【神奈川】初キャンプにおすすめ!初心者&家族連れでも安心のキャンプ場<4選>

はやお

なんとか初キャンプを成功させたい!神奈川で、いいキャンプ場ないかな…

初めてのファミリーキャンプでは、キャンプ場選びも重要なポイント。

今回は、5つのポイント満たした「初心者&家族連れでも安心のおすすめキャンプ場<神奈川・4選>」を紹介したいと思います。

  1. オートキャンプ
  2. 区画サイト
  3. トイレが綺麗
  4. 売店やレンタル充実
  5. 家族連れの利用者が多い

① ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto camp base)

【神奈川】ヤビツ峠の先に「ボスコオートキャンプベース」〜4人家族で使った設備と周辺スポット〜

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが約60サイト。

車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

出典:BOSCO Auto camp base

設営場所が確保されているので、到着が遅れても安心。

ツールームテントでも、充分な設営スペース。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

トイレが綺麗

洋式タイプで、清潔感のあるトイレ。

結構な頻度で掃除をされており、虫や嫌な臭いも少ない。

売店やレンタル充実

売店には、飲料、酒類、缶詰、インスタントラーメン、調味料などの食品類(生鮮食品はなし)。

その他、燃料系や電池、歯ブラシ、着火剤や薪、炭なども販売。

レンタル品も充実しており、多少の忘れ物があっても大丈夫。

レンタル品料金
ドームテント(5人程度用)4,000円
テント用中敷きマット(5人テント用)1,000円
ヘキサタープ(4-5人程度用)2,000円
ハンモック1,000円
シェラフ(寝袋)1,000円
ランタン(電池式)1,500円
炭火用グリル2,000円
焚き火台1,000円
調理用ナベ500円

家族連れの利用者が多い

場内には、家族連れが楽しめる設備が充実。

ニジマス釣りが出来る釣堀スペース。

ニジマスのつかみ取り。

「ボスコでキャンプしました!記念の100歳ヒノキストラップ」作り体験。

丹沢の湧き水で炊飯をしたり、コーヒーを飲んだりするのもオススメ。

夏は川で水遊びも出来るので、子供たちも満足すること間違いなし。

② 芦ノ湖キャンプ村

【神奈川】「芦ノ湖キャンプ村」〜4人家族で使った設備や周辺スポット〜

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが25サイト。

車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

出典:芦ノ湖キャンプ村

設営場所が確保されているので、到着が遅れても安心。

ツールームテントでも、充分な設営スペース。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

だいたいが7m×8mの広さのサイトで、石が並べられて区画が仕切られている。

全サイトに水道とかまどが付いているので、こまめな洗い物も楽々。

トイレが綺麗

定期的に掃除をされており、虫や嫌な臭いも少ない。

洋式タイプで、清潔感のあるトイレ。

売店やレンタル充実

売店には飲料・菓子類・燃料・雑貨などが充実。

食品コーナーにはご飯、パスタ、カップ麺、カレー、お菓子など。

餃子、たこ焼き、チャーハン、焼きおにぎり、枝豆など、冷凍食品も販売。

レンタル品も充実しており、多少の忘れ物があっても大丈夫。

テント関連のレンタルはないので、その点だけ忘れ物がないように注意。

レンタル品料金
カセットコンロ1,000円
小型コンロ
大型コンロ
1,200円
1,650円
鍋(中)
鍋(大)
200円
300円
やかん(中)
やかん(大)
200円
300円
土鍋600円
鉄鍋300円
飯ごう300円
包丁/おたま/まな板/しゃもじ/フライ返し/ピーラー/起し金/ざる/ボール/トング/菜箸/ワインオープナー/栓抜き/缶切り/チャッカマン/おろし器/キッチンハサミ/泡立て器全て100円

家族連れの利用者が多い

芦ノ湖に面しているキャンプ場なので、天気がよければお散歩するだけで気持ちがいい。

キャンプ場のフロントで、レンタサイクル(電動アシスト自転車)も利用可能。

子供用マウンテンバイク(20インチ)も用意されているので、家族でサイクリングが出来る。

出典:芦ノ湖キャンプ村

キャンプ場内には、お風呂もあるので、スッキリ快適にキャンプが楽しめる。

出典:芦ノ湖キャンプ村

③ TINY CAMP VILLAGE(タイニーキャンプヴィレッジ)

