【千葉】家族風呂が嬉しい「有野実苑オートキャンプ場」〜4泊5日で使った設備と周辺スポット〜

第3子が産まれて、初めてのお泊まりキャンプ。

家族風呂が利用できるキャンプ場を探していると、「有野実苑オートキャンプ場」が高規格そうでいい感じ。

ホームページで予約状況を確認してみると、空きがあったので、電話予約をして行ってきました。

今回は「有野実苑オートキャンプ場」について、4泊5日で使った設備と周辺スポットを紹介したいと思います。

基本情報

施設:有野実苑オートキャンプ場

住所:千葉県山武市板中新田224

予約方法:電話のみ(空き状況はネットで確認可)

有野実苑オートキャンプ場へ

石毛魚類

当日はチェックイン開始の12時を目指して出発。

事前に食材を買っていなかったので、キャンプ場に向かう途中にあった「石毛魚類」で魚介類を購入。

お店オープンの10時過ぎに到着しましたが、既に大勢のお客さんでお店はいっぱい。

お店の方が次々に新しいお魚を持ってこられ、安くて新鮮な魚が揃う活気のあるお店でした。

お店の前に路駐されている方が多くいらっしゃいましたが、お店裏方面には専用駐車場があります。

日頃から路駐が多いことから、定期的に警察の方も見回りに来られているそうで、当日も警察の方がお店前まで来て、お話されていました。

肉の地挽

魚介類の買い物が終わったら、隣のお肉屋さん「肉の地挽」でチャーシューの塊肉を購入。

今回は立ち寄りませんでしたが、お肉屋さんの隣には、八百屋さんとスーパー(Big-A)もあり、このエリアにくれば食材の買い出しに困ることはなさそうです。

リヨンSUDA CORE

その後、近くのパン屋さん「リヨンSUDA CORE」に立ち寄ってパンを購入。

買ったパンを車で食べながらキャンプ場へ向かいます。

たまごや とよまる松尾店

最後にキャンプ場から10分くらいの場所にある「たまごや とよまる松尾店」で卵を買ってキャンプ場へ。

チェックイン

キャンプ場には予定通りチェックイン開始の12時過ぎに到着。

場内の簡単な説明を受け、4泊代金を支払ってチェックイン。

3〜4泊目の料金には若干の連泊割引がありました。

受付

受付のあるセンターハウス内では、以下の販売がありました。

センターハウスの販売品

  • キャンプ備品、燃料系や日用品
  • 食べ物、飲み物(お米、野菜、コーヒー、お菓子、手焼きせんべいセット、限定販売のアウトドアスパイスちこりこ、とよまるのたまご等)
  • 冷凍(氷、ゆで落花生、ゆず胡椒等)
  • 遊び道具(シャボン玉やフリスビー等)
  • キャンプ場オリジナルグッズ(OD缶カバー、ミサンガ、ネックレス等)

