【神奈川】湘南エリアの「柳島キャンプ場」〜4人家族で使った設備や周辺情報〜

最近遊びに行くことの多い湘南エリア。

波打ち際で遊んだり、砂遊びをしたり、子供たちにも評判良さげ。

はやお

他にも湘南エリアでいいところがないかなぁ…

と探していると、湘南地域の海沿いに「柳島キャンプ場」を発見!

無事にネットで予約も出来たので、デイキャンプで行ってきました。

今回は、「柳島キャンプ場」について4人家族で使った設備や周辺情報を紹介したいと思います。

基本情報

施設名:柳島キャンプ場

住所:神奈川県茅ヶ崎市柳島海岸1592-1

予約方法:ネット予約

キャンプ場到着まで

湘南茅ヶ崎 幸福餃子

当日は11時のチェックイン開始を目指して移動&買い出し。

スーパーで適当に買い出しを済ませ、キャンプ場から5分程度の場所にある「幸福餃子」へ。

下調べが不十分で開店前の11時頃にお店に到着。(開店は11時半〜)

諦めてキャンプ場へ移動しようとしたところ、店前にいた店員さんが「持ち帰りならいいよ」と店内に入れてくださり、餃子を購入することが出来ました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2A02E061-4006-4980-A20D-F7E7DA43765F-644x483.jpeg

今回、伺ったのは「幸福餃子 本店」でしたが、その他にもテイクアウト専門のお店が2店舗あるようです。

餃子を買ったら、「柳島キャンプ場」へ。

柳島キャンプ場

柳島海岸の交差点を曲がって、細い道を進んでいくと「柳島キャンプ場」。

駐車場

キャンプ場外の道の片側が駐車場スペースになっているので、車を停めて、まずは受付。

縦列で壁沿いに駐車していくので、混雑時はキャンプ場入り口から離れたところになってしまいます。

受付

受付には11時過ぎの到着でしたが、ちょうどチェックイン開始時間だったので、受付待ちの行列ができていました。

順番が回ってきたら、デイキャンプ料金(焚き火テントサイト)の3,140円をお支払い。

プラス500円程度で宿泊も出来るので、宿泊の方がお得感があります。

キャンプ場内の説明を受けたら、指定のサイトへ荷物運び。

荷物運び

リヤカーの貸し出しがあるのですが、4台しかないのでチェックイン開始時間帯は争奪戦。

ちょうど使うときに1台残っていたので、それを使って駐車場から荷物の運搬。

焚き火テントサイト

サイトの場所は受付順に選べるシステムで、今回は1番の「焚き火テントサイト」を選びました。

場内に3つある「焚き火テントサイト」の中では、比較的プライベート空間を保ちやすいスペース。

「焚き火テントサイト」は火気使用が認められていますが、それ以外のテントサイトでの火気使用は禁止されています。

火を使用する場合には、「かまどエリア」か「バーベキューコーナー」に移動しなければならないので、火を使う調理などを予定しているなら「焚き火テントサイト」を予約しておきたいところ。

「焚き火テントサイト」は以前、冬期限定でのオープンだったようですが、現在は通年で利用できるようです。

昼ご飯

荷物運びが終わったら、先ほど購入した「幸福餃子」で昼食タイム。

焼き方の説明に従って、焼き餃子。

ふるさと納税で「millio鍛造フライパン」〜1年使って感じた5つの特徴と注意点〜

大ぶりでしっかりと具が詰まっている美味しい餃子でした。

昼ごはんを食べて、焚き火をしたり、少しゆっくりしたらキャンプ場内のお散歩。

【BBQ・焚き火台】ファイアグリル〜4年使って感じた6つの特徴と注意点〜

トイレ

まずは我が家にとって重要なトイレ確認。

暖房便座では無いものの清潔感のある洋式トイレ。

「トイレの綺麗なキャンプ場100選」を目指しているようです。

炊事場

屋根付きの炊事場には洗剤、スポンジが備え付け。お湯は出ませんでした。

その他、共同で利用できる冷蔵庫、冷凍庫が完備。

中を見てみると、利用されている方はほとんどいませんでしたが、夏場には重宝しそうです。

受付

受付では薪が600円、炭が500円で販売。

ゴミは回収代金として500円かかるので持ち帰ることにしました。

その他にも備品の販売、レンタル品なども充実。

受付横には喫煙スペースがありました。

テントサイト

キャンプ場の入り口を入って、すぐ左側が「テントサイト①」

当日は利用者がいませんでしたが、防砂林の中にテントを設置するような感じになりそうです。

反対側が「テントサイト②」

ぶら下っているボールの遊具がありましたが、キャンプ場内にはこれしか遊具がないので、よく子供たちの行列が出来ていました。

柳島海岸

キャンプ場内をぐるっと周ったら、裏の出入り口から湘南の海(柳島海岸)へ。

キャンプ場を出ると、すぐ目の前に海。

お散歩やランニングをしている方も大勢いました。

砂浜エリアは、波の穏やかな入江になっているので、子供達を遊ばせておくのも比較的安心。

波打ち際で遊んだり、魚やカニを見つけたり、激しい波を見に行ったり、柳島海岸にゆっくり滞在。

チェックアウト時間が迫ってくるまで目一杯遊んだら、片付けをして帰宅。

最後に

キャンプ場内から海を望むことは出来ませんが、海まで徒歩1分の好立地。

雰囲気の良い防砂林の中でゆっくり過ごすことが出来るうえに、波打ち際で遊んだり、砂遊びをしたり、子供たちにも評判が良いキャンプ場でした。

以上、「柳島キャンプ場」について4人家族で使った設備や周辺情報の紹介でした。