【千葉グランピング】BUB RESORT Chosei Village〜5人家族で参加したアクティビティ&場内設備〜

はやお

アクティビティが盛り沢山で子供たちが喜びそう!

でも年齢制限があって参加できないものもあるのかな…

何か持っていった方がいいのかな…

いつも以上に楽しみにしていた子供たちでしたが、結果は大満足。

アクティビティに年齢制限はなく、持ち物は子供の着替えくらいで問題なし。

スタッフの方々のホスピタリティが本当に素晴らしくて、アクティビティの合間も常に楽しく、居心地の良い施設でした。

今回は「BUB RESORT Chosei Village」について、5人家族(@hayao12345)で参加したアクティビティ&場内設備を紹介したいと思います。

基本情報

BUB RESORT Chosei Village

所在地千葉県長生郡長生村金田2811
営業期間通年営業
予約ホームページからネット予約
キャンセル宿泊日の1日前16:00まで
イン/アウト13時〜/〜10時
食事朝夕食付
アーリー/レイトロングステイプランあり(10時20分〜/〜10時)
トイレ洋式トイレ(暖房便座)
お風呂シャワーのみ(無料)
※最新情報はホームページでご確認ください

場内MAP・設備

宿泊場所

宿泊場所はコテージ、ベルテント、ドームテントの3種類。

ドームテント

今回泊まったのは、ドームテント。

高い天井の広々空間で、冷蔵庫や冷暖房設備が完備。

ベルテント

ベルテントは1列に8張。

梅雨の時期でしたが、どのテントもカビが生えておらず、真っ白で綺麗な状態。

トイレ

トイレはセンターハウス内とMAP両サイドに1つずつ。

センターハウス内もMAP両サイドにあるトイレも清潔感があり、安心して使用できる。

シャワー・テントサウナ

お風呂はコテージ内だけですが、シャワーは全員が利用可能。

テントサウナは、事前予約で1日1組限定。

バスタオル、クレンジングオイル、洗顔、乳液、化粧水、歯ブラシ、ドライヤーが完備。

近隣にコンビニ

歩いていける場所にローソンがあるので、飲み物の購入など、なにかあったときにも便利。

地図(Googleマップ)

