お買い得情報/

【数量限定】焚火台マクライト(23%OFF・1周年キャンペーン

【9/30まで】Jackery ポタ電1500(20%OFF・特別セール

【9/30チェックインまで】BUBリゾート グランピング(最大5,000円OFF・千葉とく旅キャンペーン)※レビュー記事はこちら

【神奈川】5組限定キャンプ場「TINY CAMP VILLAGE」〜4人家族で使った設備や周辺スポット〜 

はやお

いつも予約が埋まっている5組限定のキャンプ場。子供連れでも楽しめるキャンプ場なのかな…

そんな期待や不安もあって利用したキャンプ場。

実際に行ってみたら、家族連れの利用者も多く、子供たちも楽しめるキャンプ場。

区画サイトも広々していて、ファミリーサイズのテントもゆったり設営。

今回は「TINY CAMP VILLAGE(タイニーキャンプヴィレッジ)」について、4人家族で使った設備や周辺スポットを紹介したいと思います。

基本情報

TINY CAMP VILLAGE(タイニーキャンプヴィレッジ)

所在地神奈川県厚木市七沢1854
予約ネット予約(ホームページ
キャンセル7日前からキャンセル料発生
※悪天候は前日キャンセル料無料
イン/アウト12時〜/〜11時
アーリー/レイトなし
サイト区画サイト
トイレ洋式トイレ
炊事場屋根付き、お湯なし
お風呂徒歩3分で入浴施設
ゴミゴミ捨て不可
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

1日目

「七沢荘」を目指して

当日に急遽決まったキャンプだったので、急いで準備をして出発。

キャンプ場から事前に連絡のあった通り、「七沢荘」をナビにセットしてキャンプ場へ。

進んでいくと、キャンプ場の小さな看板(七沢荘の看板の下)。

その後も曲がり角に、小さな看板が出てくるので、看板に従ってキャンプ場へ。

チェックイン

チェックインは12時から可能ですが、当日は14時頃に到着。

キャンプ場の入口まで、車で入っていくとスタッフの方がお出迎え。

車を降りずに、そのまま指定のサイトへ移動。

地面がコンクリートになっているところが駐車スペース。

サイトは10m×8mくらいとの話でしたが、実際にはそれよりも大きく感じる広々スペース。

車を停めたら、場内説明などのチェックイン手続き。

ひと通りの説明を受けて、1泊代金の5,500円(3名×1,500円+駐車場料金1,000円)をお支払い。

受付にはTシャツや調味料などの販売、持ち出しOKのキャンプ雑誌や絵本が沢山。

テント設営/アポロンTC

チェックイン手続きが終わったら、テント設営。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

購入時にかなり迷ったベアボーンズの3連ランタンも今では我が家の定番。

見た目のおしゃれ感に加えて、想像以上の明るさがあり、リビングスペースの明かりはこれだけで充分。

おしゃれキャンプに憧れて「エジソンストリングライトLED」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

