【無煙】BBQグリル・ロウリュ〜使って感じた7つの特徴と注意点〜

はやお

本当に煙出ないのかな…

焼くのに結構な時間がかかりそう…

でも出来上がった料理は美味しそう!

そんな期待や不安もありながら使ってみると、しっかり無煙。

調理時間もあっという間で、出来上がった料理が驚くほどに美味しい。

繰り返しになりますが、出来上がりが本当に美味しくて、ちょっと感動でした。

今回は、「無煙バーベキューグリル・ロウリュ」について使って感じた7つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

※メーカー様より商品提供頂いています

基本情報

製品名無煙バーベキューグリル「ロウリュ」
材質ステンレス
サイズW56 x D26 x H32 cm
重量7.8kg
製造国日本
無償保証期間最長10年
販売業者NINE NATION
無煙バーベキューグリル「ロウリュ」

7つの特徴

特徴① 見た目がカッコいい

オールステンレスのスタイリッシュでおしゃれなデザイン。

ステンレスも鏡のように映り込むようなタイプでなく、味のある独特の模様がまた良い感じ。

オプションの革の取っ手を取り付けると、ますます良い雰囲気。

オプションの温度計を取り付けると、更におしゃれ度がUP。

特徴② 無煙で楽しめる

おうちBBQをするなら「無煙」かどうかは大事なポイント。

もくもく煙を出しながらのBBQは近所迷惑になり、近隣トラブルの元になるので注意が必要。

その点、ロウリュは煙が出ない特殊なグリル構造として特許取得済み。

実際に使ってみても煙は見られず、これなら近所迷惑の心配も無用。

はやお

晴れた日にご近所さんが洗濯物を干していても安心して、おうちBBQが楽しめる

ただ炭の着火時に使用する着火剤によっては、着火剤の煙が出るので注意。

おうちBBQの場合には、「文化のたきつけ」はあまりオススメできない着火剤。

メーカーからも以下の固形燃料を推奨されており、こちらを使用すれば着火時の煙も発生しない。

特徴③ とにかく美味しい

使ってみて驚いたのが、ロウリュで火を通した食材の美味しさ。

詳しい仕組みはよく分かりませんが、5つの熱を利用する特殊な内部構造で、短時間でふっくらジューシーに焼き上げることが出来るのだとか。

item_cf02
出典:LOYLY

ピザ&ソーセージ

まず試してみたのが、こちらに入っていたピザ2種。

マルゲリータは、ちょうど収まるサイズ感で、追いチーズをしてセット。

少し余ったスペースがあったので、周りにソーセージを追加。

すっかり調理していることを忘れてしまって、12~13分後に蓋をオープン。

蓋を開けると、ピザのふっくら焼き上がった様子に「おぉ〜」と一同から大歓声。

サクサクの耳に、ふっくらした生地のピザは超絶品。ソーセージもパンパンの仕上がり。

はやお

普段、食にはうるさい父からも「今まで食べたソーセージの中で1番美味しい」と珍しいコメント

前日のピザ

続いて、前日スーパーで買っていたクアトロフォルマッジ。

若干サイズアウトしていたので、アルミ敷いてセッティング。

5分後には、追加したチーズも溶けていい感じに出来上がり。

炭に当たっていた箇所は若干焦げてしまいましたが、翌日のピザとは思えないカリカリもちもち食感。

肉と野菜

続いてお肉と野菜にも挑戦。

まずは塩胡椒を振ったお肉を投入。

まだスペースがあったので、続けて野菜も投入。

適当に時間が経ったら、取り出して実食。

野菜はもちろん、お肉も旨味が凝縮された仕上がりで美味しさに感動。

はやお

しっかり目に火を通しましたが、硬くならず、余計な脂が落ちていて本当に美味しい!

その後、牛タンも試してみましたが、普通に焼くよりも断然美味しい。

硬くなることが一切なく、牛タンならではの食感が楽しめる。

残り物でも何でも

残り物の再加熱にも便利で、ロウリュに適当に投入しておけば完全復活。

むしろ出来立てよりも美味しくなるような気もする。

特徴④ 短時間調理&焦げない

放っておいても焦げたり硬くならず、失敗知らずのバーベキューグリル。

全く慌ただしさがなく、ビールを飲んだり、談笑しながらゆっくり過ごせる。

はやお

子供がいると、BBQに付きっきりという訳にもいかないので、放置OKはありがたい

焦げないからと言って、調理に時間がかかることもなく、出来上がりもあっという間。

ちなみに今回、使用した際の最高温度は250℃オーバー。

使う炭によっては火力が出ないこともあるかもしれませんが、今回使った「オガ炭備長炭」は火力がしっかりあるのでオススメ。

特徴⑤ 火消し壺にもなる

使用後はそのまま蓋を閉めて、通気口を閉めれば火消し壺代わり。

火消し炭はそのままロウリュに入れておけば、炭の保管にも便利。

火消し炭は、次回の火起こしも簡単でスムーズにBBQが楽しめる。

特徴⑥ 焚き火台としても使える

昼〜夕方まではBBQグリル、夜からは焚き火台といった使い方も可能。

横幅もあるので、長さのある薪もしっかり入る。

※焚き火台としての使い方は、メーカーが推奨しているものではありません

焚き火写真を撮り忘れたので、下記はイメージ写真(火起こし時の様子)。

はやお

おうちで楽しめるBBQグリルですが、これからキャンプを始める方の最初の1台としても良さそう

特徴⑦ メイドインジャパン

グリル本体及び部品は全て国内生産という安心感。

大量生産でなく、手作業生産な点もこだわりを感じるポイント。

製品保証もしっかりしており、最長で10年間保証。

2つの注意点

注意点① やけど

炎が上がらず、煙も出ないので、調理していることを忘れがち。

料理は放置していても大丈夫なのですが、熱くなっていることは忘れずに。

グローブをせずに手をついてしまうと、やけどをしてしまうので子供たちにも注意が必要。

注意点② 最初の組み立てが面倒

ドライバー1本あれば簡単にできる工程なのですが、最初は足や取っ手の取り付け作業が必要。

唯一の注意ポイントとしては箇所のネジの向き。

右側の写真のようにしないと、綺麗に炭網が入りにくいので、横向きがおすすめ。

最後に

本当に煙が出ないのだろうか…と半信半疑で使ってみた「ロウリュ」でしたが、しっかり無煙。

焼き時間もそこまで必要とせず、出来上がった料理が驚くほどに美味しい。

何でも適当に投入すれば美味しく仕上がってくれるので、気軽に日常使いもしやすく、料理が苦手な方にもオススメ。

一方でビア缶チキンや木曽杉のプランクを使ったレシピなど、今回紹介した以外にもまだまだバリエーションが豊富で色んな料理にも挑戦できる。

おうちBBQをしたい人はもちろん、ゆくゆくはキャンプに行ってみたいと検討している方にもぴったりのBBQグリルだと思います。

以上、「無煙バーベキューグリル・ロウリュ」について使って感じた7つの特徴と注意点の紹介でした。

無煙バーベキューグリル「ロウリュ」

5人家族(@hayao12345)の全キャンプ道具&商品名はこちら⬇︎

ファミキャンの持ち物リスト〜5人家族の全キャンプ道具&商品名〜