#3 モビリティーパーク ~子供が喜ぶ遊具いっぱいのキャンプ場~

子供が喜びそうなキャンプ場はないかなぁ…とキャンプ場探し。

遊具がキャンプ場内にあり、前から気になっていた伊豆の「モビリティパーク」へ行ってきました。

住所:静岡県伊豆の国市長者原1445-481

買い出し

当日は「アピタ大仁」で買い出しをしてキャンプ場へ。

生鮮食品からお惣菜まで品揃え豊富で魅力的なスーパーだったので、ついつい買いすぎてしまいました…

モビリティパーク

受付

キャンプ場には予定通りに到着し、受付で2泊分の14,040円(4,320×2泊、大人1080×2名×2泊、子供540×2泊)を支払ってチェックイン。

100区画全てのサイトで電源が使用できるキャンプ場ということで、サイト選びに悩みましたが、今回は「バリアフリーサイトの4番」。

出典:モビリティパーク

バリアフリーサイト

「バリアフリーサイト」は他のサイトから若干、孤立していてプライベート感があっていい雰囲気。

利用した「4番サイト」のすぐ目の前には、洗い場、ゴミ捨て場、トイレ。

清潔感があったので臭いなども気にならず、子供の急なトイレなどには便利でした。

お風呂

4番サイトからお風呂までは、イベント広場の周りをぐるっと回っていく感じ。

普段は男女別で共同利用になるようですが、当日は金曜日で人が少なかったので、時間を決めて家族で貸切利用させてもらえました。

お風呂内は清潔感があり、キャンプ場のお風呂としては充分。

キャンプ場内での過ごし方

イベント広場

広い芝生の「イベント広場」があるので、鬼ごっこやかくれんぼ、ボール遊びなど遊び放題。

遊具

小さな子供でも安心な足がすっぽり入るブランコ。

そして小さな滑り台。

少し大きめの滑り台もありました。

その他にもよじ登っていく遊具など色々とありました。

こんなトンネルがあるだけでも子供達は大喜び。

時期によっては水遊び、ニジマス釣りも出来るみたいです。

ジャンボ滑り台

キャンプ場名物の全長20mある「ジャンボ滑り台」

なかなか迫力があり、最初は長女もビビって滑れませんでした。

階段がないので滑り台横の滑る斜面を登っていく必要があります。

スイカ割り

テント前では棒がなかったので傘を使って「スイカ割り」

見事に叩き割りました。

夜にはホタル観賞会のイベントもやっていましたが、我が子は寝てしまって参加出来ず。

「日本サイクルスポーツセンター」や「ぐらんぱる公園」も近隣にあったので検討していましたが、キャンプ場内で2泊3日を十分に楽しむことが出来ました。

ブログランキング・にほんブログ村へ