場内サイト

区画サイト

テント設営が終わって少しゆっくりしたら、キャンプ場内をお散歩。

スライド3.jpg
出典:TINY CAMP VILLAGE

場内は受付から奥に行くにつれて、緩い登り坂。

片側に5サイトが並んでいますが、各サイトに段差があるので、隣のサイトが気になることなく、ゆっくり過ごすことが出来る。

キャンプ場内の奥から撮った写真

1番奥には存在感のあるキャンピングトレーラーのエアストリーム。

サイトの後ろ側には、ちょっとした川が流れる。

奥の3番〜5番サイトの向かいには電気柵。

上部のみが電気柵になっているようですが、子供たちには触らないようにしっかり注意。

JIG HOUSE

「JIG HOUSE」の前には水場が設置されており、お湯は出ないタイプ。

「JIG HOUSE」の中には、無料レンタルできるおしゃれな食器や調理器具がいっぱい。

電気ケトルやコンロなども使用可能。

その他にも色々揃っているので、多少の忘れ物があっても問題なし。

レンタルテントは「NORDISK(ノルディスク)」のものが多数。

アスガルド 、アルフェイム、ユドゥンなど、おしゃれなテントが揃っている。

はやお

なかなか「NORDISK」のテントを使える機会もないので、テントを持っていてもレンタルしたいラインナップ。

中央には作業台、奥には子供達が遊べるスペース。

けん玉やオセロなどの遊び道具が色々。

我が家の子供たちも夢中で、1時間ほど「JIG HOUSE」に滞在。

今回は利用しませんでしたが、ピザ作りも1枚2,000円(ピザ生地・トッピング・ピザ釜・薪代含む)で体験可能。

薪と炭

薪(広葉樹)は、1束500円で良心価格。

CB缶は200円、炭1袋は700円。

薪はちょっと小ぶりな1束に見えましたが、ズッシリと火持ちの良い広葉樹の薪。

すぐに燃え尽きることなく、長い時間ゆっくり焚き火を楽しめる。

当日は焚き火台を使いましたが、直火OKのキャンプ場。

【BBQ・焚き火台】ファイアグリル〜4年使って感じた6つの特徴と注意点〜

お絵かき/ぶらんこ/おみくじ

受付前にある黒板は、チョークでお絵かきが出来るスペース(無料)。

その黒板の横にはぶらんこ。

ペン立てにもなる1つ300円の「TENT MIKUJI」。

トイレ/お風呂

トイレ

トイレは男女1つずつ。

洋式タイプの暖房便座。

簡易水洗トイレですが、嫌な臭いも虫も少なく、清潔感のあるトイレ。

お風呂

キャンプ場内にはシャワーやお風呂はありませんが、徒歩3分で、名湯百選の七沢温泉「七沢荘」。

テントでゆっくり

夜ご飯

テントに戻ったら夜ご飯。

スーパーのお惣菜をシェラカップに移し替えただけ。

子供達のデザートはスイカ。

大人は商品名に惹かれて買った「世にもおいしいチョコブラウニー」。

食後の時間

食後はトランプをしたり、焚き火をしたり、スーパーバルーン。

シャボン玉のように膨らんで、手で持っても割れにくいスーパーバルーンは子供たちにも好評。

2日目

朝ごはん

朝ごはんはパンケーキ。

パンケーキを焼いて、市販のホイップとチョコソースをかけただけ。

前回のキャンプに続き、頂き物の牛タン。

ふるさと納税で「millio鍛造フライパン」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

チェックアウトに向けて

曇りの天気予報だったのですが、夜中から朝までどしゃ降りの雨。

チェックアウトの11時に向けて片付けを進めていると、急に晴れ模様。

雨上がりのテントにはカエル。

セミの抜け殻。

完全な乾燥撤収は出来ませんでしたが、ギリギリまで乾燥。

ゴミは基本持ち帰りで、チェックアウト。

昼ごはん/ZUND-BAR

チェックアウト後は、キャンプ場から徒歩5分の「ZUND-BAR」。

せっかく近くまできたので、アイスクリームを買って帰ろうかと思って伺うと、店前にテイクアウト可能との看板を発見。

つけ麺やご飯ものがテイクアウト出来るようだったので、色々買って車内でランチ。

つけ麺の柚子露(大盛り)。

炙りコロチャーシュー飯。

肉ごはん。

よだれ鶏ごはん。

WILD-1厚木店

昼ごはんが済んだら、「WILD-1厚木店」。

友人へのプレゼントをお買い物して、今回の1泊2日のキャンプも終了。

最後に

キャンプ場の名前の通り、小さなこじんまりしたキャンプ場でしたが、その場内には魅力がいっぱい。

広々とした区画サイトで、子供達が楽しめるスペースもあり、ファミリーキャンプにもおすすめのキャンプ場。

近隣には人気のラーメン屋さん、七沢温泉、アスレチック、アウトドアショップがあり、立地も最高。

いつも予約が埋まっていて、なかなか予約の取れないキャンプ場ですが、数日前のキャンセル待ちも狙い目です。

以上、「TINY CAMP VILLAGE」について、4人家族で使った設備や周辺スポットの紹介でした。