お買い得情報/

【数量限定】焚火台マクライト(23%OFF・1周年キャンペーン

【9/30まで】Jackery ポタ電1500(20%OFF・特別セール

【9/30チェックインまで】BUBリゾート グランピング(最大5,000円OFF・千葉とく旅キャンペーン)※レビュー記事はこちら

【たねほおずき似】オーライト「Obulb Pro」〜使って感じた7つの特徴と注意点〜

はやお

スノーピークのたねほおずきサイズのLEDランタン

オーライトってあまり聞かないブランドだけど、どうなんだろう…

今回、初めて使うオーライトの製品でしたが、「Obulb Pro」の製品力に大満足。

アウトドアでの使用を想定した機能やスペックは、本当に使い勝手が良い。

子供たちからの評判もよく、我が家のキャンプに必須アイテムとなりました。

今回は、オーライト「Obulb Pro」について、使って感じた7つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

※メーカー様より商品提供頂いています

基本情報・Obulb Pro(オバブ プロ)

「Obulb Pro」と「Obulb MC」

従来の「Obulb MC」に比べて、明るく・長く使用できるランタンにパワーアップ。

更にスマホ操作が可能になり、利便性が向上。

商品名Obulb ProObulb MC
最大出力240ルーメン75ルーメン
バッテリー1650mAh
3.7V(内蔵)
630mAh
3.7V(内蔵)
最大連続
利用時間
84時間40時間
フル充電時間3時間1.5時間
充電方法MCC1A
充電ケーブル
MCC1A
充電ケーブル
ライトカラー
バリエーション
256色7色
重量105 g58g
サイズ65×58 mm54×48 mm
商品素材PC、TPEPC・TPE
防水規格IPX7IPX7
耐衝撃1.5m1.5m
製品保証2年2年
スマホ連携ありなし
価格6,395円
(充電ケーブル付き)
3,395円
(充電ケーブル付き)
OLIGHT(オーライト)
¥6,395 (2022/09/29 17:16:19時点 Amazon調べ-詳細)
OLIGHT(オーライト)
¥3,395 (2022/09/29 17:16:20時点 Amazon調べ-詳細)

「Obulb Pro」と「たねほおずき」

スノーピークの「たねほおずき」との比較。

商品名OLIGHT
Obulb Pro
snowpeak
たねほおずき
最大出力240ルーメン60ルーメン
バッテリー1650mAh
3.7V(内蔵)
単4電池×3本
最大連続
利用時間
84時間Hi-60時間
Low-100時間
フル充電時間3時間
充電方法MCC1A
充電ケーブル
ライトカラー
バリエーション
RGB256色
※無段階調光可
通常点灯モード
おやすみモード
ゆらぎモード
※無段階調光可
重量105 g57g
※電池を除く
サイズ65×58 mm62×75 mm
防水規格IPX7IPX4
耐衝撃1.5m記載なし
製品保証2年記載なし
スマホ連携ありなし
価格6,395円
(充電ケーブル付き)
5,280円