氷は飲み物にも使えるようですが、市販のものではなく、ジップロックに入っているタイプなので、気になる人もいるかもしれません。

指定サイトへ移動

チェックイン手続きが終わったら指定されたサイトへ車で移動。

ちなみに19時〜7時の車の出入りは禁止。

この時間帯に車を利用したい場合には、外のキャンプ場駐車スペースに車を停めておく必要があります。

場内マップ

場内は道路を挟んで左側、右側エリアと分かれています。

左側にはセンターハウスやDサイト、Fサイト、収穫体験が出来る農場など。

右側にはお風呂やドッグラン、ゴミ捨て場、Aサイト、Bサイト、Cサイト、ソロサイトなど。

サイトの広さ

サイトによってサイズはまちまちですが、全体的に広いのはDサイト。

電話予約時に広めのサイト希望を伝えていましたが、今回は残念ながらCサイトでした。

狭くてテントが入らなかったらどうしよう…と不安になりながらサイトに向かってみると、思っていたより狭いサイトではなくてひと安心。

13時からの家族風呂抽選会の参加を忘れないようにアラームを設定して、テント設営をスタート。

家族風呂の抽選会

チェックイン後、テントの設営真っ最中の時間帯なので要注意です。

抽選会に参加し忘れてしまうと、家族風呂の利用が出来なくなってしまいます。

抽選会では番号札が配られ、番号が呼ばれた人から14枠か16枠の中から希望の家族風呂、時間帯を選んでいく流れ。

滞在中、この抽選会には連日参加しましたが、和(なごみ)の方から予約が埋まっていく傾向にあり、人気があるようでした。

どちらも40分の利用時間で、料金は2,200円(1〜2名)、2,800円(3〜5名)でした。

テント設営

無事、初日の抽選会で家族風呂が確約されたので、サイトに戻ってテント設営の再開。

今回はクロンダイクグランデを設営しましたが、なんとかサイト内に収まりひと安心。

ローベンスのベル型テント「クロンダイクグランデ」 〜2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

おやつタイム

設営終わったら、「たまごや とよまる松尾店」で買ったプリンを食べながらひと休憩。

今までプリン嫌いだった子供達にも好評でした。

食べ終わったらキャンプ場内をお散歩してみることに。

場内設備

場内設備はざっくりこんな感じです。

トイレ・炊事場・サニタリー

  • トイレは、洋式トイレで虫も匂いもなく清潔感あり。
  • 炊事場は、屋根付きで冬場には嬉しい温水も出るタイプ。合成洗剤の使用は禁止されていて、洗剤が備え付け。
  • サニタリー・ランドリーにはドライヤーが設置。洗濯機は250円、乾燥器は350円で利用可能。

ゴミステーション

ゴミ捨て時間は10時〜11時、16時〜16時30分と決まっているので、出し忘れのないように注意が必要です。

時間外は網のシャッターが降りていて、ゴミ捨てが出来ないようになっています。

例えば10時前にチェックアウトする場合には、ゴミを持ち帰ることになりそうです。

薪の販売

薪は1カゴ1,000円で販売。

以前に比べて値上がりしているようですが、2束分くらいの量があるので割高感はありませんでした。

焚き木無料コーナー(10月〜6月)もありましたが、ほとんど利用できるものはありませんでした。

遊びスペース

場内には様々な遊びスポットがありました。

広々としたクラフト広場やバスケットゴールのあるエリア、ブランコやスラックライン、ドッグラン、夏季に利用できるプールなどがありました。

家族風呂

遊具で遊んでいると、あっという間に真っ暗になり、予約していたお風呂の時間。

初日は「楽(らく)」を利用しました。

「楽(らく)」のお風呂内には井戸ポンプがあり、昭和レトロな雰囲気。

井戸ポンプ加えて、定番のアヒルのオモチャも用意されていて、子供も大喜びでした。

後日、「和(なごみ)」も利用しましたが、いくら換気をしても湯けむりで前が見えない状態。

こちらにも同じようにアヒルのおもちゃがありました。

どちらも大差はないのですが、5人家族の我が家にとっては前室も浴室も少し広さがある「楽(らく)」の方が好みでした。

どちらもシャワーの水圧が弱かったのですが、シャワーの出具合は「和(なごみ)」の方が少しだけ良かったような気がします。

夜ごはん

お風呂を上がったら、「石毛魚類」で購入していたお刺身で夜ごはん。

食後は先日購入して楽しみにしていたマイナーズランプに火を灯して、ゆっくり夜を過ごしました。

ジェイディーバーフォード(JD Burford)
¥19,690 (2021/09/19 00:40:59時点 Amazon調べ-詳細)