【神奈川】5組限定キャンプ場「TINY CAMP VILLAGE」〜4人家族で使った設備や周辺スポット〜 

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが4サイト。

車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

出典:TINY CAMP VILLAGE

設営場所が確保されているので、到着が遅れても安心。

ツールームテントでも、充分な設営スペース。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

各サイトに段差があるので、プライベート感があり、隣のサイトが気にならない。

キャンプ場内の奥側から撮った写真

トイレが綺麗

暖房便座の洋式トイレ。

簡易水洗トイレですが、臭いも虫も少なく、清潔感のあるトイレで安心して使用できる。

売店やレンタル充実

受付周りには食料や調味料、キャンプ場オリジナルグッズが販売。

無料で使えるキッチン用品が豊富なのも「TINY CAMP VILLAGE」の魅力。

おしゃれな食器や調理器具がたくさんあり、手ぶらで来てもいいぐらいの充実度。

電気ケトルやコンロ、ホットサンドメーカー、飯盒なども使用可能。

レンタル出来るテントは、「NORDISK(ノルディスク)」のものが多数。

テントを持っていてもレンタルしたいおしゃれなラインナップ。

「TINY CAMP VILLAGE」なら、思わぬ忘れ物があっても快適なキャンプが出来る。

スライド1.jpg
出典:TINY CAMP VILLAGE

家族連れの利用者が多い

ソロの利用者も多いですが、家族で安心して利用できるキャンプ場。

「JIG HOUSE」という建物内の奥には子供達が遊べるスペースがある。

けん玉やオセロなど、色々な遊び道具が用意されているので、雨キャンプの場合であっても退屈することがない。

「JIG HOUSE」内では、ピザ作り体験も1枚2,000円で出来る。

受付前には、チョークでお絵かきが出来る黒板。

その黒板の横にはぶらんこ。

こじんまりとしたキャンプ場ですが、場内でもに充分に子供たちが楽しめるキャンプ場。

キャンプ場から徒歩3分のところに、名湯百選の七沢温泉「七沢荘」。

お風呂に入って、スッキリ快適にキャンプが楽しめる。

④ ソレイユの丘オートキャンプ場

【神奈川】「ソレイユの丘オートキャンプ場」〜4人家族で使った設備と周辺情報〜

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが10サイト。

区画サイトを選べば、車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

オートキャンプサイトは、「デッキなし」と「デッキあり」の2タイプ。

「デッキなし」は、ツールームテントでも、充分な設営スペース。

「デッキあり」は、ツールームテントなどの大きいテントは、設営出来ないので注意。

トイレが綺麗

管理棟横にある「簡易トイレ」は、我が家的には苦手なタイプ。

「バーベキュー場管理棟」のトイレは、臭いも虫も少なく綺麗なトイレ。

少し離れますが、こちらのトイレを使用するのが、おすすめ。

売店やレンタル充実

売店には、燃料系や乾電池、ガイロープ、ロックアイスや日用品などが販売。

レンタル品も充実しており、多少の忘れ物があっても大丈夫。

「手ぶらキャンプセット」から細々したものまで用意されている。(レンタル品一覧

家族連れの利用者が多い

「ソレイユの丘」にあるキャンプ場なので、朝から晩まで遊び放題。

遊具やイベントなど、充実した施設なので、子供も満足すること間違いなし。

芝滑りも子供たちが夢中になるスポットの1つ。

「ソレイユの丘」の公園内には、お風呂があり、キャンプ場利用者は割引券がもらえる。

お風呂に入って、スッキリ快適にキャンプが楽しめる。

最後に

初めてのファミリーキャンプでは、キャンプ場選びも重要なポイント。

今回は、「初心者&家族連れでも安心のおすすめキャンプ場」ということで、4つのキャンプ場を紹介しました。

  1. ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto camp base)
  2. 芦ノ湖キャンプ村
  3. TINY CAMP VILLAGE(タイニーキャンプヴィレッジ)
  4. ソレイユの丘オートキャンプ場
はやお

初めてのファミリーキャンプの成功に向けて、キャンプ場選びの参考になれば幸いです。

行ったキャンプ場のレポ一覧〜必ず確認する4つのポイントまとめ〜

【10種類】最低限必要なキャンプ道具~初めてのファミリーキャンプに向けて~

キャンプで快適に寝たい!5人家族で70泊した熟睡アイテム【12選】