【2023年】対流式・石油ストーブの選び方!キャンプにおすすめ14製品を比較

はやお

石油ストーブで寒い時期もキャンプを楽しみたい!

どの石油ストーブがいいんだろう…

シーズンを通してキャンプを楽しむためには、必須とも言える石油ストーブ。

自分のキャンプスタイルに合ったものを用意して、肌寒い春秋キャンプ、冷え込む冬キャンプも存分に楽しみたいところ。

今回は、冬キャンプの定番である対流式・石油ストーブの選び方(キャンプにおすすめ14製品を比較)を紹介したいと思います。

石油ストーブの選び方

石油ストーブ選びのポイント

石油ストーブ選びのポイントは以下の通り。

point

暖房出力

point

本体サイズ

point

デザイン

point

安全性能

point

点火方法・連続燃焼時間

はやお

上記の項目を確認していけば、自分に合った石油ストーブが見つかりやすいと思います

ポイント① 暖房出力

石油ストーブの暖房性能を決めるのが、暖房出力の数値。

暖房出力が大きいほど暖房性能も上がっていきますが、同時に本体サイズも大きくなり、価格も上がっていく傾向。

サイズや価格を気にする必要がなければ、高出力に越したことはありませんが、テントのサイズやキャンプに行くエリア、シーズンなどを考慮して選んでいくと良いと思います。

はやお

2ルームテントなどの大型テントや本格的な冬キャンプを楽しむなら高出力タイプがお勧めです

テント内を効率よく暖めるには、空気を循環させるサーキュレーターも必須アイテム。

石油ストーブとセットで用意しておくのがお勧めです。

プリズム(Prism)
¥6,950 (2023/02/06 18:41:20時点 Amazon調べ-詳細)

電池不要でストーブ上に乗せるだけで羽が回るエコファンもとても便利。

ポイント② 本体サイズ

暖房出力と共に、必ずチェックしておきたいのが、石油ストーブの本体サイズ。

冬キャンプは衣類や寝袋など、荷物が増えるので、車に積載できるかどうかを確認しておく必要があります。

ポイント③ デザイン

対流式の石油ストーブはおしゃれなものが多いですが、各メーカーによってデザインは様々。

形状やカラーなどの外観だけではなく、炎の見え方にも違いがあるので、要チェックです。

はやお

冬場のおこもりキャンプでは、石油ストーブの炎に癒されます

ポイント④ 安全性能

強い衝撃や転倒時に、自動で消火する耐震自動消火装置は必須。

現在、ほとんどのストーブに付いている機能ですが、購入前には必ずチェック。

はやお

石油ストーブを使う際には、一酸化炭素警報器も必須です

ポイント⑤ 点火方法・連続燃焼時間

点火方法は電子、ガスマッチの2タイプ。

電子タイプは乾電池が必要になりますが、点火作業はスイッチを押すだけなので楽。

連続燃焼時間が長いと得られるメリットは以下のとおり。

メリット
  • キャンプ場に灯油タンクを持って行かずに済む(灯油を満タンに入れて持っていく
    • 持ち運び時の灯油漏れ、キャンプ場での燃料切れには注意が必要です
  • 寝ている間に燃料切れせず、夜中に燃料補充・点火作業の必要がない
    • 一酸化炭素中毒の恐れがあるので、就寝時の石油ストーブ利用は推奨されるものではありません

人気の石油ストーブ比較表

暖房出力:〜2.5kW

メーカー
製品名
スノーピーク
タクード
フジカ
フジカハイペット
トヨトミ
レインボー
トヨトミ
レインボー
トヨトミ
レインボー
外観
型番KH-002BKKSP-229-21C-J2RB-25M
RB-251
RR-GE25RL-25M
RL-250
RL-SE2522
RL-F2500
暖房出力2.15kW2.50kW2.50kW2.50kW2.50kW
タンク
容量
3.1L4.1L4.9L4.9L4.9L
連続燃焼
時間
15h10h20h20h20h
サイズ

奥行
高さ
380mm
380mm
340mm
310mm
310mm
432mm
388mm
388mm
474mm
388mm
388mm
480mm
388mm
388mm
485mm
重量6kg5.5kg6.2kg6.2kg6.2kg
点火方法マッチマッチ電子
マッチ
電子
マッチ
電子
マッチ
耐震自動
消火装置
製造国日本日本日本日本日本
カラーブラックブラック
ホワイト
ホワイト
ピンク
ベージュ
オリーブ
ブラック
グレー
ホワイト
グリーン
レッド
参考価格43,780円27,500円

61,050円
30,340円

34,870円
29,920円34,800円

40,700円
はやお

コンパクトサイズならフジカハイペット、燃焼時間や点火方法に優れるのはトヨトミの石油ストーブです

暖房出力:2.5kW〜3.0kW

メーカー
製品名
スノーピーク
グローストーブ
アラジン
ブルーフレーム
アルパカ
アルパカプラス
パセコ
石油ストーブ
外観
型番KH-100BKBF3911
BF3912
TS-77NCWKH-3100S
暖房出力2.54kW2.68kW3.0kW3.0kW
タンク
容量
4.9L4.1L3.7L5.3L
連続燃焼
時間
20h15h10h18h
サイズ

