冬のファミリーキャンプを快適に!〜5人家族の寒さ対策と必需品〜

我が家も冬キャンプに挑戦したい!と思っていた数年前。

当時は、どんなキャンプ道具が必要なのか、どんなことに気をつけたらいいのか、当初は不安がいっぱいでネットで調べまくっていました。

そこから我が家も冬キャンプの回数を重ね、雪中キャンプなども経験しましたが、今ではゆっくり快適に冬キャンプを楽しめるようになりました。

今回は冬キャンプを快適に楽しく過ごすために行っている「我が家の寒さ対策と必需品」について紹介したいと思います。

寒さ対策と必需品

冬対策① キャンプ場

冬はクローズになるキャンプ場が多いので、まずはオープンしているキャンプ場探し。

我が家では比較的、お風呂があるキャンプ場を選ぶことが多いです。

冬キャンプでも1日の終わりにしっかりお風呂に入れると、体も温まって眠りにもつきやすいように思います。

シャワーしかない場合には、逆に体が冷えてしまうので、キャンプ場では入らずに翌日、家に帰って入ることもあります。

キャンプ場が決まって、キャンプ決行日が近づいてきたら当日の天気や気温は要チェック。

積雪予報の場合には、タイヤ交換等の準備が必要になってきます。

冬対策② キャンプサイト

家と同じように電気毛布やホットカーペット、ヒーターなどが使える電源サイトは安心感抜群でし。

特に初めての冬キャンプなら電源サイトがおすすめ。

ただし、電源サイトでも使い過ぎるとブレーカーが落ちてしまうこともあります。

周りの方にも迷惑をかけてしまうので、電源の使用は程々に。

電源延長コードはレンタル出来るキャンプ場が多いですが、レンタル代もかかるので、1つくらいは自前の電源延長コードを持っておいても良いかもしれません。

ハタヤ(HATAYA)
¥2,493 (2021/07/28 12:40:46時点 Amazon調べ-詳細)

電源のないサイトを利用する場合は、ポータブル電源がある便利です。

ポータブル電源があれば、電源サイトのないキャンプ場にも行けるのでキャンプ場の選択肢が増えます。

JVCケンウッドとJackeryが共同開発!安心&大容量&おしゃれなポータブル電源 〜4つの購入理由と用途・使用感について〜

冬対策③ テント

冬キャンプで使用するテントは、以下の2つのポイントを押さえたものがおすすめ。

  1. ポリコットン(TC)素材
  2. スカート付き

我が家では「クロンダイクグランデ」のテントで冬キャンプに行くことが多いです。

ローベンスのベル型テント「クロンダイクグランデ」 〜2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

もしくは「アポロンT/C」。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

ポリコットン(TC)はポリエステルに比べて、暖かい空気を逃しにくく、引火や結露しにくいのが特徴。

冬キャンプではテント内で火を使用する機会も増えるので、ポリコットン素材の方が比較的安心です。

スカートの有無も冬キャンプではかなり大事。

スカートがないと、隙間から冷たい風が吹き込んで来るので結構寒いです。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

スカートがないテントの場合には、上記の写真のように適当なシートをクリップで取り付ければ、隙間風対策になります。

ブルーシートではなく、テント色に馴染む落ち着いた色合いのシートがおすすめです。

ユタカメイク(Yutakamake)
¥433 (2021/07/28 03:40:34時点 Amazon調べ-詳細)

冬対策④ タープ

我が家の場合、冬キャンプでタープを張ることはほとんどありません。

タープで日差しを遮ってしまうと寒いので、天気の良い日はタープを使用せず、天気が悪いときはテント内で過ごすことが多いです。

夜は焚き火で暖を取ることも多いので、タープを張るなら火花が飛んでも穴が空きにくいポリコットン(TC)素材がおすすめです。

我が家ではビジョンピークスのタープを使用しています。

冬対策⑤ ロープ

冬は日の沈む時間が早く、子供達が活発に動き回る時間帯から薄暗くなってきます。

走ってロープに引っかかって転倒…なんてこともしばしばあるので注意したいところ。

特にフリーサイトでは、見えやすいロープやライトアップをするなどの転倒対策をしておくと安心です。

ロープに引っ掛かって転ぶ人が続出 〜 LEDキャンドルライト導入で安心キャンプ〜

冬対策⑥ ストーブ

テント内での使用は推奨されないのかもしれませんが、冬キャンプにおいてストーブは必須。

薪ストーブにも憧れますが、我が家では石油ストーブ、ガスストーブを使用しています。

テント内で2つのストーブを使えば十分暖かく、長袖Tシャツもしくはトレーナーで過ごすことが多いです。

冬場が近づいてくると、ものによっては数カ月待ちや品切れも多くなるので、早めの準備がおすすめです。

納期に注意!16カ月待ちの石油ストーブ「フジカハイペット」 〜冬キャンプで2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

