【静岡】「乙女森林公園第2キャンプ場」 〜タフスクリーン2ルームハウスで冬キャンプに初挑戦〜

冬を乗り切るキャンプ道具が少しずつ揃ってきたので、冬キャンプに初挑戦。

そこで今回、選んだキャンプ場は「乙女森林公園第2キャンプ場」。

全サイトで電源が使えるのと綺麗な夜景が決め手でした!

今回は「乙女森林公園第2キャンプ場」で、初めての冬キャンプと使った設備について紹介したいと思います。

基本情報

乙女森林公園第2キャンプ場

所在地静岡県御殿場市深沢2696-2
営業期間通年営業
予約電話予約(0550-82-7870)※8:30〜17:00
キャンセル無料
割引冬季(12月から2月)は30%割引 ※年末年始を除く
アンケート印刷持参 ※5,000円未満、繁忙期、冬季期間を除く
イン/アウト13時〜/〜11時
アーリー/レイトなし
サイト区画サイト(オート)
トイレ洋式トイレあり
炊事場屋根付き、お湯あり
お風呂シャワーあり
売店薪、炭、着火剤、氷、乾電池、飲み物など
ゴミゴミ捨て不可 ※生ゴミは引き取り可
禁止事項直火
※最新情報はキャンプ場ホームページからご確認ください

地図(Googleマップ)

乙女森林公園第2キャンプ場

チェックイン

当日、向かう途中には所々に雪が積もっていて、不安になりながらもキャンプ場へ。

キャンプ場に到着したら、受付で1泊代金の3,590円を支払ってチェックイン。

12月〜2月は冬季割で30%OFF。お得に利用することが出来ます。

受付が終わったら予約していた「6番サイト」へ。

6番サイト

「6番サイト」は富士山側の1番広いサイト(約13m×11m)。

炊事場やトイレにも近いので、いつも予約が埋まっている人気サイトです。

出典:乙女森林公園キャンプ場

ツールームテントを設営してみても余裕がありました。

ファミリーキャンプのテントなら「タフスクリーン2ルームハウス」〜3年使用してみて感じた6つの特徴と注意点〜

「6番サイト」の区画内にはベンチと水道が設置。

オートサイトの全体感はこんな感じです。

場内設備

屋根付きの炊事場には洗剤やたわしが備え付け。

場所によってお湯が出る蛇口がありました。

トイレは洋式トイレあり。

清潔感もあるので安心して使用出来ました。

管理棟 炊事場
出典:乙女森林公園キャンプ場

コインシャワーはありますが、お風呂はキャンプ場内にはありません。

近隣に「温泉会館」と「富士八景の湯」の2つの温泉施設があり、キャンプ場の受付で割引券が貰えます。

管理棟の受付周辺では薪、炭、着火剤、氷、乾電池、飲み物などが販売。

薪は1カゴ500円でした。

初めての冬キャンプ

心配していた寒さですが、夕方には0.8℃、夜中には-4℃近くまで冷え込みました。

そこで今回、初使用の「フジカハイペット」を点火。

湯たんぽも持参しました。

納期に注意!16カ月待ちの石油ストーブ「フジカハイペット」 〜冬キャンプで2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

創業100年!マルカ「湯たんぽA2.5L」〜2年使って感じた5つの特徴と注意点〜

はやお

どれくらいテント内が暖かくなるのか?

暖かくならなかったらどうしよう…

心配もありましたが、「フジカハイペット」の周辺では19.1℃。

離れたところでは14℃くらいで、なんとか寒さを凌ぐことが出来てひと安心。

今回、適当にカットした「ユタカシート」をクリップで取り付けてスカートにしていました。

おかげで寒くて眠れないこともなく、ぐっすり朝まで寝ることが出来ました。

はやお

冷たい隙間風が入ってこない!

ちなみに夜には富士山をバックに評判通りの綺麗な夜景。

すぐ近くにある「第1キャンプ場」は林間サイトなので、キャンプ場内から夜景を見ることは出来ないようです。

最後に

初めての冬キャンプは不安もありましたが、評判通りのフジカハイペットの実力も発揮され、快適なキャンプが出来ました。

今回、「乙女森林公園第2キャンプ場」を利用してみて感じた3つのおすすめポイント。

  1. 全てのサイトで電源が使える
  2. 夜景が綺麗
  3. トイレも清潔感あり

はやお

静かなキャンプ場だったので、子供が大声を出すことには気を使いましたが、電源あり、景色も最高で初めての冬キャンプを楽しむことが出来ました!

以上、「乙女森林公園第2キャンプ場」で、初めての冬キャンプと使った設備についての紹介でした。