【比較】ゴールゼロ激似のスワッグギア〜使って感じた7つの特徴と注意点〜

はやお

ゴールゼロ激似の小型LEDランタン

ゴールゼロとどんな違いがあるんだろう…

あまり期待せずに購入したのですが、実際に使ってみてもゴールゼロとほぼ同じ。

それでいてゴールゼロを下回る価格帯&センスの良い付属品セットはかなり魅力的。

ゴールゼロのように今後の値上げや品薄が心配になるほどの商品でした。

今回は、ゴールゼロ激似の「スワッグギア(SWAG GEAR)LED FLASH LIGHT」を使って感じた7つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

スワッグギア
LED
FLASH LIGHT
ゴールゼロ
Lighthouse
microFLASH
本体サイズ98mm×Ø38mm93mm×Ø37.75mm
本体重量77g68g
電池容量2600mAh2600mAh
明るさ14~250lm10~150lm
使用時間7~120時間7~170時間
充電端子USB Type-CUSB Type-A
防塵防水IPX4IPX6
付属品マグネット付きエンドキャップ
コンパクト三脚
なし
定価4,580円4,840円
SWAG GEAR
¥4,580 (2022/07/07 19:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

今回比較するゴールゼロの記事はこちら⬇︎

【LEDランタン】ゴールゼロ「LIGHTHOUSE microFLASH」~5つの特徴と注意点~

7つの特徴

特徴① 形状 ・使用方法は同じ

製品情報ではサイズ、重量が若干異なりますが、これは同じといっていいレベル。

左:ゴールゼロ 右:スワッグギア

ゴールゼロで使っているアンバーグローブもスワッグギアに問題なく装着可能。

ただゴールゼロで使っているZEROCAPの装着は、ハマりはするものの、かなりキツい。

使用方法はゴールゼロと同じで、上部のボタンを押していくだけ。

長押しすれば、自由に明るさを調節できる。

押す回数明かりパターン
1回上部のライトが点灯
2回ボディのライトが点灯(強)
3回ボディのライトが点灯(弱)
4回消灯

特徴② 黒デザインがカッコいい

大きな違いはボディ部分のデザイン。

銀色ベースに黄緑色が入るゴールゼロに対して、スワッグギアは黒ベースに銀色のメーカーロゴ。

左:ゴールゼロ 右:スワッグギア

現在、ゴールゼロに黒ステッカーを巻いて使っているくらいなので、我が家はスワッグギアのデザインが好み。

更にスワッグギアは上部のボタン、フック、ライトの縁も黒で統一されており、デザイン性の高さを感じる。

左:ゴールゼロ 右:スワッグギア

特徴③ 明るさ・使用時間も同程度

製品情報を比較すると、スワッグギアの方がゴールゼロよりも明るいことになってますが、実際に使ってみた感じでは同程度。

上:ゴールゼロ 下:スワッグギア

上部ライトの明るさも同程度で、ゴールゼロの方が若干オレンジっぽい色合い。

電池容量はどちらも2600mAhと同じなので、連続使用時間は明るさ調節次第。

左:ゴールゼロ 右:スワッグギア

特徴④ 充電しやすいType-C

ゴールゼロはType-Aですが、スワッグギアはType-Cでコードを繋いで充電するタイプ。

左:スワッグギア 右:ゴールゼロ

ゴールゼロは他の充電口も塞いでしまうので、複数充電のしづらさがありますが、スワッグギアではそれがない。

ただスワッグギアでは充電コードの紛失に注意が必要。

左:ゴールゼロ 右:スワッグギア

電池の残量目安は、×4個で100%、×3個で75%、×2個で50%、×1個で25%。

ゴールゼロはライト点灯時にも常時が点灯しますが、スワッグギアは点灯なし。

左:ゴールゼロ 右:スワッグギア

はやお

上部のボタンを一度押せば残地残量の確認が可能です

特徴⑤ センスの良い付属品

あると便利なカスタム品が付属しているのは、かなり魅力的。

マグネット付きエンドキャンプを装着すれば、あらゆる場所に磁石で固定が可能。

コンパクト三脚は持ち運びしやすく、テーブルに置いて使う際に便利。

特徴⑥ コスパ抜群

魅力的な付属品がセットされているのにも関わらず、ゴールゼロ単体よりも260円安い価格設定。

SWAG GEAR
¥4,580 (2022/07/07 19:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

我が家もゴールゼロにZEROCAPを装着して使っていますが、ZEROCAPの定価は3,630円。

コンパクト三脚も別途購入すればそれなり金額。

現在、スワッグギアの定価は4,580円ですが、今後値上げがないことを祈りたい。

Across Rainbow\Since 2020
¥2,980 (2022/07/07 19:31:40時点 Amazon調べ-詳細)

特徴⑦ 入手しやすく定価で買える

ゴールゼロは現在も品薄で、なかなか手に入りづらい状態。

ネットにある商品は、だいたいプレミアム価格。

一方で、スワッグギアは在庫状態が安定している印象。

欲しい時にすぐに買えるので、日が迫った週末キャンプにも準備しやすい。

SWAG GEAR
¥4,580 (2022/07/07 19:31:39時点 Amazon調べ-詳細)
はやお

ゴールゼロのように値上がりしたり、品薄になる可能性もあるので、買うなら早めがオススメ

2つの注意点

注意点① 防塵防水

スワッグギアの防水性能はIPX4。

ゴールゼロはIPX6なので、やや性能が劣るポイント。

参考
IPX0水の浸入に対して特には保護されていない
IPX1垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない
IPX2垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない 
IPX3垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない 
IPX4いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
IPX5いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX6いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX7規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない
IPX8水面下での使用が可能。メーカーと機器の使用者間の取り決めによる。
はやお

どちらも多少の雨なら問題なさそうですが、雨天時の使用は注意したいところ

注意点② 内側の小傷が気になる

写真では分かりづらいのですが、ボディ内側の小傷やほこり混入が少し残念なポイント。

ライト点灯すると若干目立つので、気になる人は気になるかも。

個体差もあるかもしれませんが、ここは注意ポイント。

はやお

我が家はそこまで気にならないので問題なし

最後に

あまり期待せずに購入したのですが、実際に届いた商品はゴールゼロとほとんど同じ。

ただゴールゼロを下回る価格帯で、センスの良い付属品セットはかなり魅力的。

ゴールゼロのように今後の値上げや品薄が心配になるほどの商品でした。

以上、ゴールゼロ激似の「スワッグギア(SWAG GEAR)LED FLASH LIGHT」について、使って感じた7つの特徴と注意点を紹介でした。

SWAG GEAR
¥4,580 (2022/07/07 19:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

5人家族(@hayao12345)の全キャンプ道具&商品名はこちら⬇︎

ファミキャンの持ち物リスト〜5人家族の全キャンプ道具&商品名〜