【千葉】清水公園キャンプ場〜5人家族で使った設備と周辺情報〜

はやお

公園キャンプなら、子供たちの満足度も高そう…

どんな遊具があるのだろう…

そんな期待をしつつ利用したのですが、無料遊具はほとんどなく、基本的には有料。

事前準備さえしておけば、思う存分子供たちが楽しめる公園でした。

今回は「清水公園キャンプ場」について、5人家族(@hayao12345)で使った設備と周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

清水公園キャンプ場

所在地千葉県野田市清水906
営業期間通年営業
予約なっぷ
キャンセル5日前からキャンセル料
※5サイト以上申込の場合
イン/アウト13時〜/〜10時
サイト区画サイト
トイレ洋式トイレ
炊事場屋根付き、お湯あり
お風呂お風呂なし、シャワーあり
ゴミゴミ捨て可
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください
はやお

天気予報の確認も忘れずに!

清水公園キャンプ場の天気予報はこちら

地図(Googleマップ)

はやお

車でキャンプに行くなら、日本自動車連盟(JAF) に入っておくと安心。

パンクや雪道でのスタックなども、会員なら無料で対応してくれる。

我が家もバッテリー上がりで、何度かお世話になっています。

チェックイン前

コウジ サンドウィッチ スズムラ

チェックイン開始の13時に向けて、色々立ち寄りながら、キャンプ場へ。

まず向かったのが、サンドイッチ屋さん。(キャンプ場から15分程度)

これまで何度か利用したことのある、我が家お気に入りのお店。

スイーツ系のサンドイッチも豊富で、子供たちもテンション上がりまくり。

ベイシア野田さくらの里店

サンドイッチをテイクアウトしたら、スーパーで追加の買い出し。

キャンプ場のすぐ近くで、セリアもあるので、買い出しに便利。

第3駐車場を目指す

買い出しが終わったら、いよいよキャンプ場へ。

キャンプ場を利用する場合には、まず第3駐車場。

車を停めて、坂を登ったところにある受付を目指していく。

チェックイン

受付に到着したら、場内の簡単な説明と1泊代金を支払って、サイトへ移動。

オートキャンプ場

受付が終わったら、先ほど入った第3駐車場を出て、オートキャンプ場へ。

オートキャンプ場の入り口はこんな感じ。

オートキャンプ場は、両サイドに区画サイトが並んでいて、全14サイト。

今回、我が家が案内されたのは。入り口側に位置する1番サイト。

はやお

最も喫煙所に近い場所だったので心配していましたが、滞在中タバコの匂いが気になることもなく、ひと安心。

テント設営

サイトに車を停めたら、子供たちにご飯を食べてもらって、設営作業。

平均で6m×10mの広さとホームページ書かれていますが、ツールームテントを設営しても、まだまだ余裕のある感じ。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

設営が終わったら、子供と人生ゲームをしながら、大人も遅めの昼ごはん。

場内散策

人生ゲームがひと段落したら、場内設備をお散歩しながら確認。

炊事場は屋根付きで、お湯が出る蛇口もあるので、冬キャンプでも安心。

トイレ

トイレは見ての通りの簡易トイレ。

清潔感はあるものの、苦手な人は厳しいかも。

今回、我が家がよく利用したのは、受付近くのトイレ。

はやお

歩いて1~2分なので、そこまで距離は気になりませんでした。

こちらは高級ホテルのトイレ並みに綺麗なので、ゆっくり安心して利用できる。

オートキャンプ場から向かう途中にある門扉は、夜も空いたままなので、夜中も受付前のトイレが利用できる。

デイキャンプエリア

デイキャンプエリアは、受付や綺麗なトイレのすぐ近く。

土曜日でしたが、当日は利用者なし。

車の横付けは出来ないので、荷物を運ぶ際には台車を使用。

フィールドアスレチック

歩き続けていくと、子供が遊べそうなエリア。

フィールドアスレチックは、1日中遊べそうな大規模なアスレチック。

ただ小学生以上向けの施設で、小学生未満の場合、7割が禁止エリア。

はやお

2022年3月より、3歳以上の未就学児を対象とした「幼児専用エリア」が新設されるようです。

利用するには、前日までに予約をして、利用可能な靴を持っていく必要がある。

ポニー牧場

さらに奥の方に進んでいくと、ポニー牧場。

動物にエサあげが出来たり、遊具充実の施設。

3歳から乗馬も可能だったので、明日のチェックアウト後は「ポニー牧場」に決定。

こちらも前日までに予約していないと、利用出来ないので、テントに戻りつつ、ネットで予約。

はやお

前日までの予約制を知らずに、当日利用出来なかったら、悲しすぎる…

テントで夜ごはん

テントに戻ったら、外は真っ暗。

ゴールゼロを適当に突っ込んで、サンタを点灯。

子供たちとカルタをしながら、夕飯準備。

ご飯が炊けたら、子供たちからリクエストのあった手巻き寿司。

深型シェラカップ480は必需品!便利すぎる5つの使い方と注意点

それと冬キャンプには必須のお鍋。

食後には、子供たちに調理してもらったポップコーン。

その後は、ホットワインと焚き火タイム。

夜が楽しい!サンゾクマウンテン(山賊山)〜使っている5つの道具と購入方法〜

翌朝、チェックアウトまで

翌朝、起きるとお砂場セットに入れていた水が凍結。

はやお

土の地面にも霜が降りており、撤収の際は泥だらけで大変でした。

焚き火で暖まりつつ、朝ごはん。

その後は、10時チェックアウトなので、急いで片付け作業。

ゴミは分別して、無料でゴミ捨て可。

チェックアウト後

チェックアウトをしたら、「ポニー牧場」へ。

車はオートキャンプ場の駐車場スペースに置いておくことも出来ますが、結構距離があるので、今回は車で移動。

ポニーの他にも、やぎ、うさぎ、モルモット、フクロウなど子供たちに人気のある動物たちがいっぱい。

まずは、お姉ちゃんたちがヤギにエサあげ。

末っ子も逃げ回りながらも、頑張ってエサあげ。

エサがなくなったら、お姉ちゃんたちは乗馬体験。

末っ子は、おもちゃの乗り物の運転手。

その他にも遊具が充実しているので、子供たちも飽きることなく大満足。

遊びに満足いったところで、切り上げて今回の1泊2日キャンプも終了。

最後に

清水公園を楽しむには、事前の準備が大事!というか必須。

予約なしに無料で遊べるエリアはほとんどないので、予約や靴の準備などはしっかりしておきたいところ。

事前準備さえしておけば、子供たちも満足度の高いキャンプになること間違いなしです。

以上、清水公園キャンプ場について、5人家族(@hayao12345)で使った設備と周辺情報を紹介でした。

キャンプ場選びには、こちらの「まとめ記事」も参考にどうぞ⬇

【まとめ】関東近郊のキャンプ場レポ〜エリア・ロケーション・設備から探せる〜