自宅でBBQなら無煙炭火ロースター「ロータスグリル」〜6年使って感じた7つの特徴と注意点〜

我が家が「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」を購入したのは、今から6年くらい前。

はやお

休日に自宅でBBQをしたり、平日もベランダで炭火焼きをしながら晩酌ができたら、どんなに1日が楽しいだろう…

当時はそんな妄想をしながら「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」の購入を決意しました。

その後、使い続けて6年が経ちますが、今でも現役で活躍してくれています。

むしろ最近は家で過ごす時間も増えているので、使用頻度が上がっており、おうち時間を楽しむ重要なアイテムになっています。

今回は「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」について、6年使って感じた7つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

我が家が使っているのはRサイズの「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」ですが、使用シーンに合わせてサイズを選ぶことが出来ます。

Sサイズ
G280
Rサイズ
G340
XLサイズ
G435
XXLサイズ
G600
網面サイズ258㎜320㎜405㎜576㎜
本体サイズ
・上部直径
・下部直径
・高さ
292㎜
220㎜
210㎜
350㎜
260㎜
234㎜
435㎜
350㎜
257㎜
600㎜
488㎜
284㎜
重さ2.8kg3.7kg6.5kg21.8kg

サイズ以外は大きく変わるようなこと点もなく、基本的には以下の商品内容になっています。

商品内容
  1. グリル用網
  2. チャコールコンテナー
  3. チャコールカバー
  4. 着火プレート
  5. インナーボール
  6. 網固定ラッチ
  7. アウターボール
  8. 送風量コントロールスイッチ
  9. キャリーケース(XXLサイズは別途カバーが付いてきます)

※XXLサイズは取り外し可能なグリルカートも付属しています

LOTUS_inside.JPG
出典:ロータスグリル

7つの特徴

特徴① 煙が出にくい

煙は近所迷惑になってしまうので、自宅BBQの際には重要なポイント。

はやお

煙を出さずに出来るものはないだろうか…

色々調べてたどり着いたのが、無煙炭火BBQグリルの「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」でした。

炭の着火時にはやや煙が出てしまうものの、着火後は食材の油が炭に落ちない構造になっているので、ほとんど煙が出ることはありません。

特徴② 炭の着火がスムーズ

電池駆動の内蔵ファンで空気を送り込む仕組みになっているので、簡単に着火することができます。

着火手順①

ロースターグリルの底面に単3電池を4本入れて、ダイヤルを回してファンつける。

着火手順②

着火プレートに着火剤を置いて、チャッカマンで火をつける。

最初の頃は推奨されていたジェル状の着火剤を使っていましたが、最近では「文化たきつけ」を使っています。

ジェル状の着火剤に比べて、コスパが良く、汚れにくく、着火がスムーズな印象があります。

ネット購入だと少し割高なので、ホームセンター等で購入しています。

八ヶ岳通販
¥777 (2021/02/28 18:40:44時点 Amazon調べ-詳細)

着火手順③

炭を入れたチャコールコンテナーを置く。

着火手順④

焼き物などの準備をしながら少し待っていれば、着火完了!

内蔵ファンで空気が送り込まれているので、本当に着火作業は簡単です。

着火作業を面倒に感じてしまうと使用頻度が下がりますが、簡単に着火できるので気軽に使用することが出来ます。

特徴③ どこにでも置ける

底面や外側(アウターボール)が熱くならないので、テーブルや地面など、どこでも使いやすい場所に置くことが出来ます。

途中で場所を変更したい場合にも外側が熱くならないので、普通に持ち上げて移動が可能です。

子供たちが触っても火傷の心配がないので、安心して使用することが出来ます。

特徴④ 片付けが簡単

インナーボールは取り外しが可能。

本体ごとだと洗い物も大変ですが、取り外して出来るので楽々です。

我が家にはありませんが、食器洗浄器にも対応しているようです。

特徴⑤ 収納ケースがある

付属品として、サイズに合った収納ケースが付いてきます。

商品のダンボールに入れて保管するケースなんかもありますが、使い続けているとダンボールが破けてきてしまったり、あまり気持ちの良いものではありません。

専用の収納ケースはキャンプなど、持ち運びをする際にも活躍してくれます。

特徴⑥ 耐久性

6年前に購入してから、かなり使い込んできた「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」ですが壊れることもなく、今でも現役で活躍してくれています。

