【静岡】全サイト電源可「モビリティーパーク」~4人家族で使った設備や遊具〜

隣接する施設で遊ぶ時間が長かった過去2回のキャンプ。

はやお

場内で遊べるキャンプ場ないかな…

そんなわけで今回、遊具が充実していそうな伊豆エリアの「モビリティパーク」を予約。

今回は「モビリティーパーク」について、4人家族で使った設備や遊具を紹介したいと思います。

基本情報

モビリティーパーク

所在地静岡県伊豆の国市長者原1445-481
営業期間冬季休業期間あり
予約電話予約(0558-79-0213
※受付時間:10:00~16:00 水・木(定休日)
キャンセル10日前から費用発生(繁忙期)
割引なし
イン/アウト13時〜/〜12時
アーリー/レイト前日確認:1,100円
就寝時間21時〜(静粛時間)
サイト区画サイト(オート・電源付き)
トイレ洋式トイレあり
炊事場屋根付き、温水あり
お風呂お風呂あり(ドライヤーあり)
遊具プール、ジャンボすべり台
売店薪、炭、着火剤、氷、飲み物、お菓子、調味料類、アメニティ類など
ゴミゴミ捨て可
禁止事項直火、花火(期間限定)など
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

チェックイン前

「熱海ビーチライン」を使いつつ、キャンプ場へ。

スーパーで買い出し

キャンプ場到着前には「スーパーナガヤ宇佐美桜田店(キャンプ場から車で15分)」で買い出し。

少し買い物をしきれなかったので、続いて「アピタ大仁店(キャンプ場から車で20分)」へ。

品揃え豊富で魅力的なスーパーだったので、ついつい買いすぎてしまいました…

キャンプ場到着後

チェックイン

キャンプ場に付いたら、受付で2泊分の料金14,040円(4,320×2泊、大人1080×2名×2泊、子供540×2泊)をお支払い。

簡単な場内説明を受けてチェックイン。

サイト選びには悩みましたが、今回は「バリアフリーサイト」の4番サイト。

全てのサイトで電源が使用できるキャンプ場です。

出典:モビリティパーク

バリアフリーサイト

指定のサイトに到着したら、テント設営。

「バリアフリーサイト」はキャンプ場の中でも孤立している感じのスペースで、プライベート感がありました。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

利用した「4番サイト」のすぐ目の前には、洗い場、ゴミ捨て場、トイレの設備。

はやお

清潔感があったので臭いなども気にならず、子供の急なトイレなどに便利でした。

イベント広場

テントを設営したら、イベント広場へ。

芝生の広々としたスペースで、鬼ごっこやかくれんぼ、ボール遊びなど遊び放題。

遊具充実

周辺には遊具も充実していました。

小さな子供も楽しめる足が入るブランコ、滑り台、ミニボルダリングなどなど。

こんなトンネルがあるだけでも子供達は大喜び。

時期によっては水遊び、ニジマス釣りも出来るみたいです。

キャンプ場名物、全長20mの「ジャンボ滑り台」。

目の前にすると、なかなか迫力があります。

最初は長女も怖がって滑れませんでしたが、慣れると簡単。

はやお

ただ階段がないので、滑り台横の滑る斜面を頑張って登っていく必要があります。

スイカ割り

夏キャンプといったら、スイカ割り。

はやお

棒がなかったので傘を使いました…

見事に叩き割ったら、デザートタイム。

お風呂

その後、夜ごはんも食べたらお風呂。

普段は男女別で共同利用になるようですが、当日は金曜日で人が少なかったので、時間を決めて家族で貸切利用させてもらえました。

お風呂内は清潔感があり、キャンプ場のお風呂としては充分。

お風呂の後、ホタル観賞会のイベントに参加予定でしたが、子供たちが寝てしまったので参加出来ませんでした。

最後に

今回、モビリティーパークを利用してみて感じた3つのおすすめポイント。

  1. 全サイト電源付きサイト
  2. お風呂もトイレも綺麗
  3. キャンプ場内に遊具充実

近隣の「日本サイクルスポーツセンター」や「ぐらんぱる公園」も検討していましたが、キャンプ場内で2泊3日を十分に楽しむことが出来ました。

以上、「モビリティーパーク」について、4人家族で使った設備や遊具の紹介でした。