【静岡】ガーデンヴィラ白浜キャンプ場〜5人家族で使った設備と周辺情報〜

はやお

2020年10月にオープンした4組限定のキャンプ場。

冬場も暖かく、オーシャンビューで居心地が良さそう!

ただ駐車場からの距離や区画サイトにテントが収まるか心配…

そんな期待や不安もあって利用した「ガーデンヴィラ白浜キャンプ場」。

実際には、心配していた駐車場からの距離や区画サイズに問題はなく、とても居心地の良い高規格キャンプ場でした。

今回は「ガーデンヴィラ白浜キャンプ場」について、5人家族で使った設備と周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

ガーデンヴィラ白浜キャンプ場

所在地静岡県下田市白浜2642
営業期間10月〜6月
予約ネット予約
キャンセル7日前からキャンセル料
イン/アウト15時〜/〜11時
サイト区画サイト
トイレ洋式トイレあり
炊事場室内、お湯あり
お風呂お風呂(ガーデンヴィラ白浜)
ゴミゴミ捨て可(無料)
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

チェックイン前

ミニスーパー 塩田屋本家

午前中に仕事があったので、終わり次第、我が家を出発。

まず立ち寄ったのが「ミニスーパー 塩田屋本家」。

キャンプ場から車で約20分

お目当ては、子供たちも大好き「生フルーツサンド」。

時期によって厳選されたフルーツを使用されているようで、当日はイチゴとミカンとシャインマスカット、バナナのラインナップ。

フードストアあおき河津店

フルーツサンドを購入したら続いて「フードストアあおき河津店」で買い出し。

キャンプ場から車で約15分

下田に来たので金目鯛など、海鮮系を中心にお買い物。

チェックイン後

チェックイン

買い出しが終わったら、いよいよキャンプ場へ。

チェックインは基本的には15時~とされており、状況によっては13時以降チェックイン可。

はやお

駐車場まで、かなり急な坂になっているので、車を擦らないよう慎重に!

受付に到着したら、場内の簡単な説明を受けて、2泊代金11,280円を支払ってチェックイン。

当日、貸切露天風呂も空いていたので、その場で予約して代金1,400円をお支払い。

はやお

お風呂はガーデンヴィラ白浜に宿泊している人が優先で、空きがない場合には利用不可。

チェックイン手続きが終わったら、キャンプ場駐車場へ車を移動。

最初からキャンプ場駐車場に車を停めておけば、チェックイン後もスムーズ。

テント設営

車を停めたら、テント設営を開始。

キャンプ場エリアは一面、綺麗な芝生。

今回、予約していたのは2番目に広いAサイト(6m×4m)。

1番広いのはDサイト(8m×7m)で、いずれのサイトも電源は無料で利用可能。

心配していた区画サイズですが、ツールームテントは問題なし。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

テント正面から見てみると、こんな感じ。

しっかり区切られている感じではなく、大きくオーバーしなければ問題なさそう。

心配していた荷物の持ち運びも苦にならない距離でひと安心。

はやお

キャリーワゴンでの荷物の持ち運びは、逆に段差があって使いづらいと思います。

遊びスペース

テント設営の作業中、子供たちはひたすらトランポリン(無料)で遊びまくり。

テントから目の届くところにあるので、これが設営中はかなり助かる。

ただし利用できるのは、16歳未満。

その他にもキャンプ場内には、子供が喜ぶ2台のハンモック、Dサイト側にハイジブランコ。

キャンプ場内の設備

テント設営が終わったら、ざっくり設備を確認。

トイレは冬場に嬉しい暖房便座で、安心して利用できる清潔感。

炊事場は室内でお湯も出るし、洗剤やスポンジも備え付け。

はやお

寒い冬場は、風のない室内はありがたい

炊事場の隣の建物は、利用者が使えるフリースペース。

雨キャンプの際には、ここでゆっくり過ごすのもありかも。

薪は1束1,000円で販売。

ちょっと割高なので、キャンプ場も持参を推奨している。

焚き火をするには、焚き火シートの持参が必要。

キンメの海鮮丼

暗くなってきたら、一杯やりつつ夜ごはん。

夜が楽しい!サンゾクマウンテン(山賊山)〜使っている5つの道具と購入方法〜

今晩は、金目鯛を乗せた海鮮丼。

深型シェラカップ480は必需品!便利すぎる5つの使い方と注意点

食後には、フルーツサンド。

貸切露天風呂

ご飯を食べ終わったら、お風呂の時間。

貸切露天風呂は2種類ありますが、予約していたのは「海日和」。

お風呂は、5人家族には嬉しいシャワー3台。

お風呂からは星空鑑賞も出来て、気分は最高。

翌日、外が明るい時間帯に利用した際には、お風呂からオーシャンビュー。

これだけの眺望で1,400円は、かなりのお得感。

はやお

ドライヤーがないので、その点は注意が必要。

お風呂をあがったら、1日目は終了。

2日目

綺麗な朝焼け

朝起きると、綺麗な朝焼け。

朝ごはんは、余っていたフルーツサンド。

朝食後は、キャンプ場内の遊具で遊んだり、看板に従って険しい道を探検。

進んでいくと景色の良い開けたスペース。

下田ロープウェイ

その後はキャンプ場の周辺スポットへ。

キャンプ場から車で約10分

念願のロープウェイでしたが、乗っている時間はあっという間で、寝姿山の山頂に到着。

THE ROYAL HOUSE

寝姿山に着いたら、伊豆七島を眺めながらお昼ごはん。

とりあえず1品ずつ頼んで、皆んなでシェア。

お腹が満たされたら、上を目指していく。

和み玉投げチャレンジなど楽しみながら、ぐるっと一周。

ひもの万宝

寝姿山を後にして、続いて向かったのは「ひもの万宝」。

キャンプ場から車で約5分

ゆるキャンにも登場するお店で、いくつか気になったものをテイクアウト。

白浜大浜海水浴場

その後は、子供が満足いくまで白浜でお砂場遊び。

キャンプ場から車で約3分

キャンプ場に戻ったら、お風呂に入って夜ごはん。

可愛らしくて実用的!鉄のフライパン(河原崎 貴)〜使って感じた5つの特徴と注意点〜

食後にはホットココア。

最終日

朝ごはんは干物

朝ごはんは昨晩に続いて、干物とご飯。

食べ終わったら、チェックアウトに向けてお片付け。

伊豆オレンヂセンター

チェックアウト後は、ウルトラ生ジュース。

キャンプ場から車で約20分

そして、お昼は伊豆高原ビールの海鮮丼。

お腹が満たされたら、今回の2泊3日キャンプも終了。

最後に

綺麗な芝生サイトから、下田の海が眺められる居心地の良いキャンプ場。

区画サイトは想像以上に広々利用でき、4組限定のキャンプエリアは子供が遊び回るスペースも十分。

室内炊事場の温水、トイレの暖房便座の設備に加え、電源やゴミ捨て、トランポリンの無料利用など、本当に言う事なしで満足度が高い。

ただ15時チェックインの場合、1泊2日では滞在時間が短くなってしまうので、そこは要確認ポイント。

今後、人気が出てきて予約が大変なキャンプ場になりそうな予感。グルキャンの貸切利用もいいかもしれません。

以上、「ガーデンヴィラ白浜キャンプ場」について、5人家族で使った設備と周辺情報の紹介でした。

周辺情報はこちらの記事も参考にどうぞ↓

【静岡】サイト選びに悩まされる「南伊豆夕日ヶ丘キャンプ場」〜4人家族で利用した場内設備と周辺スポット〜