冬のファミリーキャンプを快適に!5人家族の寒さ対策と必需品【14選】

はやお

今年は冬キャンプに挑戦したい!どんな寒さ対策をしたらいいのだろう…

我が家も実際に経験するまでは、不安が多く、ハードルの高かった冬キャンプ。

ただ実際には、寒くて寝られないようなこともなく、むしろ夏よりも快適な冬キャンプ。

我が家が冬キャンプで意識しているのは、4つのポイント。

  1. キャンプ場&テント選び
  2. 服装
  3. ベッド
  4. 暖房器具

今回は、我が家の冬キャンプの寒さ対策と必需品<14選>について紹介したいと思います。

寒さ対策と必需品<14選>

我が家の冬キャンプの寒さ対策と必需品は、以下の14種類。

14選
  1. キャンプ場&テント選び
    1. お風呂
    2. 電源
    3. テント生地
    4. スカート
  2. 服装
    1. 重ね着
    2. 手足首
    3. 頭周り
  3. ベッド
    1. インナーマット
    2. マット
    3. 電気毛布
    4. 寝袋
    5. 湯たんぽ
  4. 暖房器具
    1. 石油ストーブ
    2. ガスストーブ

想像以上に冷え込むこともあるので、可能な限りの寒さ対策をしていくのがオススメ。

それでは、我が家が実際に使っているアイテムも含め、紹介していきたいと思います。

実際に使っているアイテムや対策

キャンプ場&テント選び

① お風呂

1日の終わりにしっかりお風呂に入れると、体も温まって眠りにつきやすい。

冬キャンプでは、お風呂のあるキャンプ場がおすすめ。

シャワーしかない場合には、逆に体が冷えてしまうので、我が家は利用しません。

② 電源

電源が使えるサイトであれば、家と同じように電気毛布やホットカーペットが使える。

初めての冬キャンプでは、電源サイトの方が安心。

はやお

ただ使用制限があったり、使い過ぎるとブレーカーが落ちてしまうこともあるので、使用量は程々に。

電源サイトを使用する場合には、延長コードがあると便利。

レンタル出来るキャンプ場もありますが、料金がかかることも多い。

夏キャンプでも使えるので、1つ持っていても損はありません。

ハタヤ(HATAYA)
¥4,400 (2022/12/02 00:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

電源がない場合は、ポータブル電源が便利。

電源サイトのないキャンプ場にも行けるので、キャンプ場選びの選択肢が増える。

JVCケンウッドとJackeryが共同開発!安心&大容量&おしゃれなポータブル電源 〜4つの購入理由と用途・使用感について〜

③ テント生地

冬キャンプで使用するテントは、ポリコットン(TC)素材がおすすめ。

ポリエステル素材に比べて、暖かい空気を逃しにくく、引火や結露しにくいのが特徴。

ローベンスのベル型テント「クロンダイクグランデ」 〜2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

④ スカート

冬キャンプでは、スカートのあるテントがおすすめ。

スカートがないと、隙間から冷たい風が吹き込んで来るので結構寒い。

年中快適なテント「アポロンT/C」〜5人家族で使って感じた5つの特徴と注意点〜

スカートのないテントの場合には、適当なシートをクリップで取り付ければOK。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

ブルーシートよりは、テント色に馴染む落ち着いた色合いのシートがおすすめ。

ユタカメイク(Yutakamake)
¥390 (2022/12/02 00:11:31時点 Amazon調べ-詳細)

服装

⑤ 重ね着

インナーはヒートテック、アウターは風を通しにくいダウン。

下半身から冷えてくるので、ズボンも風を通さないタイプのものがおすすめ。

⑥ 手足首

手足首もしっかり防寒しておくと、テント外でも快適。

我が家が初めて冬キャンプに行ったときに痛感したのは、靴の重要性。

現在は、厚手の靴下とワークマンの防寒ブーツ。

普通のスニーカーで挑んだ初めての冬キャンプでは、寒くて仕方ありませんでした。

首はネックウォーマー。

手袋があれば、雪遊びも思い切り楽しめる。

防寒手袋があれば、冬場の洗い物も苦にならない。

洗わずに、拭いて利用するのもオススメ。

GREEN MOTION(グリーンモーション)
¥1,590 (2022/12/01 17:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

⑦ 頭周り

耳当てや帽子もあれば、完全防備。

耳当てや帽子がない場合には、ダウンのフードを被ればOK。

本当は、耳当て付きの帽子が良かったのですが、あまりに似合わないので、我が家は却下。

ベッド

⑧ インナーマット

インナーマットは、「オールウェザーブランケット」がおすすめ。

地面からの冷気をシャットアウトして、底冷え対策。

NASA開発の商品ということもあって、高品質。

夏は地面からの熱をシャットアウトしてくれるので、持っていて損はないアイテム。

⑨ マット

我が家で使っているマットは、「コンフォートプラスS.I.マット」。

R値(断熱力を評価する指標)は「4.1」で、冬キャンプでも快適に使用できる充分なスペック。

コンフォートプラスS.I.マット/SEATOSUMMIT〜使って感じた5つの特徴と注意点〜

⑩ 電気毛布

寝る少し前からスイッチONしておけば、布団に入った瞬間から快適。

安くて日本製、Sugiyamaの電気毛布。

⑪ 寝袋

我が家で使っている寝袋は、「APPROACH SYNTHETIC FIBER 600」。

はやお

生地に触れたときのヒンヤリした冷たさがなく、肌触りが良いのがお気に入りポイント。

快適使用温度は5℃なので、一般的には春秋シーズンにオススメされる寝袋ですが、冬場は暖房器具を使うので問題なし。

Nanga(ナンガ)
¥14,080 (2022/12/01 21:43:20時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプで快適に寝たい!5人家族で70泊した熟睡アイテム【12選】

⑫ 湯たんぽ

電源不要で使える湯たんぽも冬キャンプの必需品。

寝る少し前に寝袋の中に入れておけば、寒さを感じることなく、快適。

我が家が使用しているのはマルカのAエース 2.5L。

付属されている湯たんぽの袋も触り心地が良く、朝までポカポカ暖かい。

創業100年!マルカ「湯たんぽA2.5L」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

暖房器具

石油ストーブ

我が家で使っている石油ストーブは、「フジカハイペット」。

ただ、テント内のストーブ使用は推奨出来るものではないので、自己責任。

納期に注意!16カ月待ちの石油ストーブ「フジカハイペット」 〜冬キャンプで2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

「エコファン」と「一酸化炭素警報器」は必須アイテム。

MESEVEN
¥3,350 (2022/12/01 21:43:21時点 Amazon調べ-詳細)

フジカ以上の暖かさを求めて、最近はパセコのCAMP-25も使用中。

【検証】パセコCAMP-25の暖房パワーは?フジカと比較してみました

ガスストーブ

状況によって、ガスストーブの「デカ暖」も持参。

キャンプで検証!イワタニの「デカ暖」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

ハイパワーで持ち運びもしやすく、使い勝手の良いストーブ。

ガス缶の保管は、テント内やバッグ内がおすすめ。

冷え切ってしまうと使用出来ないこともあるので、外に出しておかないように注意。

はやお

冬キャンプでは、寒さに強いパワーガスを何本か持っておくと安心。

最後に

1度経験するまでは、不安が多く、ハードルの高い冬キャンプ。

そのハードルさえ乗り越えられれば、夏よりも快適で魅力の多い冬キャンプにハマること間違いなし。

ただ想像以上に冷え込むこともあるので、可能な限りの寒さ対策をしていくのがオススメ。

以上、我が家の冬キャンプの寒さ対策と必需品<14選>の紹介でした。