【炭マナー】キャプテンスタッグの火消し壺&火起こし器!6つの特徴と注意点

はやお

「火消し壺」って必要なの?

最初は分からなかった「火消し壺」の重要性。

そんな「火消し壺」も、今では我が家の必須アイテムで、使い始めて4年くらいになります。

今回は「キャプテンスタッグの火消し壺&火起こし器」について、使って感じた6つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

大型火消しつぼ 火起し器セット

我が家で使っている「大型火消しつぼ 火起し器セット」と「アルスター火消しつぼ<L>」のまとめです。

両製品の違いは、「火起し器の有無」と「希望小売価格」。

大型火消しつぼ
火起し器セット
アルスター火消しつぼ<L>
型番M-6625UG-3251
火消しつぼ
サイズ
材質
215×200×高さ290mm
(本体:外径210×高さ225mm)
本体・ふた:アルスター鋼板
スタンド・ハンドル・つまみ:鉄(クロムめっき)
215×200×高さ290mm
(本体:外径210×高さ225mm)
本体・ふた:アルスター鋼板
スタンド・ハンドル・つまみ:鉄(クロムめっき)
火起し器
サイズ
材質
外径180×高さ200mm
亜鉛めっき鋼板
なし
メーカーCAPTAIN STAGCAPTAIN STAG
希望小売価格8,800円6,600円
はやお

両製品の「火消しつぼ」は同じものです。

希望小売価格と実際の販売価格

両製品の希望小売価格の差額は2,200円。

ただ実際の販売価格では、それほど違いはありません。

大型火消しつぼ 火起し器セット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,300 (2021/06/24 02:15:02時点 Amazon調べ-詳細)

アルスター火消しつぼ<L>

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,480 (2021/06/24 02:15:03時点 Amazon調べ-詳細)
はやお

どちらかを買うなら「火起こし器セット」がおすすめ。なぜか「火起こし器セット」の方が安いタイミングもあります。

6つの特徴

特徴① 炭の後始末に困らない

火消し壺があれば、後始末は「火消し壺」に炭を入れるだけ。

就寝時間になっても火が残っていたり、捨てる場所がない場合に役立ちます。

はやお

火の付いている炭に水をかける、地面に埋めるといった後始末はNGです。

特徴② 炭代を節約できる

火消し壺があれば、残った炭を捨てずに「再利用」が可能。

無駄なく炭代を節約することができます。

はやお

まだ炭の火力はあるけど、もう焼くものがない…というのは、よくあるパターン。

特徴③ 美味しく焼ける

炭が残ってしまっても再利用が出来るので、BBQ後半でも「躊躇なく炭の追加」が可能。

しっかりとした火力で、最後まで炭焼き調理を楽しめます。

無駄なく使えるので、ちょっと良い炭を使ってみるのもオススメです。

良質な炭を使うことで、さらに美味しいご飯にもありつけます。

はやお

安価な炭は爆ぜることも多いので、安全面からも良質な炭がおすすめ。

特徴④ 火起こしが簡単

再利用する炭は、比較的火付きが良く、火起こしが簡単。

火起こし器も付属しているので、取り出して、そのままセットするだけ。

はやお

火を付けて、適当に放っておけば、火起こしが完了します。

火起こし器は、火消し壺内に収納出来るタイプ。

別々に持っていくのは面倒ですが、一体型なので持ち運びもしやすく、便利です。

特徴⑤ 炭の持ち運びケースになる

少量であれば、炭の持ち運びケースにもなります。

ダンボールや紙袋のまま持っていくと、ボロボロになりがち。

持ち運びケースがあると便利です。

特徴⑥ 五徳付き

火消し壺を置く台として、五徳があると便利。

炭を入れた火消し壺は熱くなるので、地面に直置きすると、芝生が焦げてしまうこともあります。

はやお

五徳があると、置き場所に困りません。

2つの注意点

注意点① ヤケドに注意

火のついた炭を移した直後は、火消し壺がかなりの高温状態になります。

触るとヤケドをしてしまうので、触らないように子供たちには特に注意。

はやお

外観から熱いことが分かりづらいので、大人でもうっかり触ってしまうことがあります…

注意点② 買い間違えに注意

冒頭の「基本情報」の箇所でも書きましたが、「火起し器の有無」だけが異なる2つの商品。

  • 大型火消しつぼ火起し器セット
  • アルスター火消しつぼ<L>

はやお

似ているので、購入間違いには注意です。

繰り返しになりますが、おすすめは「大型火消しつぼ火起し器セット」。

販売価格も大きく変わらないので、火起し器が付いている方が良いと思います。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,300 (2021/06/24 02:15:02時点 Amazon調べ-詳細)

実際に、我が家は「アルスター火消しつぼ<L>」を誤って購入し、その後「大型火消しつぼ火起し器セット」を買いました。

2台あっても結果的には便利なのですが、特に1台目は「火起こし器セット」が良いと思います。

最後に

当初は必要性が分からなかった「火消し壺」。

使ってみるとメリットも多く、便利なキャンプ道具で、もはや必需品。

購入するのであれば、「火起こし器」がセットになっているものが断然オススメです。

以上、「キャプテンスタッグの火消し壺&火起こし器」について、使って感じたの6つの特徴と注意点の紹介でした。