【静岡】遊園地隣接の「キャンピカ富士ぐりんぱ」〜周辺スポットで遊びまくり〜

はやお

長女3歳の誕生日キャンプは、どこがいいかな…

遊園地隣接のキャンプ場なら、喜んでくれるかも…

そんなわけで「キャンピカ富士ぐりんぱ」に行ってきたのですが、遊園地隣接の高規格キャンプ場は、子供も大人も大満足でした。

今回は「キャンピカ富士ぐりんぱ(現在:PICA富士ぐりんぱ)」を拠点にして、遊びに行った周辺スポットを紹介したいと思います。

「キャンピカ富士ぐりんぱ」の最新情報はこちら↓

【静岡】「PICA富士ぐりんぱ」〜遊園地で遊びまくりの誕生日キャンプ〜

基本情報

PICA富士ぐりんぱ(旧:キャンピカ富士ぐりんぱ)

所在地静岡県裾野市須山字藤原2427
営業期間通年営業
予約ホームページからネット予約(3カ月前〜)
キャンセル7日前から費用発生
割引なし(会員ステージ毎にあり)
ハッピーフライデー(金・土の2連泊で金曜テントサイトが無料)
アフターホリデー(日・連休最終日からの2連泊で休日後テントサイトが無料)
イン/アウト13時〜/〜12時
サイトフリーサイト(横付け×)
区画サイト(オート)
トイレ洋式トイレあり
炊事場屋根付き、お湯あり
お風呂お風呂あり
遊具ぐりんぱ(隣接)
売店薪、炭など
ゴミゴミ捨て可(燃えるゴミ、生ゴミ、缶、ビン、ペットボトルなど)
※最新情報はャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

チェックイン前

COCO’Sで昼ごはん

キャンプ場のチェックインが13時〜だったので、キャンプ場に行く前に昼ごはん。

せっかくの誕生日なので、誕生日サービスのある「COCO’S」へ。

事前予約不要で写真、デザート、ドラえもんグッズの無料サービス。

これには長女も大喜び。

その後、店内にバーズデーソングも流していただき、写真撮影。

はやお

無料とは思えない嬉しいサービス!

山崎精肉店で買い出し

昼ごはんが終わったら、スーパーで買い出しをして、その後「山崎精肉店」へ。

このあたりでは有名な精肉店のようで、1度来てみたかったお店。

店内に入ると、壁には有名人のサイン色紙がいっぱい。

お目当ての馬刺しは、部位によって種類豊富。

並んでいる間に決めきれず、とりあえず今回は「特選」と「ヒレ」を1パックずつ購入。

薬味や保冷剤・バックの販売もあるので、手元にないときも安心。

買い出しが終わったら、いよいよキャンプ場へ。

キャンプ場到着後

チェックイン&設営

キャンプ場にはちょうどチェックイン開始時間に到着。

受付で簡単な説明を受けて、代金をお支払い。

今回、予約していたのは「テントサイト電源無(グリーン)」。

車を横付け出来ないサイトなので、駐車場からの荷物の持ち運びには台車を利用。

遠いと荷物の運搬が大変なので、出来るだけ手前側(ゲストハウス方面)にテントを設営。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

テントでゆっくり

テント設営が終わったら、誕生日の記念写真を撮ったり、テント内でひと休憩。

その後、広いフリーサイトでボール遊びや追いかけっこ。

少し遊んだら、山崎精肉店で買ったお肉をツマミながら、夜ごはん。

はやお

我が家の好みは、特選よりヒレでした。

プリキュアのチョコレートケーキ

食後にはクーラーバックに入れて、こっそり持参していたケーキでお祝い。

プリキュアにハマっている長女は、オモチャ付きのチョコレートケーキに大喜び。

ケーキを食べたら、翌日の遊園地に備えて早めの就寝。

遊園地ぐりんぱ

「今日、ぐりんぱ行く?」と長女から寝起きの第一声。

相当、楽しみにしているようだったので、朝食をササっと済ませて「ぐりんぱ」へ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_1607-e1530456768133.jpg です

事前のメルマガ登録も必要ですが、誕生日割引はかなりお得。

誕生日特典で胸に貼り付けるシールも貰えました。

はやお

シールを見た園内のスタッフさんから「おめでとう」と言ってもらえるので、長女も上機嫌。

水上アスレチック「カッパ大作戦」。

園内に入ったら、乗り物やアスレチックを次々に体験。

「カッパ大作戦」は、3歳でもギリギリ楽しめる難易度。

1つ1つのアスレチックを頑張ってクリアしていく。

立体カラクリ迷路 ココドコ

「立体カラクリ迷路 ココドコ」は、大人でも苦戦している人が続出。

「子供だけでクリア出来るのだろうか?」と心配になる程の難易度。

中に入ってから30分くらい彷徨い続けて、なんとかクリア!!

ゴールにある「幸せの鐘」を鳴らして、後ろに見える観覧車へ。

観覧車

観覧車から我が家のテントが見えたときには、「おうちのテントだぁ〜」と大興奮。

ピカソのタマゴ

「ピカソのタマゴ」は21種類のアスレチックコースで、ボリュームたっぷり。

その他にもメリーゴーランド、ウルトラマンの乗り物、園内を走る汽車に乗ったり、園内ほとんどのアトラクションを制覇。

キッズフジQ

次女は室内で遊べる「キッズフジQ」がちょうどいい感じ。

ボールプールで遊んだり、メルちゃんのお世話をしたり、オープンから閉園時間まで遊び倒しました。

「キッズフジQ」は入園料のみで利用出来る施設。

雨の日は入園料だけ支払って、こちらで遊ぶのもオススメ。

チェックアウト前後

最終日の3日目は、朝食を食べたらテント撤収。

片付けが終わったらキャンプ場をチェックアウトをして、車で数分の「富士サファリパーク」へ。

富士サファリパーク

一通り動物を見てまわって、乗馬体験。

途中で「降りたい!」と泣き出さないか心配していましたが、普通に楽しみながらぐるっと1周。

はやお

少し子供の成長を感じた瞬間でした…

さらに、「エサあげもやりたい!」というので、にんじんを購入。

目をつぶりながら、なんとか全部あげきりました。

最後に車で「サファリゾーン」へ。

「ライオンゾーン」ではライオンが本当に目の前。

道路に動物が入ってきて、車に急接近してくると子供達も大慌て。

「サファリゾーン」も楽しんだら、ライオンカステラを買って帰宅。

最後に

今回は長女の3歳誕生日キャンプでしたが、子供が楽しんでくれたので、結果は大成功。

近隣の遊園地ぐりんぱ、サファリパーク等は、子供が喜ぶこと間違いなし。

雨の日でも遊ぶスペースがあるので、子供が退屈してしまう心配のいらないキャンプ場だと思います。

高規格キャンプ場なので、場内の居心地も良いキャンプ場でした。

以上、「キャンピカ富士ぐりんぱ」を拠点にして、遊びに行った周辺スポットの紹介でした。