【千葉】キャンプ&テニス場「印旛沼サンセットヒルズ」〜5人家族で利用した設備と周辺スポット〜

最近、テニスにハマっている我が家は前回のデイキャンプに続いて、今回もテニスが出来るキャンプ場探し。

【神奈川】テニスが出来る「ひだまりの里オートキャンプ場」〜5人家族で利用したトイレ等の場内設備〜

調べていくと「オートキャンプ&テニス場」と公式ホームページに書かれた施設を発見。

すぐに電話で空き状況を確認してみましたが、オートキャンプサイトは予約でいっぱい。

ただ車を横付けできない「芝生広場サイト」なら利用できるということだったので、芝生広場サイトとテニスコートを予約して行ってきました。

今回は、キャンプ&テニス場「印旛沼サンセットヒルズ」について、5人家族で利用した設備と周辺スポットを紹介したいと思います。

基本情報

施設名:印旛沼サンセットヒルズ

住所:千葉県佐倉市飯野町27

予約方法:電話予約のみ

印旛沼サンセットヒルズへ

船橋市場

キャンプ場のチェックイン開始は11時ですが、今回は早起きをして、以前から気になっていた「船橋市場」で朝ごはん。

田久保食堂

市場内にはお魚を扱う食堂がたくさんあり、どこにするか迷ってしまって行ったり来たり市場内をウロウロ。

最終的には、店前のメニューを見ている際にお店のおばちゃんから「入れるよ、何人?」と聞かれ、自然と「田久保食堂」に入店する流れに。

注文したのは店長のおまかせ定食×2、カキフライ、マグロとサーモンのお刺身。

どれも本当に美味しくて、タケノコご飯とお刺身、おかずを子供たちもモリモリ食べました。

更に子供たちには玩具のプレゼント。(普段からやっているサービスではないと思います)

子供たちに1つずつ選ばせていると、おばちゃんが気前良く「全部持っていきな!」と4つも頂いてしまいました。

最後のお会計時にもちょっとしたオマケがあったり、また来たくなるお店です。

お腹が満たされたら、お菓子屋さんに立ち寄ったり、解体されたマグロの骨を見たり、市場の雰囲気を満喫。

一通り見学して、市場を楽しんだらキャンプ場方面へ移動。

街がざわついた

キャンプ場から10分くらいのところには、変わった名前の高級食パン店。

ここで、お昼ごはん用に食パンを買ってみました。

Boulangerie Agnès

そこから300mくらい離れたところにあるパン屋さんでも追加でパンを購入。

印旛沼サンセットヒルズ

お昼ごはんを購入したら、いよいよキャンプ場へ。

Googleマップに従って進んでいくと、印旛沼サンセットヒルズまで300mの看板。ただ看板の指す矢印方向はかなりの細い道。

とりあえず看板の矢印に従って進んでみましたが、途中で対向車が来たり、なかなか大変な道のりでした。

この細い道を使わなくてもキャンプ場に行くことが出来るので、他のルートでキャンプ場に向かうことをオススメします。

受付

キャンプ場に着いたら受付でチェックイン手続き。

簡単な説明と代金3,430円(デイキャンプ2,090円、テニスコート2時間1,340円)をお支払い。

受付にはカップ麺やお菓子、調味料、飲み物。

おもちゃ雑貨、ガス缶、洗剤、ロックアイス(1kg320円)などの販売がありました。

通常は1缶610円で薪の販売されているようですが、当日の販売はありませんでした。最近は品薄になっているようです。

芝生広場サイト

チェックイン手続きが終わったら、指定のサイトへ。

オートキャンプサイトは予約でいっぱいだったので、今回利用するのは芝生広場サイト(マップ緑色スペース)。

「佐倉幸せの鐘」の奥が芝生広場サイトで、奥がF1、手前がF2サイト。

芝生広場の各サイトには木製のテーブルが備え付け。

サイトに移動したらTCルーテントを設営。

F1サイトは日陰で寒そうだったので、F2サイトに変更してもらいました。

ロゴプリントなしのビジョンピークス「TCルーテント」〜デイキャンプで使って感じた4つの特徴と注意点〜

F2サイトから正面の景色もいい感じ。

奥側のF1サイトは木が少し邪魔になるかもしれません。

芝生広場サイトは車を横付けすることは出来ませんが、駐車場からの距離もないのでオートサイトに近い感覚。

今回はデイキャンプで軽装備でもあったので、全く問題なしでした。

昼ごはん

設営が終わったら、まずはお昼ごはん。

「街がざわついた」というお店の名前に惹かれて買ったので、味はあまり期待していませんでしたが、期待を裏切る美味さで2斤の食パン「魅惑のシナモン」を即完食。

食べ終わったら、キャンプ場内をお散歩。

オートキャンプサイト

オートキャンプサイトの広さは、おおよそ7m×8mとされていますが、サイトによって様々。

場所によってはツールームと車でぴったりな感じ。直火はOKでした。

炊事場

屋根付きの炊事場の蛇口からは冷水のみ。

排水は目の前の印旛沼に直結しているようで、油や洗剤の原液をシンクに流さないように注意書きがありました。

トイレ

洋式トイレで、虫も嫌な匂いもなく清潔感がありました。

シャワー

1家族あたり30分までの制限があるようですが、シャワー利用が可能。(100円/10分)

予約制(9時〜21時)となっているので、当日に受付が必要です。

テニス

キャンプ場内を1周したら、予約していたテニスの時間。

今回、ラケットは持参しましたが、1本310円でレンタルも可能です。ボールは無料で借りることが出来ました。

テニスコートは4面並んでいて、とても綺麗に整備されている印象。

子供がボールをあっちこっちにやるので、端っこの1番コートで予約を入れました。

みっちり2時間、テニスを楽しんだらサイトへ帰宅。

夕日鑑賞

16時前くらいになってくると、徐々に夕焼け空になってきて、そこからはじっくり夕日鑑賞。

当日は雲がかかっていて微妙な感じでしたが、なんとか最後に夕日が出てきてくれました。

テントからの景色はこんな感じ。

チェックアウトは18時までですが、日が沈んで暗くなってきたら片付けをして帰宅。

ごみは、燃えるゴミ、缶、ビンに分けて捨てることが出来ました。

最後に

場内に遊具はありませんが、テニスコート付きのキャンプ場なので、ファミリーキャンプでも子供が退屈することなく楽しめると思います。

悪天候(強風、暴風のみも含む)が予想される場合には、利用当日であってもキャンセル料がかからないので、天候の良い日に利用して、テニスも夕焼け空もしっかり楽しむことが出来るのも良いところ。

現在はネットで予約状況の確認ができないので、電話で確認する必要がありますが、人気キャンプ場のようなので、利用の際は早めに電話予約しておくと良さそうです。

以上、キャンプ&テニス場「印旛沼サンセットヒルズ」について、5人家族で利用した設備と周辺スポットの紹介でした。