ファミキャンにおすすめ!TCレクタタープ(ビジョンピークス)6つの特徴と注意点

はやお

TC素材のレクタタープが気になる!

ビジョンピークスのタープってどうなんだろう…

これまで3年ほど使用していますが、しっかり高品質で、ほぼ毎回のキャンプで活躍中。

あらゆるキャンプ場、キャンプサイト、天候でも、非常に使い勝手が良く、気に入っています。

今回は、ビジョンピークスの「ファイアプレイスTCレクタタープ」について、3年使って感じた6つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

ビジョンピークス(VISION PEAKS)って?

スポーツ用品を取り扱っている「ヒマラヤ」が展開するプライベートブランド。

「すべての人にOUTDOOR LIFEを」を掲げ、機能・デザインのみならず、コストパフォーマンス・ハイバリューを追求しているブランド。

実際にコスパの良い商品ラインナップが印象的で、テントやタープをはじめ、テーブルやチェア、クーラーバッグなど多くのアウトドア用品を取り扱っている。

ちなみに我が家では、今回紹介するタープの他にTCルーテントを所有しています。

気になる方は、こちらの記事もご覧ください。

ファイアプレイスTCレクタタープ

ビジョンピークスのレクタタープは下記の2種類。

我が家で使っているのは、「ファイアプレイスTCレクタタープ」です。

商品名ファイアプレイスTC
レクタタープ
マルチタープソロTC
サイズ430cm×460cm350×350cm
重量5.4kg4.19kg
素材TC素材
(ポリエステル、綿混紡素材)
TC素材
(ポリエステル、綿混紡素材)
付属品ペグ12本
ロープ6m×8本
ロープ8m×2本
収納ケース
スチールペグ25cm×8本
ロープ8m×2本
ロープ3m×4本
収納ケース

6つの特徴

特徴① ゆったり過ごせるレクタタープ

ヘキサやウイングタープに比べて、レクタテープには曲線がなく、タープ下の居住空間が広いのが特徴。

日差しの強い夏キャンプや雨風の悪天候キャンプでも、タープ下でゆっくり寛ぐことができる。

タープ生地は「430×460cm」で、ファミキャンで使いやすいサイズ感。

はやお

日差しや雨は真上からではなく、斜めから差し込んでくるので、大きなタープは家族を守ってくれます

特徴② 張り方をアレンジしやすい

キャンプ場のロケーション、サイトの広さによって、張り方をアレンジしやすいのもレクタタープの特徴。

シンプルにポール2本で設営することも出来ますが、ポールが4〜6本あると設営の幅が広がっていく。

タープ生地のそれぞれ中央に4本のポールを立てる通称「タトンカ張り」。

片側をしっかり落としてしまえば、曲線がないので、プライベートな空間も作りやすい。

はやお

開放感も味わいつつ、周囲の目線が気にならず、ゆっくり寛ぐことが出来ます

設営方法は、ビジョンピークスがYouTubeに動画をあげているので、こちらも参考にどうぞ。

特徴③ 夏も涼しく過ごせる

ポリエステル素材のタープに比べて、TC素材は濃い影を作るのが特徴。

真夏のキャンプも比較的快適に過ごすことができます。

はやお

タープ下が日陰になるように、太陽の方角を意識して、設営しましょう!

特徴④ 焚き火が楽しみやすい

ポリエステル素材のタープに比べて、TC素材は火の粉に強いのが特徴。

注意が必要ですが、雨天時もタープ下で焚き火が楽しみやすい。

はやお

高さのあるメインポールを使って、焚き火は薪を投入しすぎず、抑えめにやりましょう

特徴⑤ 自然に馴染む色合い

自然にも馴染みやすいサンドベージュ色。

メーカーロゴ、生地の縁も抑えめな色合いで良い感じ。

ベージュ系のテントとの相性も良く、使い勝手の良さを感じています。

「クロンダイクグランデ(ローベンス)」との組み合わせ。

はやお

サンドベージュ色といっても、各メーカーで色合いが微妙に違うので、その点は購入前に要チェック。ファイアプレイスTCレクタタープの色合いは我が家好みです。

ちなみにタープに付属しているガイロープはカラフルなタイプ。(3年前なので変わっているかもしれません)

夜中も目立つガイロープでいいのですが、我が家は落ち着いた色味のロープに変更しました。

特徴⑥ コスパが良い

TCレクタタープの先駆けである「タトンカ1TC」や同スペックの「Tarp TC1(エバニュー)」に比べて、お手頃価格で購入できる。

各タープのサイズスペックは以下のとおりで、「ファイアプレイスTCレクタタープ」が他よりもひと回り大きい。

商品名
(会社名)
サイズ
ファイアプレイスTCレクタタープ
(ビジョンピークス)
430×460cm
Tarp TC1
(エバニュー)
425×445cm
タープ1TC
(タトンカ)
425×445cm
TATONKA(タトンカ)
¥22,000 (2023/02/05 23:29:54時点 Amazon調べ-詳細)
エバニュー(EVERNEW)
¥28,700 (2023/02/05 23:29:55時点 Amazon調べ-詳細)

2つの注意点

注意点① 雨天時に弱い

TC素材なのでポリエステル素材のタープに比べて、雨に弱い。

雨漏りしてくることはありませんが、内側から触れば湿った感じ。

はやお

気付かぬうちに長い間、肩などが接触していると、洋服がびしょびしょになることも…

また雨天時は水分を含んで生地が重くなるので、雨天時はタープが弛みがち。

分かりやすい写真を選んでいますが、こんなイメージ。

結構な重さになるので、強度のあるタープポールを用意しておくのも大事なポイントです。

注意点② ポール本数が必要

色んなアレンジができるのがレクタタープの良いところでもありますが、アレンジにはポール本数も必要。

タープポールは意外といいお値段がするので、出費が増えてしまう点は注意ポイント。

最後に

これまで3年ほど使用していますが、しっかり高品質で、まだまだ現役で活躍中。

あらゆるキャンプ場、キャンプサイト、天候でも、非常に使い勝手が良く、気に入っています。

今回の記事がタープ購入を検討されている方の参考に少しでもなれば幸いです。

以上、ビジョンピークスの「ファイアプレイスTCレクタタープ」について、3年使って感じた6つの特徴と注意点の紹介でした。