キャンプで検証!イワタニの「デカ暖」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

ただテント内でストーブを使用する際には一酸化炭素警報器の準備は必須。

我が家では比較的安価なもので、2種類の一酸化炭素警報器を使用しています。

冬対策⑦ サーキュレーター

サーキュレーターの有無で、テント内での体感温度が大きく変わります。

当初はサーキュレーターの実力を信じていなかったのですが、1度使ってからは我が家の必需品になっています。

ボルネードのサーキュレーター「モダンモデル660-JP(ブラック)」〜使用して感じる5つの特徴と注意点〜

エコファンなら電源不要でストーブの天板に乗せるだけ。

熱を利用して羽が回転してくれます。

エコファンは見た目以上にハイパワーなので、冬キャンプでは大きなサーキュレーターを持っていくことはほとんどありません。

エコファンの前は、暖かい風を感じられるので、自然とエコファンの前に人が集まってきます。

VODA
¥3,479 (2021/07/28 00:34:41時点 Amazon調べ-詳細)

冬対策⑧ 地面の冷気

テント内には「オールウェザーブランケット」を敷いて、地面からの冷気をシャットダウン。

現在、我が家も4枚所有しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9384EF55-BF1D-42FA-B03E-6AEB4C55836D-644x483.jpeg

オールウェザーブランケットの上に、ラグやベッドを置いてるのですが、底冷えを感じることもありません。

冬対策⑨ 寝るとき

寒さ対策を考えればマミー型の寝袋ですが、子供たちが寝袋に入ったまま静かに寝てくれるはずもないので、我が家は封筒型。

封筒型の寝袋を掛け布団のようにして使っています。

テント内ではストーブや電気毛布、湯たんぽを使用しているので、寒さで眠れないこともありません。

電気毛布は寝る少し前からスイッチONしておけば、布団に入った瞬間から寒さを感じることなく、ぐっすり快眠出来ます。

ちなみに使っているのはこちらの日本製の電気毛布。

とりあえず安くて日本製ということで買った電気毛布ですが、故障することなく使用出来ています。

冬対策⑩ 湯たんぽ

電源不要で使える湯たんぽも冬キャンプの必需品。

寝る少し前に寝袋の中に入れておけば、寒さを感じることなく、眠りにつきやすくなります。

我が家が使用しているのはマルカのAエース 2.5L。

付属されている湯たんぽの袋も触り心地がよく気に入っています。

創業100年!マルカ「湯たんぽA2.5L」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

冬対策⑪ 洗い物

特に冬場、蛇口からお湯が出ないキャンプ場では、洗い物が大変です。

お湯が出ない場合には、汚れだけ拭き取って、家に帰ってから洗うことが多いです。

アルカリ水は油汚れも拭き取りやすいので、1つ持っておくと便利かもしれません。

キャンプ場で洗い物をしたい場合には、バスケットに沸かしたお湯を入れてやるのも方法の1つだと思います。

それと防寒手袋があれば、冬場の洗い物も苦にならないかもしれません。

冬対策⑫ 服装

キャンプ場の朝晩は、想像以上に冷え込むことがあるので、服装は最大限の防寒対策で望むべきだと思います。

後々、今回は洋服持って来すぎちゃったね…となるくらいがちょうど良いような気がします。

我が家が初めて冬キャンプに行ったときに痛感したのは、靴の重要性でした。

考えが及ばすに普通のスニーカーで行ったのですが、寒くて寒くて仕方ありませんでした。

現在は厚手の靴下とワークマンの防寒ブーツを利用しています。

キャンプでは靴が汚れるので、お手頃価格で汚れも気にせずに使えるワークマンの防寒ブーツはおすすめです。

冬対策⑬ 寒さを楽しむ

しっかり寒さ対策をして、冬キャンプを楽しむのが1番大事だと思います。

雪が降りそうなら、手袋や雪滑り用のソリを忘れずに持参しています。

最後に

当初は不安がいっぱいだった冬キャンプでしたが、冬キャンプの回数を重ねていく中で色々な学びがありました。

今ではゆっくり快適に冬キャンプを楽しめるようになり、他の季節のキャンプよりも冬キャンプに魅力を感じています。

以上、冬キャンプを快適に楽しく過ごすために行っている「我が家の寒さ対策と必需品」について紹介でした。