CB缶・OD缶どっちがいいの?我が家がガス缶を統一する4つの理由

はやお

ガス缶はCB缶とOD缶どっちがいいのだろう…

どう使い分けたらいいのかな…

当初は結構迷いましたが、結果的に我が家はCB缶のみで、4年ほどファミキャンを楽しんでいます。

CB缶に統一している理由は、以下の4つ。

  1. 準備がラク
  2. 安上がり
  3. 使えるアイテムが多い
  4. 冬も問題なく使える

今回は、我が家がCB缶で統一している4つの理由について紹介したいと思います。

4つの理由

理由① 準備がラク

2種類よりも1種類の方が、在庫管理がしやすく、準備もラク。

その他にもキャンプの準備は沢山あって、バタバタするので、出来るだけシンプルにしておくと準備がスムーズ。

CB缶は購入できる場所が多く、手軽に購入できるのも良いところ。

色んなところで売っているので、直前まで準備が出来ていなくても慌てず大丈夫。

販売店舗
  • コンビニ
  • スーパー
  • ドラッグストア
  • 100均
  • アウトドアショップ
  • ホームセンター 
はやお

OD缶の販売は、アウトドアショップやホームセンターくらい。

理由② 安上がり

OD缶に比べて、CB缶は安上がり。

同じメーカーのCB缶とOD缶を比べて見ると、約2倍の価格差。

CB缶OD缶
容量250g230g
価格約300円約600円

CB缶で統一していれば、まとめ買いもしやすく、さらに安く購入することができる。

理由③ 使えるアイテムが多い

使えるアイテムが多く、使い勝手の良さもCB缶の魅力。

実際にキャンプで使っているアイテムはこちら。

CB缶横刺しのSOTOツーバーナー「レギュレーター2バーナーGRID」〜1年使用して感じた5つの特徴と注意点〜

キャンプで検証!イワタニの「デカ暖」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

スライドガスマッチ、マイクロトーチもCB缶対応。

CB缶で充填できるので、燃料切れで困らない。

はやお

様々なアイテムに使い回しができるので、余計な荷物も減らすことができる。

理由④ 冬も問題なく使える

OD缶に比べて寒さに弱いとされるCB缶。

ただ、これまで使っていて不便さを感じるケースはなし。

冷え込む冬キャンプで、注意しているのは以下の2点。

  1. CB缶の保管は、テント内
  2. パワーガスを1、2本持っていく

外に出しっぱなしでキンキンに冷えてしまうと、すぐに使用できないので注意。

その際は、手で少し温めてから使用するしかありません。

CB缶でも寒さに強いのが、パワーガス。

実際には、ほとんど出番がありませんが、1、2本持っていっておくと安心。

パワーガスもOD缶に比べれば、安上がり。

CB缶
パワーガス
OD缶
容量250g230g
価格約330円約600円

見た目の印象をグッとあげてくれるCB缶カバーも、若干の寒さ対策になるので一石二鳥。

最後に

キャンプ道具を揃えていく際に、必ずと言っていいほど直面するガス缶問題。

OD缶でしか味わえない雰囲気やアイテムもありますが、強いこだわりがなければCB缶で統一してしまうのがオススメ。

以上、我が家がCB缶で統一している4つの理由についての紹介でした。