お買い得情報/

【数量限定】焚火台マクライト(23%OFF・1周年キャンペーン

【9/30まで】Jackery ポタ電1500(20%OFF・特別セール

【9/30チェックインまで】BUBリゾート グランピング(最大5,000円OFF・千葉とく旅キャンペーン)※レビュー記事はこちら

【神奈川】「芦ノ湖キャンプ村」〜4人家族で使った設備や周辺スポット〜

はやお

芦ノ湖エリアは周辺スポットも魅力的。区画サイトが狭そうだけど大丈夫かな…

そんな期待や不安もあって利用したキャンプ場。

実際に行ってみたら、区画サイトは2ルームのテントなら問題ないサイズ感。

とても清潔感のあるキャンプ場で、周辺スポットも魅力的。

今回は「芦ノ湖キャンプ村 レイクサイドヴィラ」について、4人家族で使った設備や周辺スポットを紹介したいと思います。

基本情報

芦ノ湖キャンプ村

所在地神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
予約ネット予約(ホームページ
キャンセル7日前からキャンセル料発生
※雨の日はキャンセル料なし
イン/アウト11時〜/〜10時
アーリー/レイト要相談
1時間ごとに宿泊料金の10%分の追加料金
サイト区画サイト
トイレ洋式トイレ
お風呂あり
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

1日目

パン屋/ベーカリーアンドテーブル箱根

12時までは雨予報だったので、12時のキャンプ場到着を目指して、移動開始。

まず立ち寄ったのは「ベーカリーアンドテーブル箱根」。

芦ノ湖遊覧船乗り場の近くで、キャンプ場から車で20分くらいところ。

芦ノ湖を一望できるロケーションのお店。

天気が良ければ、芦ノ湖を目の前に足湯をしながらパンを頂くことが出来る。

当日は悪天候だったので、昼食と翌日の朝食用にパンをテイクアウト。

「限定」という言葉に弱い我が家は、「米粉のカレードーナツ」をしっかり2つ購入。

ちょうどお店の目の前に、「箱根海賊船」も停泊していて子供たちも大喜び。

肉屋/相原精肉店

続いてお肉を求めて「相原精肉店」へ。

ここはキャンプ場から車で7〜8分のところ。

店内に入ると、精肉からお惣菜まで品揃えの多さにびっくり。

お店の人が「急がないでいいからね」と声をかけてくれましたが、どれも魅力的でなかなか決められない。

店主さんが色々お勧めもしてくれますが、ある程度、事前に狙いを絞っておくのがオススメ。

揚げ物やお惣菜も種類豊富。

お肉屋さんですが、ラーメンも店主さんおすすめの一品。

後日、「The CAMPFIELD」を利用した際に食べましたが、これが絶品。

【神奈川】箱根の1組限定キャンプ場 「The CAMPFIELD」〜2家族で使った設備や買い出しスポット〜

お肉の買い物が終わったら、すぐ近くの「A-COOP 仙石原」でお菓子などを買い足して、キャンプ場へ。

「A-COOP 仙石原」の目の前には、腸詰屋もあり、買い出し先は選び放題。

チェックイン

キャンプ場には予定通り、12時過ぎに到着。

チェックインをするためにフロントに行くと、「雨の日はキャンセル料金がかかりませんが、よろしいですか?」と受付の方から確認。

通常はキャンセル料が発生しますが、前日の12時以降に箱根地域の降水確率が40%以上の場合、キャンセル料なしでキャンセル可能。

出典:芦ノ湖キャンプ村

オートサイト

オートキャンプサイト(電源無し)の1泊料金8,400円を支払ったら、指定のサイトへ。

オートキャンプサイトは、25区画(電源付が4区画)あり、全サイトに専用かまど、専用水道付き。

オートキャンプサイトは、だいたい「7m×8m」の広さ。

隣のサイトとは、石が並べられて区画が仕切られている。

はやお

水はけの良い砂利の地面なので、雨上がりでもテントが汚れない。

実際に2ルームテントを設営してみても、問題ない区画スペース。

区画の広さには不安もあったので、無事に設営が出来て、ひと安心。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

設営が終わったら、テイクアウトしたパンで昼ごはん。

テントサイト・BBQスペース

昼ごはんが終わったら、キャンプ場内をお散歩。

芦ノ湖周辺には、BBQが楽しめるスペース。

車の乗り入れ不可のテントサイト(約4.5m×4.5m)。

オートキャンプサイトから芦ノ湖は見えませんが、テントサイトからは芦ノ湖が見える。

ただ車が横付けできないので、荷物は最小限にまとめておきたいところ。

はやお

リヤカーは利用できますが、アップダウンもあるので、荷物多いと大変かもしれません。

フロント

フロント前には電動のレンタサイクル。

天気が良ければ芦ノ湖周りをサイクリングも最高。

子供用マウンテンバイク(20インチ)も用意されているので、家族でサイクリングが出来る。

出典:芦ノ湖キャンプ村

フロント入口には薪と着火剤が山積み。

はやお

ただ調理目的以外での焚き火は禁止。

売店には飲料・菓子類・燃料・雑貨などが充実。

食品コーナーにはご飯、パスタ、カップ麺、カレー、お菓子など。

餃子、たこ焼き、チャーハン、焼きおにぎり、枝豆など、冷凍食品も販売。

お酒が購入できる自動販売機は24時間利用出来るので、夜中の買い足しも心配要らない。

トイレ

オートキャンプサイトから近いトイレは、レストハウス内かテントキャンプサイトとの間。

出典:芦ノ湖キャンプ村

レストハウス内のトイレは、室内なので虫も少なく、安定の清潔感。

ただ男女共用で1つしかないので、使いづらさはあるかもしれません。

一方、テントキャンプサイトとの間にあるトイレは男女別。

入口にはドアが付いているので、こちらも虫が少なく、清潔感があるトイレ。

男トイレは便座が3つ(和式1、洋式2)。

テントでゆっくり

キャンプ場内を少しお散歩したら、その後はテント内でゆっくり。

トランプでババ抜き、7並べなどをやったり、指スマをしたり。

夜ご飯は子供たちが好きな和牛ホホ煮込み。

相原精肉店で何気なく注文したら、塊肉単位の販売。

これを皆んなでシェアして夜ご飯。

それと切り落としのローストビーフ。

デザートにはスモア。

焚き火が出来ないので、マシュマロはトーチバーナーで。

2日目

朝ごはん

昨日、テイクアウトしたパンと牛タンで朝ごはん。

朝ごはんを食べたら、チェックアウトに向けてお片づけ。

レイトチェックアウト

チェックアウトは通常10時ですが、ちょうど10時から天気が回復する予報。

2時間チェックアウトの時間をを伸ばして、乾燥撤収。

最後に

とても清潔感があって、周辺スポットも魅力的なエリアにあるキャンプ場。

心配していた区画サイトの広さも、2ルームのテントなら問題ないサイズ感。

地面が砂利で、レイトチェックアウトも調整しやすく、予報次第ではキャンセルも出来るので、悪天候時にも使用しやすい。

以上、「芦ノ湖キャンプ村」について、4人家族で使った設備や周辺スポットの紹介でした。