【縮んで小型化】パセコの石油ストーブ「CAMP-25」5つの特徴と注意点

はやお

高出力の石油ストーブで冬キャンプを快適に過ごしたい!

でもサイズが大きいと車に積めないんだよな…

そんな中、登場したのがパセコの「CAMP-25」。

2021年に購入後、我が家は2シーズン目を迎えていますが、コンパクト×暖房性能に大満足。

荷物が多く、大きなテントを必要とするファミリーキャンプの強い味方になってくれています。

今回は、パセコの石油ストーブ「CAMP-25」を使って感じた5つの特徴と注意点を紹介します。

基本情報

パセコってどんな会社?

1980年から石油ストーブを販売する韓国の老舗メーカー。

世界各国に販売実績を持ち、年間100万台以上の暖房器具を出荷する上場企業で、中東では市場No.1のシェアを獲得しているようです。

はやお

日本は、2021年から代理店が入り、正規販売がスタートしています

パセコのストーブは2種類

パセコのストーブは下記の2種類。

コンパクトサイズにも関わらず、暖房性能に優れているのが特徴で、車に積んで持ち運びしやすい石油ストーブ。

外観
型番WKH-3100SCAMP-25
暖房出力3.0kW6.4kW
タンク
容量
5.3L7L
連続燃焼
時間
18h10h
サイズ


高さ
325mm
325mm
441mm
445mm
445mm
570mm※五徳なし

440mm※収納時高
重量5.2kg11.5kg
点火方法マッチ電子
マッチ
耐震自動
消火装置
製造国韓国韓国
カラーブラック
ホワイト
グレー
タン
ベージュ
アーミーグリーン
ブラック
参考価格18,999円39,600円
はやお

暖房出力が約2倍、価格も約2倍の違いがあります

¥18,999 (2023/02/06 19:22:08時点 楽天市場調べ-詳細)

他製品と比較(高出力タイプ)

他の高出力タイプの石油ストーブとの比較。

サイズ、製造国、デザイン(色)が大きな違いになります。

メーカーパセコ
石油ストーブ
コロナ
SLシリーズ
トヨトミ
ラウンドストーブ
外観
型番CAMP-25SL-6622KS-GE67
KS-67H
暖房出力6.4kW6.59kW6.66kW
タンク
容量
7L7L6.3ℓ
連続燃焼
時間
10h11h10h
サイズ


高さ
445mm
445mm
570mm※五徳なし
440mm※収納時高
460mm
460mm
598mm
482mm
482mm
583mm
重量11.5kg11.2kg11kg
点火方法電子
マッチ
電子
マッチ
電子
マッチ
耐震自動
消火装置
製造国韓国日本日本
カラーアーミーグリーン
ブラック
ホワイトブラック
ホワイト
グレー
ベージュ
オリーブ
参考価格39,600円34,980円31,640円

38,500円

5つの特徴

特徴① トップクラスの暖房パワー

本格的な冬キャンプも楽しめる高出力タイプ。

マイナス6〜7℃くらいの環境で何度か使用していますが、このストーブ1台でテント内は暖かく快適。

ファミキャンで使う2ルームサイズのテントでも安心して冬キャンプに挑めます。

ただ石油ストーブを単独で使用すると、石油ストーブの上の空気ばかりが暑くなるので、サーキュレーターは必須。

エコファンを天板に乗せて使うこともありますが、サーキュレーターの方がテント内全体が暖まりやすい印象です。

プリズム(Prism)
¥6,950 (2023/02/06 18:41:20時点 Amazon調べ-詳細)

フジカハイペット(2.5kw)も所有していますが、暖かさはスペック通り「CAMP-25(6.4kw)」の方が断然上です。

特徴② コンパクトで持ち運びしやすい

高出力かつコンパクトなのが、パセコストーブの最大の特徴。

使用時の高さは57cmありますが、持ち運び時は上部を収納することで高さは44cm。

ハンドルの内側押しながらスライドさせるだけで、スムーズに展開、収納が出来ます。

収納時はフジカハイペットと並べても、そこまで変わらないサイズ感。

荷物が多く、車の積み込みに苦労する冬キャンプでは、収納時のサイズ感は大事なポイントです。

特徴③ 男前すぎないデザイン

これは個人的な感想ですが、トヨトミのギアミッションと比べると男前すぎず、若干可愛いらしさもあるおしゃれなデザイン。

カーブのかかった小窓からは燃焼している様子を見ることができ、その小窓から明かりが漏れる様子はテント内の雰囲気をグッと上げてくれます。

カラーは、ブラック、アーミーグリーンの2色展開。

我が家はブラックを使用していますが、アーミーグリーンは光のあたり方によってチャコールグレーのような色合いにも見えます。

特徴④ 子供がいても使いやすい安全性

強い衝撃や転倒時に、自動で消火する耐震自動消火装置付き。

更にトヨトミのギアミッションと比べると、銀色の格子幅が狭く、五徳付き。

本体に直接、手が触れにくい点は、子供がいるキャンプではちょっと安心です。

はやお

周りの銀色部分は意外と熱くならず、試しに触れてみても火傷するほどではない感じ。ただ天板側は熱くなっているので誤って手を付かないように要注意です。

特徴⑤ 点火、調整作業が楽

ガスマッチでも点火可能ですが、乾電池を入れておけば点火作業は楽々。

ツマミをねじって、赤いバーを右側にスライドさせるだけ。

はやお

スライドさせたときにプーっと音が鳴ります

点火後の火力の調整もツマミをねじるだけなので簡単。

調整時に誤って火が消えてしまっても、電子タイプなら再点火も楽々です

3つの注意点

注意点① 屋外使用専用

パセコのストーブは、JHIA認証を取得しておらず、屋外使用専用。

JHIA認証というのは、法律で義務付けられたものではありませんが、国内で販売される多くの石油ストーブが取得している第三者機関の認証。

本土の韓国や諸外国では屋内使用の基準を満たして販売されているようですが、日本では屋外専用として販売されています。

出典:JHIA

注意点② 土台部分の掃除が面倒

土台が外れないので、掃除がしづらく少し面倒。

入り込んだ砂利や葉っぱは、ちりとり等を使って都度取り除いていきます。

注意点③ ケースは別売り

持ち運びのケースは付属していないので、欲しい場合には別途購入する必要があります。

ただ冬期はケースの欠品も多いので、早めの用意がお勧め。

パセコ専用ケースに拘りがなければ、こちらの収納ケースもありです。

最後に

2021年に購入して、我が家では2シーズン目を迎えていますが、今では冬キャンプになくてはならない必需品。

トップクラスの暖房性能を誇る石油ストーブですが、コンパクトに持ち運びが可能なので、荷物が多く、大きなテントを必要とするファミリーキャンプには最適です。

今回の記事がパセコの石油ストーブ「CAMP-25」の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

以上、パセコの石油ストーブ「CAMP-25」を使って感じた5つの特徴と注意点の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です