50円で解決!ヘリノックスチェアの倒れる問題【チェアワン・チェアツー】

我が家のお気に入りキャンプ道具「ヘリノックス チェア」。

軽量でコンパクトなのに頑丈で、座り心地も良いので言うことなしのチェアなのですが…

ヘリノックス チェアは倒れやすい

椅子を離れると、ちょっとした風で倒れたり、強い風が吹くと飛んでいってしまうのが唯一の弱点。

倒れた「ヘリノックス チェア」の姿はキャンプ場で見慣れた光景ですが、何度も立て直す作業は結構面倒で、風の吹く日はゆっくり過ごしづらくなります。

更に椅子が飛んでしまったら周囲の人にも迷惑がかかってしまいますし、場所によっては救出不可能(湖など)。

焚き火に接触しようものなら即燃えてしまいます。

火の粉で穴が空いたヘリノックスチェア生地

「ヘリノックス チェア」の転倒対策が50円で出来る方法について紹介したいと思います。

基本情報(チェアワン・チェアツー)

出典:mont-bell

「ヘリノックス チェア」には色々な種類がありますが、我が家は以下の2種類を所有しています。

  • フラッグシップモデルの「チェアワン」
  • チェアワンのハイバックタイプの「チェアツー」

座面高は34cm〜35cmで子供も大人も使いやすくて気に入っています。

いずれも耐荷重が145kgあるので、座っているときに子供達が上に乗ってきても問題ありません。

ヘリノックス(Helinox)
¥11,550 (2020/09/21 08:53:55時点 Amazon調べ-詳細)

ヘリノックス(Helinox)
¥14,850 (2020/09/21 15:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

50円で出来る転倒対策

必要なもの

いつも使っているペグ、ハンマーとセリア(100均)で買った「ストレッチコード」。

風によるテントやタープへの衝撃をゴムが伸縮して和らげてくれるグッズなのですが、今回はこれを使います。

セリアの「ストレッチコード」は2つ入りで100円。

椅子1つに1個あれば良いので、実質50円です。

我が家は4つ椅子があるので2セット(4個)購入しました。

ちなみにキャプテンスタッグからも見た目、サイズがほぼ同じ商品が販売されています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥756 (2020/09/21 17:56:11時点 Amazon調べ-詳細)

使い方

「ストレッチコード」は座面下のバー(フレーム)に引っ掛けて使用します。

「チェアツー」の方がバー(フレーム)がやや低いので、「チェアワン」は床まで3cmくらい、「チェアツー」は床まで1cmくらいのところまで垂れる感じになります。

垂れているゴム部分にペグを引っ掛けて打ち込めば完成。

フレームが邪魔で打ち込みづらそうな印象がありましたが、そこまでフレームは邪魔にならず、簡単に打ち込めました。

固定した椅子を倒そうと前後に力を加えても倒れることなく、風が吹く中でも安心して使用することが出来ます。

またゴムなので突っ張ることなく、多少の可動域を残せることも使い勝手が良いポイントだと思います。

その他の転倒対策

対策① チェアアンカー

同じようにペグで固定するタイプのものがヘリノックス(Helinox)から出ています。

ヘリノックス(Helinox)
¥990 (2020/09/21 08:53:56時点 Amazon調べ-詳細)

対策② ロッキングフット

椅子と組み合わせて「ロッキングチェア」として使用できる「ロッキングフット」を使用すれば、多少の風で転倒することもなくなります。

  • チェアワン用

  • チェアツー用

最後に…

これまで唯一の弱点だと思っていた「ヘリノックス チェア」の転倒問題ですが、今回の100均グッズを活用することで改善され、より使い勝手の良い椅子として利用することが出来そうです。

以上、「ヘリノックス チェア」の転倒対策が50円で出来る方法について紹介させて頂きました。

ブログランキング・にほんブログ村へ