【神奈川】桜満開のお花見「青野原オートキャンプ場」~4人家族で使ったサイトや設備~

以前から1度やってみたいと思っていたお花見キャンプ。

今週末が天気も良さそうだし、狙い目かな…

というわけで、桜の木の下にテント設営が出来る「青野原オートキャンプ場」へ行ってきました。

今回は「青野原オートキャンプ場」のお花見キャンプについて、4人家族で利用したサイトや設備を紹介したいと思います。

基本情報

青野原オートキャンプ場

所在地神奈川県相模原市緑区青野原918-1
営業期間年末年始の休業期間あり
予約不要
キャンセルなし
イン/アウト8時〜/〜15時
アーリー/レイトなし(若干緩め)
サイトフリーサイト(オート)
トイレ洋式トイレあり
炊事場屋根付き、冷水のみ
お風呂お風呂なし、シャワーあり(3分200円)
遊具マスつかみ取り(4月下旬~10月上旬)
売店薪、炭、氷、アルコール、アイスクリーム、飲み物(自動販売機)
ゴミゴミ捨て不可(持ち帰り)
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

チェックイン

チェックイン時間の検討

「青野原オートキャンプ場」は予約不要のフリーサイト。

はやお

せっかくなので、桜の木の下のスペースを確保したい!ただ争奪戦も予想される…

というわけで、当初は土曜の朝から1泊2日の予定でしたが、金曜からの2泊3日に急遽変更。

金曜の仕事を午前中で切り上げて、キャンプ場に向かいました。

チェックイン

キャンプ場には15時頃に到着。

キャンプ場入口の通路に受付があり、車に乗りながら1泊料金5,000円を支払って入場。

連泊の場合には、翌日か翌々日の朝に追加でお支払いをすれば良いそうです。

はやお

子供の急な体調不良などを考えると、予約不要やキャンセル無料のキャンプ場はありがたい!

チェックイン後

設営場所探し

キャンプ場に入ったら、車をゆっくり走らせながら、設営場所探し。

B・Cサイト

ソメイヨシノの桜が密集しているのは「Bサイト」と「Cサイト」のエリア。

特に「B・Cサイト」の入口付近には、ソメイヨシノの立派な桜の木が立っていて、争奪戦エリア。

当日は金曜日にも関わらず、既に8割くらい埋まっていました。

Cサイト

河津桜は「Cサイト」の奥の方までありましたが、若干シーズンは過ぎてしまった感じ。

D・Eサイト

「D・Eサイト」は、チェックイン時にはほとんどテントなし状態でしたが、土曜の7時過ぎには写真のように車でいっぱいでした。

Fサイト

「Fサイト」もチェックイン時には、ほとんどテントなし状態でした。

土曜の7時過ぎでも空きスペースがちらほら。

新戸キャンプ場

対岸には、まだまだ余裕がありそうな「新戸キャンプ場」。

「新戸キャンプ場」から桜を眺めるキャンプも良いかもしれません。

テント設営

なかなか場所を決めきれず、場内を2周。

すると「B・Cサイト」入口付近でちょうど帰る方がいたので、この桜の木の下に決定。

はやお

ちょうどチェックアウトの15時頃だったのが、良かったのかもしれません。

いい場所が取れたので早速、テントの設営。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

桜もちょうど満開で、タイミングもバッチリでした。

テント設営が終わったら、お花見をしながら場内をお散歩。

場内設備

屋根付きの炊事棟は冷水のみ。

管理棟のトイレには暖房便座あり、シャワー室は6室あって3分200円。

受付では薪や炭の販売もありました。

アイスや飲み物の自販機は価格も良心的。

ゆっくりお花見

設備を確認したら、キャンプ場内でゆっくりお花見。

夕方には空がピンク色に染まるシーンもありました。

テント前では、ババ抜きをやったり、バナナ鬼ごっこをしたり。

ご飯は数日前に「カップヌードルミュージアム」で作ったカップラーメン。

子供達は桜よりも「ひよこちゃんのナルト入り」で大喜び。

落ちている枝で釣り遊びもしました。

おたまじゃくし、トカゲを発見して大興奮。

夜には街灯がいい感じに、ライトアップになっていました。

翌朝

チェックイン前の7時過ぎくらいから、車がひっきりなしにテント前を通過。

チェックイン開始時刻の8時頃には場内がいっぱいになっていて、その後に来られた方は場所の確保に苦労されていました。

はやお

ただチェックイン開始時間前に入った人に対して、キャンプ場の方は2泊分の料金を徴収されていました。

最後に

今回、「青野原オートキャンプ場」を利用してみて感じた3つのおすすめポイント。

  1. 桜の木の下でキャンプができる
  2. 予約不要(キャンセル料なし)
  3. 滞在時間が長い(IN:8時〜、OUT:翌日15時)

はやお

場所の確保には苦労しますが、納得のいくスペースが確保出来れば言うことなし。

土曜の14時~15時に帰る人も多かったので、遅めのチェックインも良いかもしれません。

以上、「青野原オートキャンプ場」のお花見キャンプについて、4人家族で利用したサイトや設備の紹介でした。