【検証】シェラカップの焦げ落とし方法〜重曹、過炭酸ナトリウム、カインズのコゲおとし〜

炊飯で焦がしてしまったステンレスのシェラカップ。

スポンジでゴシゴシ洗ってもダメだったので、今回は以下の3つのアイテムを試してみました。

3つのアイテム
  1. 重曹
  2. 過炭酸ナトリウム
  3. コゲおとし(カインズホーム)

今回は、シェラカップの焦げに対して、3つのアイテムを使った結果を紹介したいと思います。

焦げ落とし結果

開始前

今回、焦げを落としたい2つのシェラカップ。

一般的な洗剤とスポンジで、ゴシゴシ擦りましたが、これが限界。

重曹、過炭酸ナトリウムを投入

そこで、まず使ったのが、重曹と過炭酸ナトリウム。

どちらもダイソーで購入したものです。

重曹には水道水、過炭酸ナトリウムには40〜50℃のお湯を入れていく。

重曹のシェラカップは、弱火で沸騰させて、水分が減ってきたところでストップ。

重曹が飛び散り、シェラカップの内側を覆うような感じになる。

時間に余裕があったので、どちらも一晩放置。

過炭酸ナトリウムの方は、シェラカップの底が見える状態に変化。

重曹、過炭酸ナトリウムの結果

まずは重曹から状態を確認。

シェラカップに入った水を流して、普段の洗い物と同じようにスポンジで洗ってみる。

結果、最初の状態に比べて、若干焦げ付きが取れた感じ。

続いて、過炭酸ナトリウムのシェラカップ。

こちらも普段の洗い物と同じようにスポンジで洗ってみる。

だいぶ取れましたが、スッキリ綺麗な状態とまではいかず。

もう少し落としたいので、その後、重曹も使用。

しかし、過炭酸ナトリウム後の重曹は、あまり効果なし。

カインズのコゲおとし

そこで最後に使ったのが、カインズホームで販売されているコゲおとし

スティックの先を濡らして、こすってみる。

すると、焦げが溶けていくような感じで、取れていく。

納得いくレベルまで、焦げを落とすことが出来ました。

最後に

今回、3つのアイテムを使ってみましたが、印象としては重曹よりも過炭酸ナトリウムの方が効果的。

大きな焦げは、まず過炭酸ナトリウム。

小さな焦げは、カインズのコゲ落とし。

はやお

これが今後の我が家の焦げ落とし戦略になりそうです。

以上、3つのアイテムを使って、シェラカップのコゲ落としに挑戦した結果でした。