キャンプで快適な寝心地を求めて 〜我が家のベッド関連グッズ選び〜

子供の頃にテント泊で寝苦しかった思い出があって、キャンプを始めるときに重要視していたテント内での寝心地。

親の寝心地もそうですが、子供達がうまく寝られずにキャンプ嫌いになってしまわないように、当初は何を買ったら良いのか、情報収集する毎日でした。

ただ悩んだかいもあって、結果的には子供も含めて家族全員が朝まで熟睡状態。

キャンプを始めてから40泊くらいしましたが、使い続けている我が家のベッド関連グッズ(ベッド、シート、寝袋など)を紹介したいと思います。

快適な寝心地を求めて

ベッド

検討したのはエアベッド、インフレターマット、ウレタンマット、コットの4種類。

当初はエアベッドが有力でしたが…

子供達が飛び跳ねて遊んで壊れそうだし、寝相が悪い子供達が動く度にベッドが揺れそうだし、柔らかいマットも苦手なので今回は見送ることに。

ウレタンマットだけでは寝心地がいまいち、コットは家族で寝るには適さないし…(個人的な見解です…)

というわけで1番寝心地が良さそうなインフレターマットに決定!

選んだ商品はFIELDOORのマット。

Lサイズ(幅120㎝)を2個並べて、シーツをかけて使用しています。

厚みは5㎝と10㎝の2種類ありますが、大抵のインフレーターマットは膨らませても表記の厚みにはならないので、しっかり厚みのある10㎝を選択。

地面を感じることもなく、家のベッドと変わらない安定した寝心地なので、このマットは我が家のお気に入り。もし壊れてしまったら、たぶん買い直す。

ただ40泊ほど利用しても、へたることもなく耐久性も問題なさそうです。

インナーマット

インフレーターマットの下にはオールウェザーブランケット。

NASA開発の商品ということなので、おそらく高品質。夏は地面からの熱、冬は冷気をしっかりシャットアウトしてくれています。

グランドシート

テント下(地面とテントの間)には高品質、高コスパのユタカシート 。

♯3000の厚みがあるので、テント底をしっかりカバーしてくれるし、地面のゴツゴツ感も軽減してくれる。

枕はクッションカバーに衣類を詰めたクッション。

寝袋

寝袋はマミー型の身動き取れない感じが嫌いなので我が家は封筒型。

チャックを開けば掛け布団になって、オールシーズン使用できるのも封筒型のシュラフのいいところ。

湯たんぽ

冬場は寝袋の足元に湯たんぽを入れておけば、朝までポカポカ。

我が家はマルカのAエース 2.5L。

購入の際には、2.5Lと3.5Lのどちらの容量にするか迷いましたが、背もたれに置いたり、水汲みに行くのにも大きすぎず、重たすぎずいい感じ。

扇風機(サーキュレーター )

逆に夏キャンプなら扇風機は必須。

これがないと暑苦しくて眠れない…

以上、使い続けている我が家のベッド関連グッズの紹介でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