【山梨】sotosotodays CAMPGROUNDS 山中湖みさき(旧みさきキャンプ場)〜5人家族で使った設備や周辺情報〜

はやお

みさきキャンプ場の運営が変わって、リニューアルオープン。

設備も綺麗になって、ゆっくり快適に湖畔キャンプが楽しめそう!

そんな期待をもって利用したのですが、リニューアルされた水回りの設備は清潔感ばっちり。

ロケーションは従来と変わらず、山中湖に囲まれた雰囲気の良いキャンプ場でした。

今回は、「sotosotodays CAMPGROUNDS 山中湖みさき(旧みさきキャンプ場)」について、5人家族(@hayao12345)で使った設備や周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

sotosotodays CAMPGROUNDS 山中湖みさき(旧みさきキャンプ場)

所在地山梨県南都留郡山中湖村平野2431-2
営業期間通年営業
予約ホームページ
キャンセル前日からキャンセル料
イン/アウト13時〜/〜10時
サイト区画サイト
トイレ洋式トイレ
炊事場屋根付き、お湯あり
お風呂お風呂なし、シャワーあり
ゴミ持ち帰り
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

チェックイン前

長池精肉店

午前中の仕事が終わり、車中で昼ごはんを食べながらキャンプ場方面へ。

まず目指したのは、キャンプ場から5分程度の「長池精肉店」。

少し分かりづらいのですが、駐車場の奥に店舗。

駐車場までの道のりも、細い道になるので、大きな車の場合には注意が必要。

メニューはお肉だけでなく、惣菜や冷凍品も充実。

ただ惣菜は当日10時、ローストビーフは2日前までの注文が必要。

その他も基本的には電話注文を勧めており、当日も注文済みのお客さんが大勢。

今回は、しゃぶしゃぶ肉や冷凍品などを色々購入。

はやお

今回、神サービスもあって感激。山中湖来たときには、また立ち寄らせていただきます!

チェックイン

買い物が終わったら、いよいよキャンプ場へ。

入り口には、リニューアル前のみさきキャンプ場の看板。

到着したら、受付で区画サイトの1泊代金10,000円を支払ってチェックイン。

受付周りには、sotosotodaysのオリジナルアイテムが多数。

場内サイト・MAP

区画サイトの場所は、空いているところを自由に選べるタイプ。

オレンジ色の区画は電源サイトなので、それ以外で良さそうなサイト探し。

狙っていた管理棟に近い左下のサイトに空きがあったので、即決定。

炊事場やトイレに近く、湖畔に出やすいので、ファミキャンにはおすすめのサイト。

ツールームテントを設営しても広々スペース。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

場内設備

テント設営が終わったら、場内設備を確認。

こちらがトイレ、シャワールームのあるエリア。

トイレ

トイレは、洋式で清潔感ばっちり。

暖房便座は今後、導入される予定。

シャワールーム

シャワールームは、かなり広々した空間。

シャンプー、ボディソープも備え付けで無料で使用できる。

はやお

各シャワールームにヒーターが設置されているので、冬場も快適。

炊事場

屋根付きの炊事場は、お湯も出るので冬キャンプも安心。

受付

受付では、薪が1束500円、炭が1箱800円で販売。

湖畔キャンプ

設備をひと通り確認したら、目の前の山中湖へ。

富士山を眺めながら、ゆっくりお散歩。

夜ご飯寝るまで

少ししたら、テントに戻ってご飯の支度。

CB缶横刺しのSOTOツーバーナー「レギュレーター2バーナーGRID」〜1年使用して感じた5つの特徴と注意点〜

深型シェラカップ480は必需品!便利すぎる5つの使い方と注意点

子供たちは、焚き火用に持ってきた木材で積み木遊び。

ご飯が出来上がったら、子供たちお待ちかねの鬼滅グッズのライトを付けて、夜ご飯。

食後には、木材でジェンガ勝負。

夜が楽しい!サンゾクマウンテン(山賊山)〜使っている5つの道具と購入方法〜

子供たちが寝たら、馬刺しを食べつつ、ゆるキャン鑑賞。

みさきキャンプ場が舞台となるのは、「ゆるキャン△2」の6話。

白鳥に襲われる

朝起きたら、あたりは一面真っ白。

なぜか生姜チューブを片手に湖畔へ。

すると、白鳥に軽く襲われ大慌て。

朝ごはん

その後は、焚き火をしつつ、朝ごはん。

昨日、長池精肉店で買ったハンバーグ。

それと照り焼きチキン、カニ甲羅グラタン。

可愛らしくて実用的!鉄のフライパン(河原崎 貴)〜使って感じた5つの特徴と注意点〜

湖畔をお散歩

お腹が満たされたら、湖畔をお散歩。

少しすると、明るくなって富士山もくっきり綺麗。

その後はテント前で遊んでもらって、10時チェックアウトに向けて撤収作業。

ゴミ捨ては不可なので、持ち帰り。

はやお

我が家の末っ子は全身で遊ぶのがお得意です。

チェックアウト後

sotosotodays(ソトソトデイズ)

チェックアウト後は、時間があったので、小田原の「sotosotodays(ソトソトデイズ)」へ。

バッティングセンター金太郎

続いて、近くの「バッティングセンター金太郎」へ移動。

時速50km、1ゲーム100円の専用打席があるので、子供たちを連れて行きやすい。

そこそこバットにボールも当たったので、子供たちも大満足。

最後に、室内のゲームセンターで遊んだら、今回の1泊2日キャンプも終了。

最後に

水回りがリニューアルされたことで、これまでの「みさきキャンプ場」に比べて、ファミリーキャンプの利用がしやすくなった印象。

山中湖に囲まれたロケーションは従来と変わらず、なかなか他では味わえない雰囲気の良いキャンプ場でした。

今後、リニューアルオープンしたことが認知されてくると、予約を取るのも大変になってきそうです。

以上、「sotosotodays CAMPGROUNDS 山中湖みさき(旧みさきキャンプ場)」について、5人家族(@hayao12345)で使った設備や周辺情報の紹介でした。

キャンプ場選びには、こちらの「まとめ記事」も参考にどうぞ⬇

【まとめ】行ったキャンプ場のレポ〜エリア・ロケーション・設備など〜