2日目

2日目は朝からチャーシューご飯。

「とよまる」で買った卵も美味しくて、滞在中に再度購入しに行きました。

道の駅オライはすぬま

朝ごはんが終わったら、海水ネギを求めて「道の駅オライはすぬま」へ。

海水ネギというのは、名前の通り海水をかけて育てたネギで、通常のネギより太く甘みがあるのが特徴。

無事、お目当ての海水ネギと密かに狙っていた「橋村商店の国産豚生もつ」をGET出来ました。

石崎ぎょうざ店

続いて昼ごはん用にテイクアウトで「石崎ぎょうざ店」へ。

こちらはテイクアウト専門のお店で、生餃子もありましたが、今回は焼き餃子を注文。

事前に電話を入れて伺うと、ちょうど到着のタイミングで焼き上げてくれていました。

ニンニクの効いた野菜たっぷり餃子で個人的にはかなり好み。

先日、アウトドアショップのオレンジで購入した「LOVEPAKU」とも相性抜群でした。

LOVEPAKU(ラブパクチーソース)
¥1,900 (2021/09/19 00:41:00時点 Amazon調べ-詳細)

デザート&夜ごはん

食後はキャンプ場内で遊びつつ、キャンプ場に来ていたクレープ屋さんでデザート。

そして夕飯はイカを焼いたり、余り物でアヒージョ、焚き火で焼き芋、子供が寝静まってからの大人のデザートタイムと食べまくりの1日でした。

空の駅さくら館

3日目は飛行機の音を聞いて、飛行機を見に行きたい!という子供からの要望があったので、「空の駅さくら館」へ。

途中にあるコインランドリーで、溜まっていた洗濯物を洗濯乾燥機にかけて目的地へ。

到着すると結構な頻度で飛び立つに飛行機に子供達は夢中。

飛行機の大きさ、迫力も感じられたようで子供達も喜んでいました。

キッチンカー

たくさんの飛行機を見たら、コインランドリーにある洗濯物を取り出して、キャンプ場へ帰宅。

沢山のキッチンカーがキャンプ場に来ていたので、それぞれ好みの物を購入して昼ごはんにしました。

ハンバーガーは販売開始後に即完売していたので、早めに購入したほうが良さそうです。

収穫体験

昼ごはんが終わったら、収穫体験。

記載されている時間の5分前に受付に行けば、すぐに収穫体験をさせてもらえます。

子供達も収穫体験が出来るということで、ルンルンで後ろを付いていっていました。

立派なニンジンとネギを子供たちが収穫。

収穫したニンジンは子供達に皮剥きと切る作業を手伝ってもらい、もつ煮込みの中へ投入。

自分たちで収穫、調理したこともあって、その後モリモリ食べてくれました。

日の出

4日目は日の出を見るために外が暗い中、6時過ぎにキャンプ場を出発。

雲がかかっていましたが、天候にも恵まれて日の出を見ることが出来ました。

ばんや

その後、近くの「ばんや」で朝昼ごはん。

色んなものを注文しましたが、名物の天丼は物凄いボリューム。

九十九里名物の脂の乗ったいわしの握りも絶品でした。

ごはんを食べたらキャンプ場に戻って、お昼寝。

その後もダラダラ過ごして、夜には焚き火をして、お酒を飲んで、そんな感じで1日終わり。

【BBQ・焚き火台】ファイアグリル〜4年使って感じた6つの特徴と注意点〜

最終日

最終日の朝はカップ麺を食べて、11時のチェックアウトに向けて片付け開始。

最終日も天候に恵まれ、テントも乾燥撤収でチェックアウト。

その後は、我が家のお気に入りフライングガーデンでお昼ごはんを食べてお家に帰宅。

それにしてもフライングガーデンのハンバーグは美味しいです。

最後に

小さな子供がいる家族には嬉しい家族風呂のあるキャンプ場。

利用するには抽選会に参加して、当選しないといけないですが、利用出来れば言うことなしです。

高規格キャンプ場なので連泊も快適で、場内の遊びスペースも充実しているので、ゆっくり過ごすことが出来ました。

以上、「有野実苑オートキャンプ場」について、4泊5日で使った設備と周辺スポットの紹介でした。