チェックイン前

12:40 HAPPY DONUT 茂原店

チェックイン開始時刻の13時を目指して家を出発。

近くでお昼ごはんを済ませて、続いて「HAPPY DONUT 茂原店」(バブリゾートから8分)。

1人1人好みのドーナツを選んだら、いよいよ「BUB RESORT Chosei Village」へ。

チェックイン後

13:00 チェックイン

BUBクルーがお出迎え

入り口を入っていくと、スタッフの方がお出迎え。

はやお

こういうお出迎えがあるだけで、テンションが上がる我が家一同

誘導に従って駐車をしたら、受付でチェックイン手続き。

名前シール

子供たちは胸に名前を書いたシールを貼ってもらって、これだけで大喜び。

遊びスタート

すると早速、子供たちがスタッフの方に連れられて、遊びスタート。

大人はドームテントに荷物を運んで、後から合流。

13:10 ヤギに餌あげ・水遊び

ヤギに餌あげ

まずはヤギに餌あげ体験。

水遊び

そして真夏日に嬉しい水遊びエリア。

ブランコ・トランポリン

周辺にはブランコやトランポリンがあって、ここはいつでも遊べるフリースポット。

到着早々からひたすら遊び続けたら一旦、合同インフォメーションの時間。

子供たちは台車に乗って楽しく移動。

13:45 合同説明 & 当日スケジュール

合同説明

宿泊者はセンターハウス内に集まって、利用に関する一通りの説明。

忘れてしまったり、不明な点はLINEで確認できるシステムで、これが結構便利。

大人が説明を受けている間、子供たちは外でお決まりのご挨拶を猛練習。

はやお

ご挨拶の内容は当日のお楽しみ

当日のタイムスケジュール

合同インフォメーションが終わったら、いよいよアクティビティのスタート。

当日のタイムスケジュールは以下の通り。

はやお

最大3つのアクティビティが同時進行していて、どれかを自由に選択して参加できる

参加したアクティビティ

今回は滞在中に赤枠のアクティビティに参加しましたが、追加料金などは一切なし。

★の有無もチェックしながらスケジュールを組んでいくのがおすすめ。

14:00 テンポドロップ作り

まず最初に参加したのは、テンポドロップ作り。

実験のような手順で、1つ1つの工程を進めていく。

出来上がりはこちら。

天気によって結晶の状態が変化するようで、インテリアとしてもいい感じ。

はやお

グズってどうしようもない娘に対して、スタッフの方の神対応もあり、おかげで機嫌も回復

15:00 ふりふり苺アイス作り

テンポドロップ作りが終わったら、そのままセンターハウスへ。

ここでおやつの苺アイス作り。

テーブルに必要なものが準備されていて、手順を聞きながら進めていく。

最後はタオルで包んで全力でフリフリ。

出来上がったアイスは、子供たちで即完食。

15:30 ドームテントを満喫 & トランポリン

アイスを食べたら、冷房の効いたドームテントでひと休憩。

子供たちは遊び続けていたので、ここで初めてドームテント内へ。

はやお

当日は真夏日でしたが、テント内は涼しく快適。冷房を最低温度に設定すると、半袖だと寒いくらいでした。

子供たちは、入るなりベッドの上で大はしゃぎ。

外と中で会話をしたり、ドームテントを満喫。

その後、少し時間があったので、トランポリンでもひと遊び。

16:00 海のフォトフレーム作り & 宝探し

海のフォトフレーム

時間になったら校舎で、海のフォトフレーム作り。

それぞれ出来上がりのイメージを真剣に考えて、しっかり1時間をかけて出来上がり。

宝探し

途中、末っ子がうろついて、宝探しをやっている隣の教室に侵入。

慌てて追いかけていったのですが、快く参加させてもらえて、末っ子も大喜び。

17:00 障害物競争

出来上がったフォトフレームを急いでドームテントに置きに行って、障害物競争にも参加。

サンダルを履いていた子供たちもここで運動靴に履き替え。

集まった子供たちを2グループに分けて、いざ真剣勝負。

1本橋や玉入れなど、子供の年齢に合わせたサポートがありつつ、戦いは白熱。

17時からアルコールの飲み放題が開始になるので、飲みながら観戦している方もちらほら。

17:40 夜ごはん & 飲み放題

飲み放題

障害物競争が終わったら、センターハウスに寄って水分補給。

水とコーヒー・紅茶は常に飲み放題ですが、17時〜20時の3時間はその他も飲み放題。

ソフトドリンクは「ウーロン茶、カルピス、カルピスソーダ、コカコーラ、ジンジャエール、野菜ジュース、炭酸水」のラインナップ。

アルコール類は、「生ビール、ハイボール、ワイン(赤・白)、 スパークリングワイン、酎ハイ(レモン・梅・桃)」から選ベる。

夜ごはん

飲み物を注いだ紙コップを片手にドームテントに戻ると、ご飯や器材がセッティング済み。

取り出して蓋を開けてみると、彩鮮やかな夜ご飯メニュー。

炭に火がついてきたら、網の上に食材を乗せて焼いていく。

パエリアも手順通りに温めるだけなので、簡単に出来上がり。

その後、末っ子が昼寝してくれたので、しっかり飲み放題を満喫。

19:00 ライトアップ

薄暗くなってきたら施設内がライトアップ。

また昼間とは違った良い雰囲気で、ドームの中に入ってみたり、

施設内をお散歩しながら、次のアトラクションの開始待ち。

19:15 ナイト宝探し

時間になったらナイト宝探しのスタート。

渡された用紙と懐中電灯を片手に皆んなで謎を解いていく。

はやお

お宝の内容は、やってみてのお楽しみ

19:45 お化け屋敷 & だるまさんがころんだ

ナイト宝探しが終わったら、そのまま校舎を利用した「お化け屋敷」に参加。

1組ずつ入っていくので、若干の待ち時間があったのですが、そこはさすがのBUBクルー。

待っている子供たち全員で「だるまさんがころんだ」で大盛り上がり。

順番が回ってきたら懐中電灯を片手に、恐る恐る真っ暗の校舎を進んでいく。

無事に帰って来れたら、最後にはお祓いをしてスッキリ。

20:30 シャワー & 夜食

シャワー

1日目のアクティビティが終わったら、シャワーの時間。

シャワーは、16時〜23時、翌朝6時〜9時の時間帯で使用可能。

中に入っていくと、個室になっていて、清潔感のあるシャワールーム。

バスタオル、クレンジングオイル、洗顔、乳液、化粧水、歯ブラシ、ドライヤーも完備。

洗濯機、乾燥機もあるので、水遊びで濡れた洋服を洗ったりするのにも便利。

夜食

シャワーを浴びてドームテントに戻ったら、寝る前に夜食のドーナツ。

普段の我が家ではあり得ませんが、せっかくのグランピングなので特別に。

7:00 朝ごはん

昨日遊びまくったこともあり、子供たちは朝までぐっすり。

寝起き状態で、センターハウスで朝ごはん。

パンかご飯、ハンバーグか鮭、キッシュかサラダチキンを選べるタイプ。

昨日のソフトドリンクメニューに加えて、朝はミルクとアイスコーヒーも用意。

7:45 ヤギのお世話 & ブランコ・ボール遊び

朝ごはんを食べたら、ヤギと触れ合って癒され時間。

ウォールクライミングの時間になるまで、ブランコやボール遊び。

8:30 ウォールクライミング

最後は今回、子供たちが一番楽しみにしていたウォールクライミング。

年齢制限が気になるところでしたが、こちらも特に制限はなく年長の娘も参加可能。

まずは先にやっているお兄ちゃん、お姉ちゃんの様子を見ながら、イメージトレーニング。

コースが2つなので、若干の待ち時間もありましたが、ここでも石をたくさん持ってきて、積み上げる遊びを提案してくれるBUBクルー。

石で遊びながら順番待ちをしていると、あっという間に順番。

まずは自力でどこまで登れるかチャレンジ。

その後はBUBクルーの方の力を大いに借りて、2人とも1番上まで到達。

自分たちの力ではないものの、上まで行けたことに子供たちは相当楽しかった様子。

はやお

その後、10時のチェックアウト時間まで何度も遊ばせて頂きました

10:00 チェックアウト

時間になったら、いよいよチェックアウト。

駐車場近くにあった滑り台とロープで、1回だけ遊んで、乗車。

帰りの通路に立つ大勢のBUBクルーの方々にお見送りいただき、「BUB RESORT Chosei Village」とお別れ。

最後に

子供も親も大満足の1泊2日。

豊富なアクティビティもそうですが、スタッフの方々のホスピタリティが大きな魅力。

アクティビティのない合間の時間も常に楽しく、とても居心地の良い施設でした。

今後、別の場所で新店舗のオープンも予定されているようで、そちらの情報もかなり気になります。

以上、「BUB RESORT Chosei Village」について、5人家族(@hayao12345)で参加したアクティビティ&場内設備の紹介でした。

キャンプ場選びには、「まとめ記事」も参考にどうぞ⬇

【まとめ】関東近郊のキャンプ場レポ〜エリア・ロケーション・設備から探せる〜