【予約不要】青野原オートキャンプ場〜7つの魅力と注意点・混雑状況&場所取り〜

はやお

青野原オートキャンプ場ってどんなキャンプ場なんだろう…

行く前に注意点や周辺情報を知っておきたい!

今回は「青野原オートキャンプ場」を利用して感じた7つの魅力と注意点・周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

営業情報(テントサイト)

所在地神奈川県相模原市緑区青野原918-1
営業期間通年
(年末年始休業あり)
チェックイン8時〜17時
※冬期(11月〜3月)は9時〜
チェックアウト15時まで
アーリー
チェックイン
なし
予約方法予約不要
キャンセル料
はやお

車でキャンプに行くなら、日本自動車連盟(JAF) に入っておくと安心です。

我が家もバッテリー上がりで、何度かお世話になっています。

サイト・設備

サイト種類A〜Fサイト
全面フリーサイト
車の横付け
トイレ洋式・暖房便座
炊事場冷水のみ・洗剤なし
シャワー24時間利用可能
6室(有料:3分200円)
シャンプー類なし・ドライヤーなし
お風呂なし
ゴミ捨て不可
灰捨て場はあります
遊具マスつかみ取り
(4月下旬~10月上旬)
目の前に道志川(川遊び)
売店8時(冬は9時)〜17時
薪、炭 、氷、ジュース、アルコール類 、アイスクリーム、自動販売機、水遊び用の浮き輪、ミニボート等
レンタル品なし

ルール・禁止事項

消灯時間特になし
焚き火直火×
手持ち花火
ペット
禁止事項夜間入場
大騒ぎ、音楽
打ち上げ花火
アイドリング
発電機の使用

7つの魅力

魅力① 予約不要で利用できる

予約受付はなく、当日の現地受付で利用できるキャンプ場。

子供が直前で体調を崩して行けなくなっても、キャンセル料が発生しないので、気軽に計画を立てやすいキャンプ場です。

はやお

狙っていたキャンプ場の予約が取れなかったとき、急遽予定が空いたときなどにも使い勝手の良さがあります

ただ大混雑するお花見シーズンは注意。

場内満車となっていて、テントを張るスペースがなく、利用できない場合もあります。

魅力② 長時間滞在できる

8時(冬は9時)チェックイン、15時チェックアウトで、滞在時間は30〜31時間。

1泊2日キャンプでも、ゆっくり過ごすことができるのは大きな魅力。

15時チェックアウトなので、しっかり乾燥撤収も可能。

帰宅後、面倒なテント乾燥作業も省けます。

はやお

午前中の用事が終わってから、キャンプ場に向かってもゆっくり過ごせます

魅力③ 桜の木の下でお花見キャンプ

桜の木の下で、お花見キャンプができるキャンプ場。

1番人気のお花見スポットは、入り口付近のB・Cサイト。

B・Cサイト入り口付近

左の道志川沿いが1番人気、その向かい側が2番人気といったところ。

道志川から見たCサイトの風景。

Cサイト(D・Eサイト入り口付近)

奥の方に行くに連れて、桜の木は減っていき、Cサイトの奥の方は河津桜。

D・Eサイト

D・Eサイトまで行くと、ほとんど桜の木はありません。

Fサイト

一番奥のエリアで、こちらも桜の木はありません。

クローズしている時期もありますが、比較的空いているエリアです。

新戸キャンプ場

対岸に見えるのが、新戸キャンプ場。

道志川沿いのサイトを確保すれば、遠目にお花見気分を味わえるかもしれません。

魅力④ 道志川で川遊び・釣り

場内に遊具はありませんが、目の前には道志川。

ゴツゴツした道を歩いたり、石を積んだり、投げてみたり、川遊びができます。

はやお

転びやすいので、絆創膏を持参しておくと安心です

お砂場セットで、オタマジャクシすくいに夢中な子供たち。

魅力⑤ 秋は紅葉が楽しめる

秋は紅葉が楽しめるキャンプ場。

出典:青野原オートキャンプ場

色とりどりの紅葉に囲まれながらのキャンプも格別です。

橋の手前:青野原野呂ロッジキャンプ 奥:青野原オートキャンプ場

魅力⑥ 清潔なトイレ

まだまだ新しい建物で、綺麗なトイレ。

Bサイトのトイレ

嫌な臭いもなく、暖房便座の洋式タイプで、安心して利用できます。

はやお

トイレ入口に扉がないので、虫の多い時期は気になるかもしれません

Aサイトのトイレも同様に清潔感あり。

こちらのトイレは台数も多く、ゆっくり利用できます。

魅力⑦ 薪の品質・コスパ良し

薪は広葉樹で、国産・外国産の2種類を販売。

しっかり乾燥していて、爆ぜることが少ない良質な薪。

国産の薪は、1束700円です。

はやお

夜に追加購入は出来ないので、17時までに売店で必要分を購入しておきましょう

売店では、ちょっとした食料やお菓子、日用品、遊びグッズなども販売。

アイスや飲み物の自販機は24時間利用可能です。

4つの注意点

注意点① 場所取りが大変

特にお花見シーズンは大混雑。

平日であっても満車状態となることが多く、なかでも桜の木の下ポジションは激しい争奪戦。

はやお

撤収される方の後を巡って、揉めている様子を見かけたこともあります…

お片付けをしている方に声をかけて、その後を譲ってもらうお約束。

近くに車を停めて、遊びながら待機…といった光景を多く見かけます。

はやお

チェックアウトの15時前も空きが出やすいタイミングです

受付時間外の17時〜8時(冬は9時)に入場する方も多数。

そもそも夜間入場は禁止されていますが、キャンプ場の方が朝見回りをして、2泊分の料金を徴収されていました。

はやお

夜中や早朝でも砂利道を走る音が聞こえるので、入り口側のB・Cサイトは少し落ち着かないかもしれません

注意点② お風呂がない

場内にお風呂はなく、シャワーのみ。(24時間利用可能・3分200円)

