1歳でKEENデビュー!〜ニューポートシューを履いて感じた5つの特徴と注意点【PR】〜

我が家では、憧れのシューズ的な存在だったKEEN。

今回、ご縁があって1歳の末っ子がKEENデビュー。

むーさん

これが末っ子のファーストシューズ


今回は、1歳の末っ子がKEENの「ニューポートシュー(NEWPORT SHOE)」を履いてみて、感じた5つの特徴と注意点を紹介したいと思います。

基本情報

今回、紹介するのは「ニューポートシュー(NEWPORT SHOE)」

選んだのはトドラーの13.5サイズ、カラーはBison/Black。

メーカーKEEN
モデルニューポートシュー
(NEWPORT SHOE)
サイズ◼︎トドラー(11.5〜14.5)
◼︎リトルキッズ(15〜19.5)
◼︎ビッグキッズ(20〜23.5)
カラー◼︎Black/Original Tie Dye
◼︎Steel Grey/Brilliant Blue
◼︎Grey/Very Berry
◼︎Bison/Black
定価◼︎トドラー(6,600円)
◼︎リトルキッズ(7,150円)
◼︎ビッグキッズ(7,150円)
詳細はKEENホームページにてご確認ください

5つの特徴

特徴① おしゃれなデザイン

「ニューポートシュー(NEWPORT SHOE)」は、人気のあったNEWPORTをスニーカー仕様に進化させたモデル。

アウトドアはもちろん、日常使いもしやすいデザインで、完全に我が家好み。

ユニセックスのデザインで、サイズ展開も豊富なので、兄弟でお揃いにすることも出来る。

モデル名サイズ
トドラー11.5〜14.5
リトルキッズ15〜19.5
ビッグキッズ20〜23.5
むーさん

サイズアウトした後、ファーストシューズとして飾っておくのも可愛い!

特徴② 歩きやすい

子供の靴を買うときに、チェックする柔らかさ。

しっかりした造りなので、硬そうなイメージがありましたが、普通に柔らかく、しっかり曲がる。

足はマジックテープでギュッと固定。

しっかり締めでおけば、靴の中で足がズレにくい。

特徴③ 転びにくい

つま先が少し反り上がっているタイプ。

ベタ足で歩く子供には、つまづき防止につながる。

足裏は溝の深い造りになっていて、雨の日も滑りにくい。

特徴④ 履くのが簡単

写真のように、しっかり開くので、履かせるのが簡単。

むーさん

履かせにくい靴は、結構ストレスになるので、大事なポイント。

カカトには紐が付いていて、自分で履くときには指を引っ掛けて履きやすい。

むーさん

かかとの紐は、引っ掛けて靴を干したりするのにも便利。

特徴⑤ つま先まで幅広い

つま先部分まで幅広いタイプなので、履いたときの窮屈さがない。

靴の中で指を動かすことが出来るので、しっかり足の指を使って歩くことが出来る。

中には取り外し可能なフットベッド。

2つの注意点

注意点① 軽量シューズではない

13.5サイズの重さは、片足135g。

「ニューポートシュー(NEWPORT SHOE)」は、KEENのラインナップを見ても、軽量とは言えないモデル。

むーさん

重すぎる感じは全くありませんが、軽量シューズとも言えない感じ。

注意点② やや高価格帯

今回買ったニューポートシュー(トドラー)の定価は6,600円。

各モデルの定価はこちら。

モデル名定価
トドラー6,600円
リトルキッズ7,150円
ビッグキッズ7,150円

実際には割引があったり、もう少し安い価格帯で購入できることもありますが、ちょっぴりお高めの価格帯。

最後に

今回、ご縁があってKEENデビューを果たしましたが、やっぱりカッコいい。

KEENの魅力にどっぷりハマってしまい、1人だけではなく、ファミリーでお揃いにしたいなぁ…と現在検討中です。

以上、1歳の末っ子がKEENの「ニューポートシュー(NEWPORT SHOE)」を履いてみて、感じた5つの特徴と注意点を紹介でした。