奥行
高さ
388mm
388mm
474mm
388mm
405mm
551mm
350mm
350mm
420mm
325mm
325mm
441mm
重量5.9kg8.5kg6.6kg5.2kg
点火方法電子
マッチ
マッチマッチマッチ
耐震自動
消火装置
製造国日本日本韓国韓国
カラーブラックブラック
グリーン
ホワイト
ブラック
グリーン
レッド
ブラック
ホワイト
グレー
タン
ベージュ
参考価格54,780円54,780円

65,780円
23,980円18,999円
はやお

コンパクトかつ高出力ならアルパカ・パセコ、日本メーカーならスノーピークかアラジンです

暖房出力:4.5kW〜

メーカートヨトミ
ダブルクリーン
コロナ
SLシリーズ
パセコ
石油ストーブ
コロナ
SLシリーズ
トヨトミ
ラウンドストーブ
外観
型番KR-47ASL-5122CAMP-25SL-6622KS-GE67
KS-67H
暖房出力4.7kW5.14kW6.4kW6.59kW6.66kW
タンク
容量
7.0L6.0L7L7L6.3ℓ
連続燃焼
時間
15h12h10h11h10h
サイズ


高さ
474mm
474mm
560mm
460mm
460mm
553mm
445mm
445mm
570mm※五徳なし
440mm※収納時高
460mm
460mm
598mm
482mm
482mm
583mm
重量12kg9.9kg11.5kg11.2kg11kg
点火方法電子
マッチ
電子
マッチ
電子
マッチ
電子
マッチ
電子
マッチ
耐震自動
消火装置
製造国日本日本韓国日本日本
カラーブラック
ベージュ
ホワイトアーミーグリーン
ブラック
ホワイトブラック
ホワイト
グレー
ベージュ
オリーブ
参考価格40,700円33,880円39,600円34,980円31,640円

38,500円
はやお

コンパクトならパセコ一択、最近はトヨトミのラウンドストーブ(ギアミッションシリーズ)も人気があります

各ブランド・製品の特徴

Snow Peak(スノーピーク)

信頼のおける国内メーカー「Snow Peak(スノーピーク)」。

価格は高い傾向にありますが、全国に実店舗があるので、故障や何かあった時にも相談しやすい。

スノーピークの石油ストーブは下記の2種類。

TOYOTOMI(トヨトミ)

数多くの石油ストーブを取り扱う国内メーカー「TOYOTOMI(トヨトミ)」。

暖房性能だけでなく、見て楽しむことができるレインボーストーブは、トヨトミの人気シリーズ。

ガラスに特殊加工が施されており、虹色の炎を楽しむことができます。

出典:楽天市場

レインボーストーブとは異なり、男前なデザインで登場したギアミッションシリーズも大人気。

冬期は入手が難しくなりますが、高出力タイプは冷え込む冬キャンプでも安心です。

出典:Amazon
¥79,800 (2023/02/06 19:22:08時点 楽天市場調べ-詳細)

Aladdin(アラジン)

暖房器具や調理器具をメインに取り扱う「Aladdin(アラジン)」。

石油ストーブに関しては、「ブルーフレームヒーター」の1種類のみ。

出典:楽天市場

アラジンならでは本体カラーや窓から見える青色の炎が特徴。

あらゆるシーンに相性の良いおしゃれな石油ストーブです。

出典:楽天市場
アラジン ブルーフレームヒーター

FUJIKA(フジカ)

創業75年の老舗国内メーカー「FUJIKA(フジカ)」。

コンパクトで暖房性能に優れており、転倒しても灯油が漏れないタンクは特許を取得。

我が家も灯油漏れを経験したことは一度もなく、すっかり信頼しきっています。

ただ注文後、商品が届くまで数年待ちという状況。

余裕を持って注文する必要があります。

CORONA(コロナ)

1955年から石油ストーブを販売する日本の老舗メーカー「CORONA(コロナ)」。

数少ない高出力タイプの石油ストーブを扱っており、冷え込む冬キャンプでも活躍間違いなし。

出典:楽天市場

冬キャンプシーズン中でも比較的入手しやすいのも良いところ。

【SL-6622-W】コロナ 対流型石油ストーブ

PASECO(パセコ)

1980年から石油ストーブを販売する韓国の老舗メーカー「PASECO(パセコ)」。

世界各国に販売実績を持ち、中東では市場No.1のシェアを獲得している上場企業。

コンパクトで暖房性能に優れた2種類のストーブを販売しています。

¥18,999 (2023/02/06 19:22:08時点 楽天市場調べ-詳細)

ALPACA(アルパカ)

1968年から石油ストーブを販売する韓国の老舗メーカー「ALPACA(アルパカ)」。

韓国発ですが、世界50カ国以上の販売実績を持ち、日本の安全基準検査も全てクリア。

出典:楽天市場

小型で暖房性能が高いのが特徴で、2022年には改良された新モデルが登場しています。

最後に

シーズンを通してキャンプを楽しむために、石油ストーブは必須アイテム。

自分のキャンプスタイルに合った石油ストーブを用意できれば、肌寒い春秋キャンプ、冷え込む冬キャンプも快適に楽しめること間違いなし。

今回の記事が少しでも石油ストーブ選びの参考になれば幸いです。

以上、冬キャンプの定番である対流式・石油ストーブの選び方(キャンプにおすすめ14製品を比較)の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です