7つの特徴

特徴① 可愛いデザイン&頑丈な造り

可愛らしい大きさで、小さな子供の手の平に収まるサイズ感。

テニスボールより、やや小さめのサイズ感

実際に手に取ってみると、品質の良さを感じる程よい重量感と見た目。

使ってみるまでは、少々心配だった耐久性・耐衝撃も問題なし。

子供たちが乱暴に扱ったり、硬い地面に落としていますが、割れたり、傷がついたり、本体の青色が剥がれることも今のところ無し。

出典:Olight
はやお

2年のメーカー保証も付いています

特徴② 容易な操作方法

説明書を読まなくても分かる簡単な操作方法。

操作箇所は1つ、底の部分をクリックしていくだけ。

はやお

癖になるような心地よいクリック感です

押していくと、次のように灯りが変化。

5回〜7回は動きのある灯りで、8回で消灯。

特徴③ スマホ操作で快適・遊べる

専用のアプリを入れることで、スマホで操作が可能。

電源のON/OFF、明るさや色の調節、電池残量の確認などができる。

実際のアプリ画面

右下の「もっと」を進んでいくと、こちらの画面で好みの色を選ぶことができる。

スマホ操作が特に役立つのは、就寝時。

寝袋から出ることなく、寝転がりながらスマホで、明るさを調整できるのはやっぱり便利。

はやお

なんかちょっと明るいな、暗いな…というときの調節も簡単

外出先からキャンプ場に帰ってくる際もスマホでスイッチON。

明かりがあることで、車の駐車もしやすく、暗闇でライトをつける作業が省ける。

子供たちに内緒にしておけば、手元のスマホ操作で驚かして大盛り上がり。

はやお

子供たちにトリックがバレたら、スマホを占拠されるので要注意

特徴④ 無段階調光で使い方色々

4.5ルーメン〜240ルーメンの間で、使用シーンに合わせて無段階に調光できる。

テーブルに置くときは眩しくない程度にして、柔らかい明かりを楽しむ。

虫が寄ってきにくいアンバー色にするのもあり。

一方で、最大の240ルーメンで上に吊るせば、タープ下全体を照らしてくれる。

特徴⑤ 底面マグネット・フックが便利

底面にマグネットが入っているので、色んなところに設置可能。

シェルコンの中に設置してみたり、

マグネットで、タープを挟んでの設置も可能。

底面に別売のマグネットフックを付ければ、あらゆる場所に引っ掛けられる。

暗い中、トイレに行く際にも指に引っ掛けて、持ち運びがしやすい。

はやお

強力なマグネットなので、設置した際の安定感もバッチリ

特徴⑥ 優れた防水性能

Obulb Proの防水性能は「IPX7」。

IPX0水の浸入に対して特には保護されていない
IPX1垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない
IPX2垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない 
IPX3垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない 
IPX4いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX7規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない
IPX8水面下での使用が可能。メーカーと機器の使用者間の取り決めによる。

お風呂やシャワーでの使用をメーカーが提案するくらいなので、雨キャンプでも気兼ねなく使える。

はやお

防水性能のしっかりしたランタンは意外と少なく、使い勝手がグッと上がる

防水なので、ペグの引っ掛かり防止に、一晩設置しておいても安心。

湯船に浮かせば、子供たちは確実に大喜び。

適当に入れるだけで、ライトが上になって浮いてくれる。

特徴⑦ 充電タイプ

ランニングコストを考えると、嬉しい充電タイプ。

たった3時間でフル充電ができ、最大連続利用時間は84時間とコスパが良い。

充電は、専用のMCC1A充電ケーブルを使用。

赤く点灯する場合は充電中。

緑色の点灯に変われば、充電完了。

2つの注意点

注意点① スイッチが入りやすい

持ち運び時に意図しないタイミングで、スイッチが入ってしまいやすい。

ロック機能はないので、本体底面に物が当たらないように持ち運びする必要がある。

はやお

知らない間にライトが付いていて、キャンプ場で電池切れ…とならないように注意

注意点② 専用の充電ケーブルが必要

充電には、MCC1A充電ケーブルが必要。

紛失や故障時にはサッと代替できるものがないので、取り扱いには注意。

はやお

ただ「MCC1A充電ケーブル」単体をホームページから追加購入することは可能。

最後に

今回、初めて使うオーライトの製品でしたが、「Obulb Pro」の製品力に大満足。

アウトドアでの使用を想定した機能やスペックは、本当に使い勝手が良い。

子供たちからの評判もよく、我が家のキャンプに必須アイテムとなりました。

以上、オーライト「Obulb Pro」について、使って感じた7つの特徴と注意点の紹介でした。

OLIGHT(オーライト)
¥6,395 (2022/09/29 17:16:19時点 Amazon調べ-詳細)

5人家族(@hayao12345)の全キャンプ道具&商品名はこちら⬇︎

ファミキャンの持ち物リスト〜5人家族の全キャンプ道具&商品名〜