと思います

注意点② 変形する

EVA樹脂は高温や熱の影響を受けやすい素材。

夏場、長期に渡って車中に放置し続けると変形してしまうかもしれません。

はやお

使っていれば自然と治ってるので、個人的にはそこまで気にしていません

最後に

使い始めて4年くらい経ちますが、へたることなく、今でもキャンプなどあらゆる場面で活躍中。

正直、寝心地はそこそこで、好みが分かれると思いますが、使い勝手が良く、非常にコスパの良いマットだと思います。

幅広い用途があるので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

以上、キャプテンスタッグ「EVAフォームマット」について、使って感じた5つの特徴と注意点の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です