【静岡】FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD〜5人家族で使った設備や周辺情報〜

はやお

2020年にリニューアルされたキャンプ場なので、トイレ等の設備の清潔感に期待!

区画サイトが狭い口コミがあったけど大丈夫かな…

そんな期待や不安もあって利用したキャンプ場。

実際に行ってみたら、とても清潔感のあるキャンプ場で、区画サイトは2ルームのテントなら問題ないサイズ感。

アットホームでリピートしたくなるキャンプ場でした。

今回は、「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」について、5人家族で使った設備や周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD

所在地静岡県富士宮市猪之頭2131-4
営業期間通年営業
予約なっぷ
キャンセルキャンセル料なし
イン/アウト13時〜/〜12時
アーリー/レイト要相談
サイト区画サイト
トイレ洋式トイレ
炊事場屋根付き、お湯あり
お風呂シャワーのみ
ゴミ可(1袋200円)
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

1日目

買い出し/肉の桑原

当日の午前中は、子供の運動会。

子供の出番が終わったところで、「なっぷ」を見ると、空きが出ていたのでネット予約。

帰ったら、急いで準備をして、お昼ごはんを食べながらキャンプ場へ。

ある程度、キャンプ場に近づいたところで、食べ物飲み物の調達。

「スシロー富士宮店」、「肉の桑原」、「ウエルシア富士宮宮原店」と順番に買い出し。

「肉の桑原」は地元のお客さんで賑わうお店。

馬刺し、焼豚、牛タンなどを購入。

はやお

11時OPENなので、キャンプ場のチェックイン時間によっては注意。

チェックイン/16時前に到着

買い出しが終わって、キャンプ場に着いたのは16時前。

受付で、1泊2日代金を支払って、場内の簡単な説明を受けてチェックイン。

今回、案内されたのはBサイトの7番。

テント設営/2ルームテントも問題なし

指定のサイトに着いたら、ササっと設営。

今回、持ってきたアポロンTCも問題なく入る区画サイズでひと安心。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

はやお

その他の区画サイトもツールームテントであれば、ほとんど問題なさそうなサイズ感。

Bサイト

こちらがBサイトの川沿い区画サイト。

2ルームテントサイズは問題なしですが、+タープは厳しそう。

Bサイトの反対側も同様。

入り口から奥側に緩い坂道になっていて、各サイトのプライベート空間もいい感じに保たれている。

Aサイト

Aサイトも色々ですが、2ルームサイズのテントを設営されている方が当日も多数。

設備確認/トイレ・炊事場・シャワー

設営が終わったら、サクッと設備の確認。

まずはトイレ確認ですが、清潔感のあるトイレで言うことなし。

上:Bサイト 下:Aサイト

炊事場や屋根付きで、お湯の出る蛇口あり。

蛇口から出るお水は、富士山の湧き水なので、コーヒーやご飯を炊くのにも最適。

シャワー室も綺麗で、3分100円で利用可能。

最後に受付に寄って、薪を購入。

ボリュームのある1束ですが、500円という良心価格。

夜は焚き火をしながら

設備をざっくり確認して、テントに戻ったら夜ごはん。

運動会を頑張った長女のリクエストで、今晩はスシローのお寿司。

食後には、焼きマシュマロ。

その後は、ダラダラ焚き火を楽しむ。

夜が楽しい!サンゾクマウンテン(山賊山)〜使っている5つの道具と購入方法〜

持ってきた折り紙で遊んだり、会話を楽しむ。

次女作のハリネズミ

子供たちが寝たら、馬刺しの登場。

はやお

「肉の桑原」の馬刺しオススメです

続いて厚切りカットしてもらった牛タン。

色々食べて飲んで満たされたら、1日目は終了。

可愛らしくて実用的!鉄のフライパン(河原崎 貴)〜使って感じた5つの特徴と注意点〜

キャンプで快適に寝たい!5人家族で70泊した熟睡アイテム【12選】

2日目

朝ごはん/場内お散歩

朝起きたら、焚き火をしながら朝ごはん。

朝ごはんは、チャーシュー乗せのカップ麺。

食後には、みたらし団子。

今回は何も作らず、手抜きご飯。

食べ終わったら、川沿いをお散歩。

見つけたバッタに興味津々。

湧き水探検タイムスリップトレッキング

9時半になったら、「湧き水探検タイムスリップトレッキング」に参加。

キャンプ場の方の解説を聞きながら、セラビの泉を目指して自然を楽しむコース。

はやお

所要時間は40分程度ですが、歩く距離はそんなにないので、小さな子供の参加も全然問題なし

おかめ納豆の顔に似た大きな岩。(源太郎岩)

木に巻きつく藤の蔓は、なかなかの迫力。

湧き出る富士山の雪解け水など、大自然を満喫。

お片づけ/チェックアウト

テントに戻ったら、子供たちと遊びながら、お片付け。

通常は12時チェックアウトですが、キャンプ場の方のお言葉に甘えてゆっくり滞在。

はやお

おかげで、しっかりとテントの乾燥撤収が出来ました

最後にゴミを捨ててチェックアウト。

ビン・乾電池はゴミ捨て負荷なので、持ち帰り。

チェックアウト後は、お店で焼肉ランチ。

この炎を見て、ソロストーブみたいだね!などとキャンプ沼トークをして、今回の1泊2日キャンプも終了。

Solo Stove(ソロ ストーブ)
¥36,300 (2021/12/06 03:12:34時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は運動会後の利用で、遅めのチェックインとなりましたが、キャンプ場の方の配慮もあって、ゆっくりのんびりと出来た1泊2日キャンプ。

リニューアルされた設備は清潔感があり、川のせせらぎやキャンプ場の方のアットホームな雰囲気もあって、場内はとても居心地の良い空間。

またリピート利用したくなる素敵なキャンプ場でした。

以上、「FUJIYAMA泉の森CAMPING FIELD」について、5人家族で使った設備や周辺情報の紹介でした。