【静岡】室内遊びも可能「田貫湖キャンプ場」〜2家族で使ったフリーサイトと場内設備〜

キャンプデビューの友人ファミリーとグルキャン。

キャンプ場選びを任されたので、いくつかのキャンプ場をキャンセル待ち。

はやお

どこか空き出てくれるかな…

待っていると2週間前に「田貫湖キャンプ場」からキャンセル発生の通知。

今回は「田貫湖キャンプ場」について、2家族で使ったフリーサイトと場内設備を紹介したいと思います。

基本情報

田貫湖キャンプ場

所在地静岡県富士宮市猪之頭2929-10
営業期間通年営業
予約ネット予約(ホームページ
※当時は「なっぷ」でしたが、予約方法が変わっています
キャンセル当日の場合には100%
イン/アウト8時〜/~12時(連休中は11時まで)
アーリー/レイトなし/15時まで(大人300円、小人100円)
サイトフリーサイト(駐車場あり)
トイレ洋式トイレあり
炊事場屋根付き、お湯なし
お風呂シャワーあり(5分200円)※シャンプー使用禁止
遊具展望遊具、ふれあい自然塾
売店薪、炭、食料品、キャンプ用品、遊びグッズ、飲み物(自動販売機)など
ゴミゴミ捨て可
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

田貫湖キャンプ場

チェックイン時間の検討

「田貫湖キャンプ場」は車を横付け出来ないフリーサイト。

駐車場から荷物の持ち運びが必要なので、駐車場から近い「Aサイト」狙い。

出典:田貫湖キャンプ場
はやお

Bサイトは駐車場から結構な距離があります。

キャンプ場内を映す「ライブカメラ」がホームページにあるので、1週間前に混み具合を確認。

かなり早い時間から混み合っているようだったので、早めの到着を目指しました。

キャンプ場到着

買い出しは前日に済ませておき、キャンプ場に着いたのは7時40分。

フリーサイトに近い「P3駐車場」に車を停めて受付へ。

受付には既に行列が出来ていたので、順番待ち。

簡単な場内説明を受けて、2泊料金の9,800円(テント5,000円、タープ2,000円、大人2名800円)を支払ってチェックイン。

Aサイト

まずは場所の確保のために、少しだけ荷物を持って「Aサイト」へ。

当日は、まだまだAサイトにも余裕があり、展望遊具に近いエリアを確保出来ました。

はやお

チェックイン開始は8時〜ですが、8時過ぎの時点で設営終盤の方もちらほら。

場所が決まったら、リヤカーで荷物運搬。

チェックイン、アウトの混み合う時間帯はリヤカー不足で、待っている方も大勢いました。

荷物の運搬が進んできたら、テントとタープを設営。

地面は比較的柔らかく、スムーズに行きました。

ローベンス(ROBENS) グリーンコーン購入&設営方法

ファミキャンにおすすめ!「ファイアプレイスTCレクタタープ」〜選んだ5つの理由と2年使って感じたこと〜

はやお

当日は風が強く、倒壊しているテントやタープもありました。風にも注意が必要かもしれません。

昼過ぎにはフェスのようにテントがいっぱい。

やっぱり「早めのチェックイン」が場所取りには大事です。

設営が終わったら、キャンプ場内をお散歩しながら設備を確認。

場内設備

トイレ・シャワー

Aサイトのトイレ、シャワー棟。

外観からも綺麗な雰囲気がありますが、中のトイレも清潔感あり。

シャワーは5分200円。シャンプーは使用禁止の張り紙がされていました。

炊事場

屋根付きの炊事場も清潔感があり、広々使用出来ました。

蛇口からは冷水のみ。

ゴミ

炊事棟の前にはゴミ捨て場。

生ゴミ、燃えるゴミ、缶、ビン、ペットボトルに分別でゴミ捨て可能です。

売店

売店には薪1束700円や食料品、キャンプ用品、遊びグッズなど充実しており、多少の忘れ物があっても問題なさそうです。

自動販売機もありました。

遊具

一通り設備を確認したら、テント近くの「展望遊具」でひと遊び。

テントからも近い距離にあったので、少し時間の空いたときにも、よく遊びに行っていました。

テントに戻ったら、ハンモック。

家でもキャンプでも!Susabiの「自立式ハンモック」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

ふれあい自然塾

滞在中にはBサイトの奥にある「ふれあい自然塾」も利用しました。

はやお

室内施設なので雨の日でもしっかり楽しめます。

室内には様々な遊びスペース。

「昔あそびコーナー」には、コマや竹とんぼ、メンコ、けん玉など。

積み木にもチャレンジ。

なかなかいい高さまで積み上がりました。

キッズコーナーも充実でした。

テントでゆっくり

遊びスペースもいいですが、せっかくのキャンプなので、テント周辺でもゆっくり。

天候にも恵まれ、連日の赤富士を堪能。

日の出もしっかり拝みました。

ご飯

チキンハウス

ご飯は近くの「チキンハウス」で、卵や焼き鳥、から揚げなどを調達。

「チキンハウス」近くのスシローで、お寿司もテイクアウト。

はやお

キャンプ場で食べるお寿司は、いつも以上に美味しい!

その他にもいろいろ食べて飲んで、キャンプを楽しみました。

最後に

友人ファミリーも楽しんでくれたようで、キャンプデビュー戦は大成功でした。

今回、「田貫湖キャンプ場」を利用してみて感じた3つのおすすめポイント。

  1. 田貫湖と富士山のロケーション
  2. 展望遊具、室内遊びスペースがある
  3. 前日までキャンセル無料

はやお

場所取りと荷物の持ち運びは大変ですが、室内の遊びスペースと前日キャンセル無料は子連れキャンプに使いやすいキャンプ場だと思います。

以上、「田貫湖キャンプ場」について、2家族で使ったフリーサイトと場内設備の紹介でした。