6室あるシャワールームは、前室スペースがしっかりあるので、子供連れでも利用しやすさがあります。

はやお

シャンプー類、ドライヤーはないので利用の際は注意です

注意点③ 蛇口からお湯が出ない

炊事場はお湯が出ないので、洗い物は冷水。

特に冬場の冷水は辛いので、防寒手袋があると洗い物も苦になりません。

はやお

洗剤やスポンジの持参も忘れずに!

キャンプ場で再度、利用しない食器や調理道具は、持ち帰ってから洗い物。

冷水では油汚れをしっかり落とせないので、洗わず持ち帰って、お湯で洗うのがお勧め。

サッと汚れを拭き取るなら、エコクリーナー。

油をしっかり落とせるので、お湯の出ないキャンプ場で活躍します。

注意点④ ゴミは持ち帰り

ゴミは全て持ち帰り。

厚手のゴミ袋を用意しておくと、帰りの車中も安心です。

焚き火の灰は、灰捨て場に捨てることができます。

おすすめ周辺スポット

コンビニ・スーパー

セブンイレブン 津久井青野原店

キャンプ場から最寄りのコンビニ「セブンイレブン 津久井青野原店」

所在地神奈川県相模原市緑区青野原 3272-1
営業時間24時間
定休日なし

スーパー マルエツ 三ヶ木店

キャンプ場から最寄りのスーパー「スーパー マルエツ 三ヶ木店

チェックイン時間によっては、開店時間に注意です。

所在地神奈川県相模原市緑区三ヶ木 363-1
営業時間9時〜21時
定休日なし

フレサ相模湖店

バーベキューやキャンプ向けの食材や備品が揃う「フレサ相模湖店

所在地神奈川県相模原市緑区寸沢嵐933-1
営業時間10時〜22時
※土・日のみ9:30開店
※営業時間短縮中につき21:00閉店
定休日なし

アウトドアショップ

キャンプ&クラフト

アウトドアショップ「キャンプ&クラフト

土曜日は早朝から営業しているので、キャンプ場行く前に立ち寄れます。

出典:キャンプ&クラフト
所在地神奈川県相模原市緑区三ケ木 300-2
営業時間7時〜17時(土)
9時〜17時(日)
12時〜17時(月〜金)
定休日木曜日

お風呂・温泉

いやしの湯・緑の休暇村センター

青根キャンプ場に隣接する「いやしの湯・緑の休暇村センター

所在地神奈川県相模原市緑区青根 807-2
営業時間10時〜21時(3月〜12月)
10時〜20時(1月〜2月)
※入館は終了時刻の30分前まで
定休日火曜日
(火曜が祝日の場合は翌日)
その他おむつの子供はベビーバスを利用

さがみ湖温泉うるり

さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト内にある「さがみ湖温泉うるり

建物内にはお食事処もあり、ゆっくり過ごせます。

所在地神奈川県相模原市緑区若柳1634 さがみ湖リゾート内
営業時間営業カレンダー
定休日不定期
その他おむつの子供はベビーバスを利用

観光・レジャースポット

服部牧場

乳搾り体験、バター作り体験、餌やり体験など、動物と触れ合って楽しめる「服部牧場

予約をして伺うのもいいですが、無料スペースだけでも十分に楽しめます。

施設内には大きな乗り物が沢山あり、それだけで子供たちは大興奮。

美味しいウインナーのホットドッグ、アイスクリームも楽しめます。

所在地神奈川県愛甲郡愛川町半原6087
営業時間10時〜17時
定休日11月~2月は金曜定休 (祝日除く)

グルメ

オギノパン本社工場に併設の「オギノパン 本社工場直売店

出典:オギノパン

子供が喜ぶお菓子パン、揚げパン等もたくさん販売されています。

所在地神奈川県相模原市緑区長竹2841
営業時間9:30~17:30(9月〜3月)
9:30~18:00(4月~8月)
定休日なし

最後に

予約不要で、1泊2日でもゆっくり過ごせるキャンプ場。

場内に遊具はありませんが、目の前の道志川で子供たちは十分満足。

季節ごとに様々な魅力があり、子供も大人も満足度が高く、我が家もリピートして利用させて頂いています。

混雑時期の利用は、予約不要で利用可能な他キャンプ場(青根キャンプ場や道志の森キャンプ場など)への切り替えも考えつつ、キャンプ場に向かってみるのが良いかもしれません。

以上、「青野原オートキャンプ場」を利用して感じた7つの魅力と注意点・周辺情報の紹介でした。