#36 いこいの森 RECAMPおだわらはファミキャンにおすすめ! 〜買い出しやトイレなどの設備情報も紹介〜

「わんぱくらんど」が隣接しているので、子供がしっかり遊べるキャンプ場として、以前から気になっていた「いこいの森キャンプ場」。

それが「いこいの森 RECAMP おだわら」として2020年6月にリニューアルオープン

そんなわけで今回は「いこいの森 RECAMP おだわら」に行ってきました。

住所:神奈川県小田原市久野4294-1

買い出し

当日、キャンプ場のチェックインは14時〜。

もう少し早くチェックインが出来ないかと思って、キャンプ場に問い合わせてみましたが、アーリーチェックインは指定日以外は受け付けていないそうで、当日は対象外。

チェックイン前にキャンプ場に隣接している「小田原こどもの森わんぱくらんど」や「フォレストアドベンチャー小田原」で遊ぶことも考えましたが…

今回は天気も良くなさそうだったので、ゆっくり準備や買い出しをしていくことに。

買い出し① 魚屋さん

まず向かったのは、小田原駅前エリアにある「魚國商店」。

手巻き寿司をしたい!と子供からのリクエストがあったので、美味しいお魚を求めて伺ったのですが、まさかの定休日…

小田原魚市場で毎朝鮮魚を仕入れているお店で、とても期待していただけに残念。

もう少し下調べすべきだったと後悔…

買い出し② パン屋さん

ただせっかく小田原駅前エリアに来たので、そこから歩いていける人気のパン屋さん「守屋製パン店」へ。

お店前には10人くらいの行列。

沢山のメニューがありましたが、子供達にはコッペパン。

パンにつけるものを選ぶことが出来るのですが、子供達は迷うことなくチョコレートを選択。

ぎっしりチョコレートが入っていて、子供達も大喜び。

それなりにボリュームもありましたが、1人1個完食で、その後爆睡してました。

買い出し③ スーパー

その後、購入出来なかった手巻き寿司の具材やその他諸々はスーパー「ロピア」で調達。

お肉もお魚も安くていいものが揃っているので、買い出しはとりあえずここに来れば間違いないと思います。

買い出し④ スイーツ

まだチェックイン時間まで余裕がありそうだったので、デザートを求めて「一夜城 ヨロイヅカファーム」へ。

ここは何度か来たことがあって、ケーキもパンも景色も素敵な我が家のお気に入りスポット。

今回は生憎の天気でしたが、それでも素敵な景色でした。

デザートを購入したら、いよいよキャンプ場へ。

いこいの森 RECAMPおだわら

受付

キャンプ場には13時30分頃に到着。

チェックイン開始は14時〜ですが、事前に問い合わせをしたときに、13時過ぎから空いていればいいですよ!との話だったので、管理棟に行ってみることに。

受付場所に行くと、チェックインですか?と聞かれて自然にチェックイン手続きがスタート。

既に5〜6組がチェックインをして、テント設営をしていたので、そのあたりは少し緩いのかもしれません。

今回の林間オートサイト1泊代金は9,000円。

小田原市民料金が別途設定されており、当日は7,500円で、1,500円程の割引があるようでした。

料金は事前決済で支払済みだったので、指定のサイトへ。

林間オートサイト

キャンプ場入口エリアにある林間オートサイト(1〜20)。

いずれのサイトも10m×10m以上の広さがありそうで、今回利用した18番サイトもマップ上は縦長ですが、正方形のサイトでした。

地面は大きめの砂利で水はけは良好。

ただ道路から入ってすぐのキャンプ場入口エリアなので、車が通る音が聞こえたり、林間サイトというよりは、駐車場を区画にしたような雰囲気がありました。

テント設営

車とテントのスペースを決めたら設営開始。

テントは前回のキャンプに続きアポロンTC。

#35 芦ノ湖キャンプ村でアポロンTC初設営 〜買い出しやトイレなどの設備情報も紹介〜

前回の初設営時に比べて、生地が若干伸びているのか、全体的にポールも入れやすく、スムーズに設営出来るようになってきました。

今回、初使用のレンジガードもフィールドラックとSOTOのツーバーナーと丁度いいサイズ感で安心。

これでテントへの油はねも軽減出来そうです。

イワタニ(Iwatani)
¥2,500 (2020/09/28 03:30:26時点 Amazon調べ-詳細)

CB缶横刺しのSOTOツーバーナー「レギュレーター2バーナーGRID」〜1年使用して感じた5つの特徴と注意点〜

おやつタイム

設営が終わったら15時近くなってきたので、早速おやつタイム。

やっぱりヨロイヅカのケーキは美味しい!

