【千葉】成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場〜5人家族で使った設備や周辺情報〜

はやお

明日から週末キャンプに行きたい!

しかし、キャンプ場が決まらないまま就寝。

ふと目覚めた深夜2時に、キャンプ場の予約ページを見てみると1枠だけ空き表示。

急いで予約手続きを済ませて、行ってきました。

今回は「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」について、5人家族で使った設備や周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

所在地千葉県成田市名木730-3
営業期間通年営業
予約ホームページからネット予約(予約月の2カ月前〜)
割引日本自動車連盟(JAF)
※平日20%、休日・休日前日10%引
オートキャンプ場ガイド
イン/アウト9時半〜/〜17時
アーリー/レイトなし
サイトフリーサイト(オート)
区画サイト(オート)
トイレ洋式トイレあり
炊事場屋根付き、お湯あり
お風呂お風呂なし、シャワーあり
遊具簡易プール(夏季限定)、成田ゆめ牧場(隣接)
ゴミゴミ捨て可(燃えるゴミ、生ゴミ、缶、ビン、ペットボトルなど)
※最新情報はャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

キャンプ場到着まで

買い出し

キャンプ場に向かう車中で、買い出しスポットをリサーチ。

チェックイン開始の9時半に到着しようと思うと、オープンしているお店は限定的。

キャンプ場近くのスーパー「ナリタヤ下総滑川店」も9時半オープン。

はやお

チェックイン開始時刻に遅れないためには、前日までに買い出しを済ませておくのが、おすすめ。

ミートスミダ

今回、まず立ち寄ったのは、キャンプ場から8分程度の場所にある「ミートスミダ」。

調べても開店時間が分からず、ダメ元で9時過ぎ訪問。

はやお

残念ながら、シャッターが閉まっている状態でした…

道の駅 発酵の里こうざき

気を取り直して、次に向かったのは「道の駅 発酵の里こうざき」。

9時からオープンしていて、ここでは新鮮な野菜や果物、発酵食品、パンなどが購入可能。

美味しそうなお肉やお魚も販売。

ゴールドラッシュや気になったものをいくつか購入。

展望エリアには、軽飛行機の展示。

はやお

乗り込むことは出来ないけど、子供たちは大喜び。

ミートスミダ再訪

買い物後もパンを食べながら、道の駅に10時頃まで滞在。

ダメもとで「ミートスミダ」に電話をしてみると、9時からオープンしているとのこと。

さっきシャッター閉まってたけどな…と思いつつも、再度「ミートスミダ」へ。

張り紙にも9時〜18時の営業時間が記載されていました。

心配な方は事前に電話確認(0476-96-2157)していくと良いかもしれません。

お店にありつけた嬉しさから、お肉やお惣菜を色々購入。

揚げ物も充実。

キャンプ場到着後

チェックイン

キャンプ場には10時半頃に到着。

進んでいくと、チェックイン待ちの車の大行列。

そこから約50分待ちで、11時20分に受付が終了。

代金は、1泊2日+ゆめ牧場入場券で9,970円。

ガルヴィ10%割引の対象キャンプ場なので、クーポンを活用。

【お得】キャンプ場選びの失敗を減らす「オートキャンプ場ガイド2021」

キャンパー優待入場券は、割安で、滞在中は何度でも出入りが可能。

ゆめ牧場を通常利用する場合と比べてみると、かなりお得。

参考:大人2名、子供2名(2日間)

■通常利用(合計:10,000円)

 4,300円(入場料)+700円(駐車場)×2日間

■キャンパー優待券(合計:2,900円)

 2,900円(2日間入場料)+無料(駐車場)

設営スペース探し

チェックインが終わったら、設営スペース探し。

今回、予約していた一般サイト(フリーサイト)はD、E、F、Gサイト。

トイレは2箇所、炊事場は3箇所。

Fサイトの炊事場はお湯なし。

子供たちのことを考えると、トイレまでの距離が最優先なので、Fサイト狙い。

ゆっくり車を走らせながら、空きスペースにテント設営。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

家族写真を撮ったら、昼ごはんを食べて少し休憩。

場内設備

少しゆっくりしたら、場内設備を確認。

トイレは洋式タイプで、清潔感あり。

シャワールームは建物の中に男性6室、女性8室。

夕方から21時くらいの時間帯は、外まで長い行列が出来ていたので、計画的に利用するのがオススメ。

建物の中にあるので、虫も少なく、清潔感あり。

利用するには300円が必要ですが、外に両替機が設置されているので、小銭の心配は要りません。

炊事場は屋根付き。

Fサイトの炊事場のみ、お湯が出ません。

管理棟ではキャンプに必要な備品や飲食等が充実。

日曜日の朝、限定のパン販売は15時までに受付で予約が必要なので、忘れないように注意。

薪は針葉樹が1束800円。

広葉樹が1袋(10Kg)1,500円。

成田ゆめ牧場

キャンプ場内を軽くお散歩したら、入場チケットを持って「成田ゆめ牧場」へ。

牧場見学をしたり、遊具でひと遊び。

乳しぼり教室に参加するには、早めの受付が必要です。

今回、よく遊んだのは芝すべり。

程よくスピードが出て、子供たちも楽しかった様子。

はやお

成田ゆめ牧場内には有料の遊びスペースもありますが、芝すべりは無料。ここで思う存分遊んでもらいましょう!笑

芝すべりがひと段落したら、デザートタイム。

アイスを食べ終わったら、成田ゆめ牧場を後にして、キャンプ場へ。

テントでゆっくり

テントに戻ってきたら、恒例のトランプ。

トランプで遊びながら、少しずつ夜ごはんの準備も開始。

焚き火の準備も万端。

夜が楽しい!サンゾクマウンテン(山賊山)〜使っている5つの道具と購入方法〜

トウモロコシは焚き火で調理。

夕飯の準備が出来たら夜ごはん。

道の駅とお肉屋さんで購入したもので簡単に。

暗くなってきたら、今回初めて使うケロシンランタンを点灯。

初めてのプレヒートに不安もありましたが、これが結構楽しい。

なんとか無事に点灯できて、ちょっとした達成感。

チェックアウト日

前日、パン販売の予約を忘れてしまったので、朝ごはんはカップ麺。

チェックアウト時刻は17時なので、ゆっくり滞在が可能。

ただ子供たちが「成田ゆめ牧場」を楽しみしていたので、早めに撤収。

ゴミ捨て可能なので、ゴミ袋の持参は忘れずに。

もうキャンプ場に戻ることはないので、車で「成田ゆめ牧場」まで移動。

到着すると、昨日もハマっていた芝すべり。

その後は動物と触れ合ったり、遊具でひと遊び。

遊びがひと段落したら、牛乳で水分補給。

子供たちから「いつもの牛乳とは違う!美味しい!」とのコメントを頂きました。

牛乳を飲み終えたら、お家に帰宅。

途中、パン屋さんに寄って帰りました。

最後に

今回、「成田ゆめ牧場ファミリーキャンプ」を利用してみて感じた4つのおすすめポイント。

  1. 成田ゆめ牧場が隣接、お得に利用できる
  2. 高規格で水回りが綺麗
  3. 滞在時間が長く、ゆっくり過ごせる
  4. 区画サイトは電源が使える

はやお

我が家もそうでしたが、キャンプデビューにもオススメのキャンプ場です。

以上、「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」について、5人家族で使った設備や周辺情報の紹介でした。