【静岡】初キャンプにおすすめ!初心者&家族連れでも安心のキャンプ場<3選>

はやお

なんとか初キャンプを成功させたい!静岡で、いいキャンプ場ないかな…

初めてのファミリーキャンプでは、キャンプ場選びも重要なポイント。

今回は、5つのポイント満たした「初心者&家族連れでも安心のおすすめキャンプ場<静岡・3選>」を紹介したいと思います。

  1. オートキャンプ
  2. 区画サイト
  3. トイレが綺麗
  4. 売店やレンタル充実
  5. 家族連れの利用者が多い

① 竜洋海洋公園オートキャンプ場

【静岡】「竜洋海洋公園オートキャンプ場」で年越しキャンプ〜4泊5日で使った設備と周辺情報〜

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが39サイト。

車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

10m×10m(駐車スペース3m×6m)の広さがあるので、ツールームテントでも、充分な設営スペース。

サイト内には、流し台があり、電源も利用出来る。

トイレが綺麗

トイレは定期的に掃除をされており、虫や嫌な臭いも少ない。

暖房便座で冬場も安心、清潔感の洋式トイレ。

売店やレンタル充実

売店には食料品、日用品、キッチン用品などが充実。

レンタル品も充実しており、多少の忘れ物があっても大丈夫。

レンタル品料金
テント3,850円
タープ1,650円
シュラフ1,100円
マット220円
毛布220円
ランタン550円
BBQコンロ1,100円
2バーナーガスコンロ1,100円
焚き火台1,100円
テーブル椅子セット1,100円
椅子440円
調理クッキングセット1,100円
はんごう
炊飯器
310円
1,100円
クーラーボックス550円
ホットカーペット1,650円
扇風機1,100円
自転車1,250円
釣り竿310円
延長コード310円

家族連れの利用者が多い

キャンプ場内には、すべり台とお砂場スペース。

その他にもお絵かきが出来るホワイトボード。

縄跳び、フリスビーなどの貸し出しもあり、キャンプ場内でも充分に楽しめる。

より遊具で思いっきり遊びたいなら、「竜洋海洋公園」。

キャンプ場のすぐ隣にあるので、歩いていける。

アスレチックや遊具の充実した公園なので、朝から晩まで遊び放題。

子供たちも満足すること間違いなし。

更にプール施設「海洋センタープール」も隣接。

出典:竜洋海洋公園オートキャンプ場

利用料金も格安なので、夏場は水着の持参必須。

小学生未満50円
小中学生100円
高校生以上210円

更にキャンプ場内では、時期に応じたイベントが多数。

1泊2日では楽しみきれないほど、遊びが充実。

お風呂は、キャンプ場の目の前にある入浴施設「しおさい竜洋」。

お風呂に入って、スッキリ快適にキャンプが楽しめる。

② モビリティパーク(MOBILITY PARK)

【静岡】全サイト電源可「モビリティーパーク」~4人家族で使った設備や遊具〜

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが100サイト。

車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

出典:モビリティパーク

最低でも60㎡の広さがあり、区画サイズも選べるので、大きなテントでも安心。

全てのサイトで電源利用が可能なので、夏冬キャンプも快適に楽しめる。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

トイレが綺麗

トイレ設備は、定期的に掃除をされており、虫や嫌な臭いも少ない。

洋式タイプで、清潔感のあるトイレ。

出典:モビリティパーク

売店やレンタル充実

売店には、食料品から日用品、キャンプ用品など充実の品揃え。

出典:モビリティパーク

レンタル品も充実しており、多少の忘れ物があっても大丈夫。

レンタル品料金
テント
※現在休止中
5,500円
タープ2,750円〜
シュラフ
※現在休止中
1,100円
マット550円
毛布550円
ランタン660円
BBQセット1,100円
2バーナー1,100円
焚き火台2,200円
テーブル椅子セット1,100円
椅子550円
卓上コンロ660円
ライスクッカー
炊飯器
※現在休止中
550円
1,100円
330円〜
コードリール550円

家族連れの利用者が多い

場内には、水遊びスペースや遊具が充実。

跨って乗れる幼児用ブランコなど、小さな子供も楽しめる遊具が多め。

名物のジャンボすべり台(全長20m)。

大人も1度は滑ってみたくなる迫力のある滑り台。

キャンプ場内には、お風呂もあるので、スッキリ快適にキャンプが楽しめる。

③ PICA富士ぐりんぱ(旧:キャンピカ富士ぐりんぱ)

【静岡】「PICA富士ぐりんぱ」〜遊園地で遊びまくりの誕生日キャンプ〜

オートキャンプ・区画サイト

キャンプ場内には、オートキャンプの区画サイトが39サイト。

車を横付け出来るので、荷物の持ち運びも楽々。

場内マップ
出典:PICA富士ぐりんぱ

設営場所が確保されているので、到着が遅れても安心。

テントとタープを張っても、充分な設営スペース。

【ワンポールテント】ROBENSの「グリーンコーン」2年使って感じた5つの特徴と設営方法

ファミキャンにおすすめ!「ファイアプレイスTCレクタタープ」〜選んだ5つの理由と2年使って感じたこと〜

トイレが綺麗

トイレは定期的に掃除をされており、虫や嫌な臭いも少ない。

清潔感のある洋式トイレで、暖房便座なので冬場も安心。

売店やレンタル充実

売店にはキャンプ用品や食料品、日用品などが充実。

出典:PICA富士ぐりんぱ

レンタル品も充実しており、多少の忘れ物があっても大丈夫。

レンタル品料金
テント4,000円
タープ2,000円〜
シュラフ
毛布
700円
500円
マット500円
ランタン800円〜
BBQグリル1,500円
2バーナーコンロ1,700円
焚き火台700円
テーブル700円
椅子500円
飯盒
炊飯器
400円
1,000円
ダッチオーブン
900円〜
400円
ホットサンドメーカー400円
ポット400円
クーラーボックス800円
湯たんぽ400円
ホットカーペット1,200円

家族連れの利用者が多い

キャンプ場に隣接している「遊園地ぐりんぱ」。

キャンプ場からも観覧車が見えるので、子供に隠し通すことは困難。

朝から晩まで遊び放題で、子供たちが満足すること間違いなし。

室内で遊べる「キッズフジQ」は、入園料だけで遊べる施設。

天気が悪い日でも、遊びに困ることなく楽しめる。

キャンプ場内には、お風呂もあり、スッキリ快適にキャンプが楽しめる。

最後に

初めてのファミリーキャンプでは、キャンプ場選びも重要なポイント。

今回は、「初心者&家族連れでも安心のおすすめキャンプ場」ということで、3つのキャンプ場を紹介しました。

  1. 竜洋海洋公園オートキャンプ場
  2. モビリティパーク(MOBILITY PARK)
  3. PICA富士ぐりんぱ(旧:キャンピカ富士ぐりんぱ)
はやお

初めてのファミリーキャンプの成功に向けて、キャンプ場選びの参考になれば幸いです。

【まとめ】関東近郊のキャンプ場レポ〜エリア・ロケーション・設備から探せる〜

【10種類】最低限必要なキャンプ道具~初めてのファミリーキャンプに向けて~

キャンプで快適に寝たい!5人家族で70泊した熟睡アイテム【12選】