壊れてしまった場合には、そのパーツごとに購入することが可能です。

グリル用網・チャコールコンテナー・着火プレート・インナーボールなど必要なパーツのみを購入することが出来ます。

特徴⑦ サイズが選べる

4つのサイズ展開があるので、使用人数や使い方に合わせて選ぶことが出来ます。

  • Sサイズ(G280)

ソロキャンプなど少人数向け(網面直径258㎜)

ハーフェレ ジャパン
¥15,064 (2021/02/28 11:21:11時点 Amazon調べ-詳細)
  • Rサイズ(G340)

我が家も使用しているレギュラーサイズ。

2〜4人くらいにちょうど良い大きさですが、食べ盛りで焼き時間を待てない子供等がいると、やや物足りないサイズかもしれません。(網面直径320㎜)

  • ロータスグリルXL(G435)

レギュラーサイズよりもひと回り大きく、BBQなどしっかり焼き物が楽しめるサイズ。

子供が増えて5人家族になったので、今ならXLサイズを選ぶ。(網面直径405㎜)

  • ロータスグリルXXL(G600)

取り外しができるグリルカート付きなのでテーブルも不要。

チャコールコンテナーが二つ内蔵されているので、十分な火力も期待できます(網面直径576㎜)

2つの注意点

注意点① 炭のサイズ

炭を入れるチャコールコンテナーのサイズが小さいので、長さのある炭はハンマー等で割って使用する必要があります。

面倒な場合には元々サイズの小さな炭を用意しておく必要があります。

ロータスグリル専用のチップ状の木炭(黒炭)も販売されていますが、値段はやや高め。

ハーフェレ ジャパン
¥2,178 (2021/02/28 17:44:12時点 Amazon調べ-詳細)

我が家では「岩手切炭」をよく使用しています。

チャコールコンテナーに入る高さでサイズが揃っているので、スムーズに炭をセッティングすることが出来ます。

着火がしやすく、煙も少なく、比較的火力が強いのが「岩手切炭」の特徴です。

注意点② やや火力が弱い

チャコールコンテナに入る炭の量が少ないため、火力に物足りなさを感じるケースがあります。

ゆっくり焼く時間があるときには問題ありませんが、焼き物が多く、次々に焼いていくような場面では物足りなさを感じるかもしれません。

そんな場合には、炭の種類を変えることで火力UPが期待出来ます。

我が家もその日の気分や焼き物の量に応じて、少ないときは「岩手切炭(黒炭)」、多いときは「大黒オガ炭(オガ炭)」といった感じで使い分けをしています。

「オガ炭」は「黒炭」に比べて火力が強く、「備長炭」と比べて着火がしやすいバランスの良さが特徴です。

「オガ炭」は火持ちが良く、焼き物が終わっても結構残っていることが多いので、火消し壺があると便利です。

火消し壺に入れた炭(消し炭)は再利用が可能で、未使用の炭に比べて着火しやすいので、次回の火おこしが更に楽になります。

「火消し壺」を購入するなら、あまり金額も変わらないので、火起こし器の付いたものがオススメです。

「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」では火おこし器の使用機会はありませんが、キャンプやBBQなどの機会を考えると、かさばることも無いので、持っておいて損はないと思います。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥3,300 (2021/02/28 10:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

煙が出にくい&着火が簡単な「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」は、非常に使い勝手が良く、自宅でBBQを考えている方にはおすすめです。

また我が家もそうでしたが、これからキャンプを始めようか考えている人にもアウトドア気分を楽しむ第一歩として良いのではないかと思います。

ちなみに煙が出ても問題のない場所では、100均などで売っている焼き網を乗せてBBQを楽しんでいます。

以上、「ロータスグリル(LOTUS GRILL)」について、6年使って感じた7つの特徴と注意点の紹介でした。