#6 富士オートキャンプ場ふもと村 〜木漏れ日に癒されキャンプ〜

10月下旬に計画したキャンプ。

最近のキャンプ人気や過ごしやすいシーズンとあって、人気キャンプ場は予約で一杯。

複数キャンプ場のキャンセル狙いも大苦戦し、いよいよ当日の朝を迎えてしまいました。

もうこれでダメなら諦めようと「富士オートキャンプふもと村」に電話してみると…

「うちは全然空いてますよ〜、チェックインはいつでも来てください」とのこと。

そんなわけで「富士オートキャンプふもと村」に行ってきました。

住所:静岡県富士宮市麓174-1

富士オートキャンプ場 ふもと村

予約が取れずキャンプに行けるか分からなかったので、急いで準備、積み込みをして出発。

当日、満サイトになっていた激混み状態の「ふもとっぱらキャンプ場」を横目に通り過ぎ、細い道を進んでいくとすぐに「富士オートキャンプ ふもと村」に到着。

受付

受付で1泊代金5,000円を支払って、場内の説明を受けたら案内された「40番サイト」へ。

炊事場やトイレが近く、なかなか良さそうなポジション。

40番サイト

かなり広い空間で、木々がいい感じにプライベート感を演出。

近隣の「ふもとっぱらキャンプ場」とはまた違った良い雰囲気。

木々の間からキャンプ場に差し込む光もいい感じ。

「当日の朝予約で、よくこんなにいいところ取れたね」と妻とも話していました。

設備

炊事棟、トイレ、コインランドリー、自販機、ゴミ捨てOK。

洋式のトイレがありましたが、なかなか狭いトイレでした。

テント設営

2ルームのテントを設営しても、だいぶスペースが余っていました。

テント設営が終わったら、キャンプ場内をお散歩したり、テントスペースでゆっくり過ごしたり。

夜は少し冷え込んだので、鍋を食べたり、焚き火をしながらゆっくり過ごしました。

薪は管理棟で1束500円で販売。

チェックアウト

チェックアウト後、開けた場所に出ると正面に大きな富士山。

これまで2度「ふもとっぱらキャンプ場」に訪れても見ることが出来ていなかったので、少し複雑な心境になりながらも車を停めて写真撮影。

もちや

その後、前々から気になっていた「もちや」へ。

風の湯

「もちや」で満足いくまで遊んだら、近くの「風の湯」でお風呂に入って帰りました。

今回、なかなか予約が取れずに諦めかけたキャンプでしたが、なんとか予約の取れた「富士オートキャンプふもと村」は大当たりで大満足のキャンプでした。

なんで空いているだろう…という疑問は最後まで分かりませんでした。穴場キャンプ場だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