ケーキを食べたらキャンプ場内をお散歩。

管理棟

管理棟では薪1束、炭1袋を800円で販売。

ちょっとした日用品もありました。

炊事場

広々スペースの炊事場。

お湯は出ないタイプでしたが、洗剤が設置されていました。

トイレ

林間オートサイトから1番近いトイレ。

扉があるので虫も少なく、清潔感もまずまず。

リニューアルオープンで、トイレなどの設備が新しくなっているかも?と少し期待して伺いましたが、新しくなっている様子はありませんでした。

男トイレは和式のみ。

女トイレには洋式が1つ(和式3つ)。

管理棟横にも男女1つずつトイレ。

こちらは男トイレにも洋式があり、暖房便座。

バンガロー

キャンプ場中央に位置する「よせぎバンガロー」。

車は横付け出来ませんが、目の前が駐車場エリア。

体験交流センター

そこから階段を下っていくと、きつつき橋。

橋を渡ったところにBBQサイトや体験交流センターがあります。

今回は利用しませんでしたが、体験交流センターでは木工キットやワークショップが楽しめるようです。

川遊び

天気が良ければ川で遊んだり出来るかな?と思っていましたが、当日は川の流れも早く、子供達を遊ばせるにはちょっと心配なレベル

川の流れる音も当日は結構激しいものがありました。

リバーサイト&常設テントエリア

川を下っていく方向には、リバーサイトと手ぶらでキャンプの常設テントエリア。

車が横付け出来ないサイトで、駐車場からこの階段を上り下りして荷物を運ぶ必要があるので、荷物は最小限にまとめておきたいところ。

段差があるのでキャリーワゴンなどの利用も難しそうです。

グランピング

1番奥にはグランピングエリア。

利用されている方がいたので、近づけませんでしたが、遠目からでもかなり存在感のある巨大テント「グロッケ24」が設営されていました。

キャンプ場内を一通り回ったら、テントに戻ってゆっくりタイム。

ゆっくりタイム

焚き火をしたり、トランプをしたり。

最近は7並べやババ抜きで、普通に子供たちに勝てなくなってきました。

夜ご飯は子供達からリクエストのあった手巻き寿司。

とりあえず子供たちが好きそうな具材を一通り。

夜はキャンプ場のスタッフの方が定期的に見回りをされていて、安心して就寝出来ました。

2日目

2日目の朝食は昨日「一夜城 ヨロイヅカファーム」で買ったパン。

保管状況が悪くて、ぺちゃんこだけど、めっちゃ美味しい。

それと昨日の残り物と頂き物の牛タン。

朝から焼きマシュマロも。

朝ごはんが終わったら、少し片付けをして「小田原こどもの森わんぱくらんど」方面へ。

わんぱくランド

キャンプ場入口にある歩道橋を渡ったところが、わんぱくランドの駐車場。(徒歩1分)

駐車場に隣接するように「フォレストアドベンチャー小田原」があり、受付で話を聞いてみると、10分後に空きがあったので参加することに。

今回は90cm以上から遊べるキッズコース。

子供2名料金、手袋代込みで4,600円。大人の付き添いは無料でした。

スタッフの方にヘルメットなど装着してもらって、準備完了。

5組くらいが1グループで、1つのコースを楽しむ感じでした。

途中で怖くてやりたくない…と言い出すんじゃないか心配していましたが、3歳の次女も楽しみながら次々にステージをクリア

ボルダリングエリアも問題なし。

45分間遊び放題のコースでしたが、最初に遊び方の説明があるので、遊ぶ時間は実質30分くらいでした。

遊び終わったらテントに戻って、片付けをしてチェックアウト。

最後に…

リニューアルオープンということで、トイレなどの設備が新しくなっているのでは?と勝手に期待していたのですが、清潔感はあるものの、以前から変わりはなさそうでした。

ただ「小田原こどもの森わんぱくらんど」や「フォレストアドベンチャー小田原」が隣接している立地は、子供が喜ぶこと間違いなし

今回のキャンプは子供達の満足度も高く、ファミリーキャンプが楽しめるキャンプ場だと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