【千葉】かずさオートキャンプ場〜5人家族で使った設備やプレイスポット〜

はやお

ヤギの餌あげは、子供たちも喜びそう!

区画サイトは選べるのかな、どこがいいんだろう…

そんなわけで、キャンプ決行の前日に電話予約。

区画サイトは希望を聞かれましたが、キャンプ場の方にオススメしてもらったところで決定。

今回は「かずさオートキャンプ場」について、5人家族(@hayao12345)で使った設備やプレイスポットを紹介したいと思います。

基本情報

かずさオートキャンプ場

所在地千葉県君津市向郷766-1
営業期間通年
予約電話
キャンセルキャンセル料なし
※予約金なしの場合
イン/アウト13時〜/〜11時
サイト区画サイト(オート)
トイレ洋式トイレ
炊事場一部の炊事場で温水あり
※温水は12月末〜2月末の期間のみ
お風呂シャワー(無料)
ゴミゴミ捨て可(無料)
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

チェックイン前

買い出し&下準備

当日は午前中に仕事があったので、前日にお楽しみ食材の買い出し。

当日の午前中は、子供たちは家で夕飯の下準備。

肉のトヨシマ(豊島精肉店)

仕事が終わったら、「肉のトヨシマ」の揚げ物で空腹を満たしつつ、キャンプ場へ。

揚げ物などの惣菜も充実で、キャンプ場から約7分のお肉屋さん。

チェックイン手続き

通常13時からチェックイン可能ですが、到着したのは15時頃。

場内に入ったら、受付前に車を停めてチェックイン手続き。

簡単な場内説明を受けて、1泊代金5,500円(電源なしサイト)をお支払い。

売店の販売品

受付横にある売店の販売品は写真の通り。

営業時間が17時までなので、夜に向けて買い忘れがないように注意が必要。

薪は1カゴ700円、炭は500〜600円で販売。

チェックイン後

場内MAP

場内には100以上の区画サイトがあり、電源サイトも多数。

チェックイン手続きが終わったら、予約していた「29番サイト」へ。

はやお

子供がいるならトイレが近い方がいいよね?とキャンプ場の方が29番サイトをオススメしてくれました

テント設営(29番サイト)

サイトに到着したら、車を停めてテント設営。

だいたい場内の区画サイトは10m×10mくらいあるので、テントを設営しても広々スペース。

プリムス(PRIMUS)
¥125,800 (2022/05/17 18:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

焚き火台をテント前に出すと、自ら動き出し、せっせと焚き火準備を開始。

草サイト・新サイト

MAP左側の草サイト、新サイトは、木々もなく広場のような空間。

奥の方にはヤギがいるので、子供たちは喜びそう。

紙コップに入ったヤギのエサは1カップ50円。

60番・70番・80番サイト

MAP上側の60番・70番・80番サイト方面は、自噴井戸による地下水が利用しやすいエリア。

「平成の名水百選」に選出された「生きた水・久留里」。

せっかくキャンプ場に来たからには、調理やコーヒーなどで楽しみたい。

場内設備

トイレ

テント設営が終わったら、少し場内をお散歩。

トイレは、嫌なにおいもなく、清潔感のある洋式トイレ。

炊事場

炊事場は屋根付きで、お湯はなし。

炭や灰捨て場近くの炊事場はお湯ありでしたが、期間限定。

シャワー室

お風呂はありませんが、シャワーは無料で利用可能。

前室付きで清潔感のあるシャワールームは、家族でも利用しやすい。

はやお

利用時間(16時〜21時)とシャンプ等の持参忘れには注意です

お風呂に入りたい場合には、近隣施設の「大江戸温泉物語」。

キャンプ場周辺には、その他施設も充実。

釣り堀

鯉やフナ釣りが楽しめる釣り堀は、500円で利用可能。

スライム遊び

場内をひと通りお散歩したら、テント前でスライム作り。

それぞれ好みの色とラメやビーズを入れて、少し置いておけば伸び〜るスライムの完成。

夜ごはん

スライム作りが終わったら、夜ごはんのカレー準備。

カットしてきた野菜を投入するだけなので、あっという間。

ご飯は、サトウのごはんを湯煎。

お皿代わりにもなって、洗い物が減るので最近は出番多め。

【最強】KOVEA・アルパインマスター〜使って感じた4つの特徴と注意点〜

食後には、定番の焼きマシュマロ。

食後〜寝るまで

その後は、謎の薪遊びで、ひと盛り上がり。

はやお

よくキャンプで何をするの?と聞かれますが、だいたいこんな感じで適当に盛り上がってます

末っ子は、隙間からのゴールゼロ落としに夢中。

【LEDランタン】ゴールゼロ「LIGHTHOUSE microFLASH」~5つの特徴と注意点~

子供たちが寝たら、大人のお楽しみタイム。

クーラーボックスからガツ刺し、ローストビーフを出して乾杯。

ホットサンドで朝ごはん

翌朝は、ホットサンド作りを子供たちにお任せ。

具材は子供たちの好きなチョコバナナ。

ヤギに餌あげ体験

ご飯が終わったら、テントを片付けてヤギに餌あげ体験。

ボスヤギが皆んなのエサを横取りするので、エサをあげている隙に、その他のヤギに頑張ってエサあげ。

その後はチェックアウトの11時まで、場内をお散歩。

空きがあれば、デイキャンプ料金の半額でアーリーもレイトも出来る。

最後にゴミを捨ててチェックアウト。

チェックアウト後

いちご狩り・ogawa grandlodge farm

チェックアウト後に向かったのは、いちご狩り。

かずさオートキャンプ場近くにもありましたが、今回はキャンプ場建設中の下見も兼ねて「ogawa grandlodgefarm」へ。

3種類のイチゴを30分間お腹いっぱいになるまで食べまくる。

更に山盛りにしたイチゴを4パック持ちかえり。

家に帰って冷やして食べるのも、また美味しい。

最後に

都内からのアクセスも良く、比較的予約も取りやすいかずさオートキャンプ場。

想像以上に大きなキャンプ場で、区画も広々としており、ゆったり過ごせました。

プレイスポットも充実しており、子供たちも満足するキャンプ場だと思います。

以上、「かずさオートキャンプ場」について、5人家族(@hayao12345)で使った設備やプレイスポットの紹介でした。

キャンプ場選びには、こちらの「まとめ記事」も参考にどうぞ⬇

行ったキャンプ場のレポまとめ(神奈川・千葉・山梨・静岡)