キャンプで検証!イワタニの「デカ暖」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

2年前、冬キャンプ用に購入したカセットガスストーブ「デカ暖」。

当初はどのカセットガスストーブがいいのだろう…とかなり迷いましたが、最終的にはカセットガスを販売するイワタニなら問題ないだろう!と購入しました。

実際に使ってみると期待以上の暖かさや使い勝手の良さがあり、今では我が家のキャンプ必需品となっています。

今回はイワタニの「デカ暖」について、2年使って感じた5つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

商品名デカ暖(型番:CB-STV-DKD)
会社名岩谷産業株式会社
本体サイズ349(幅)×280(奥行)×408(高さ)mm
重量約4.1kg
最大発熱量1.35kW(1,150kcal/h)
イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ デカ暖 CB-CGS-HPR
Iwatani(イワタニ)

5つの特徴

特徴① 想像以上の暖房効果

あまり期待はしていませんでしたが、想像以上の暖房効果。

「デカ暖」のスイッチON/OFFで、テント内での体感温度もだいぶ変わってきます。

暖房効果を検証してみた

実際に冬キャンプのテント内で使用した際の温度変化を見てみたところ、驚きの結果でした。

使用環境

  • 時間帯:22時〜23時30分
  • 外気温:1〜2℃
  • テント:クロンダイクグランデ
  • フジカ(石油ストーブ)とエコファン(サーキュレーター)を起動中

ローベンスのベル型テント「クロンダイクグランデ」 〜2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

納期に注意!16カ月待ちの石油ストーブ「フジカハイペット」 〜冬キャンプで2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

使用開始前:15.9℃

使用開始30分後:19.0℃

使用開始60分後:20.3℃

使用開始90分後:20.8℃

驚きの結果となりましたが、最大で+4.9℃の温度変化がありました。

使う環境によっても暖房効果は変わってくると思いますが、今回はテント内の空気をエコファンで循環させていたことが好影響したのではないかと考察しています。

特徴② 安全装置がしっかりしている

テント内で使うストーブの安全装置機能は重視したいところ。

カセットガス(燃料)を扱っているメーカーが販売している暖房器具ということもあって、そのあたりはしっかりしています。

「デカ暖」には以下の4つの安全装置機能が搭載されています。

4つの安全装置機能

  1. 圧力感知安全装置(カセットボンベの温度が上がり、内部圧力が異常に上昇した場合に、自動的にカセットボンベが外れて火を消します)
  2. 立ち消え安全装置(風などで日が消えたときに自動的にガスを遮断します)
  3. 不完全燃焼防止装置(不完全燃焼をする前にガスを遮断して消火します)
  4. 転倒時消火装置(ストーブが倒れた時に自動的にガスを遮断してストーブを消火します)

特徴③ 使い勝手が良い

気軽に持ち運びが出来て、手軽に使えるのが、カセットガスストーブの良いところ。

冬キャンプに限らず、春秋キャンプでも朝晩の冷え込む際に重宝しています。

テント内で利用する際にも、状況に応じて設置場所の移動がしやすく、テント外でも寒さを感じた時にサッとスイッチを入れて暖をとることが出来ます。

特徴④ 燃料調達が容易

デカ暖で使用する燃料はカセットガスボンベ(CB缶)。

コンビニ、スーパー、ホームセンター、100円ショップなど様々な場所で売っているので、キャンプ直前の準備も楽チンです。

取り扱い説明書を見てみると、自社(イワタニ)のカセットガスの使用が推奨されています。

我が家ではツーバーナーやトーチバーナー等、他にもカセットガスを使用しているので、まとめて準備が出来るメリットも感じています。

災害時に備えとして、一定量を家に備蓄しておくのも良いかもしれません。

CB缶横刺しのSOTOツーバーナー「レギュレーター2バーナーGRID」〜1年使用して感じた5つの特徴と注意点〜

特徴⑤ 落ち着いたデザイン

これは好みの問題ですが、メーカーロゴも主張しすぎず、落ち着いたデザインで使いやすさを感じています。

Iwataniのロゴ部分にステッカーを貼って、アレンジを楽しんでみるのも良さそうです。

我が家が持っているブラックだけではなく、ホワイトの販売もあるので、所有しているキャンプ道具の雰囲気などと合わせて選ぶことが出来ます。

3つの注意点

注意点① 燃焼時間

使用状況によっても変わってきますが、おおよそ1本のガス缶の燃焼時間は2時間半〜3時間。

ガス缶の交換は簡単なので日中は問題ないのですが、夜寝ているときの交換はやや面倒です。

ただ「でか暖」が切れてしまうと寒さを感じるので、毎晩2回程度の交換をしています。

注意点② 燃料代

燃焼時間を考えると1晩で約3本のガス缶が必要です。

我が家ではコストコでガス缶を買うことが多いのですが、それでも1本154円するので3本だと462円。

連泊になると更に必要本数が増えるので、出来るだけ安く仕入れてコストを抑えたいところです。

注意点③ 一酸化炭素

そもそもテント内で使用するは推奨されないのかもしませんが、使うのなら一酸化炭素中毒には注意が必要。

デカ暖にも「換気をしないと死亡事故に至る恐れがあります」と記載されたシールが貼られています。

我が家では比較的安価なものですが、2種類の一酸化炭素警報器を使用しています。

最後に

正直、そこまで期待していなかった暖房効果でしたが、本当に想像以上の暖かさと使い勝手の良さを感じています。

当初は冬キャンプでの使用を目的として購入しましたが、肌寒い春秋キャンプでも役立っていて、今では我が家のキャンプ必需品となっています。

子供が寒さを訴えたときにもサッと出してあげることが出来て、要らなくなった時にもすぐに移動出来るので、ファミリーキャンプにもおすすめ出来ると思います。

以上、イワタニの「デカ暖」について、2年使って感じた5つの特徴と注意点の紹介でした。