#24 竜洋海洋公園オートキャンプ場 〜南国リゾートキャンプ場で年越しキャンプ【中編】〜

前編の続き。

#24 竜洋海洋公園オートキャンプ場 〜南国リゾートキャンプ場で年越しキャンプ【前編】〜

竜洋海洋公園オートキャンプ場 (2日目)

ピザ販売

朝7時からピザの販売があるということで、6:55頃にキッチンカー前に行ってみると既に販売開始している様子。

メニューを決めてピザ4枚を注文すると、7:15頃にまた来てくださいとのことで、代金は後払いのシステム。

言われたとおりに7:15頃に行くと、ピザが出来上がっていたので料金を支払ってテント持ち帰り。

左からトロトロチーズとはちみつピッツァ、コーンマヨネーズ、マルゲリータ、舞阪漁港シラスピッツァ。

7:15頃に注文していた人は8:30の出来上がり予定という話だったので、早めに行っておいたほうが良さそうです。

竜洋海洋公園

朝ご飯が終わったら、隣接する竜洋海洋公園へ。

竜洋海洋公園のアスレチックや遊具エリアまでは、キャンプ場から歩いて7〜8分くらい。

行ってみると丸1日遊べる遊具豊富なエリア。

なが〜いローラー滑り台も。

いつもは「疲れちゃったから抱っこ〜!」と言ってくる子供達もこういう時の体力は無限のようで、ひたすら遊び続けていました。

当日は風が強く、子供が階段を登っているときに風でバランスを崩しかけたときにはかなり焦りました…

昼ごはん

午前中遊び続けて、昼ご飯の時間になったらテントへ。

昼ご飯は白州方面にキャンプに行った際に立ち寄ったきのこ屋さんでGETした「なめこペペロンチーノ」でパスタ。

#21 Foresters Village Kobitto(フォレスターズビレッジコビット) 〜おもてなしの心を感じるキャンプ場〜

茹でた麺に混ぜるだけなので簡単出来上がり。

ここのきのこは本当に美味しい!!

そば打ち体験

昼ご飯が終わって、少しゆっくりしたら「そば打ち体験」に参加。

今回は二八そばなので、そば粉と小麦粉をふるいにかけて、混ぜるところから。

水入れて混ぜてこねて、延ばして。

畳んで切ったら出来上がり。

1時間半くらいの長い工程でしたが、子供達も楽しそうに参加していました。

買い出し

お蕎麦が出来上がったら、買い出し&お風呂。

年越しそば

テントに戻ったら、お蕎麦を茹でて夜ご飯。

お蕎麦は1分くらいサッと茹でて出来上がり。

スーパーで買った舞茸の天ぷら、アジフライと一緒に少し早めの年越し蕎麦。

これまで子供とお蕎麦を食べる機会があまりなかったので、好んで食べるか分かりませんでしたが、自分で作ったこともあってかモリモリ食べていました。

お蕎麦を食べたら2日目も終了。

竜洋海洋公園オートキャンプ場 (3日目)

炭焼うなぎ 加茂

以前から気になっていた「炭焼うなぎ 加茂」で昼ご飯を食べるために、8時半にお店前へ。

到着したときには、既に5人並んでいたので、その後ろに並んで待機。

9時から受付が始まって無事、11時〜のテーブル席の予約が取れました。

11時まで2時間程あるので、コインランドリーで洗濯しつつ、「長坂養蜂場」へ。

長坂養蜂場

9時30分のオープンと共に店内へ。

全種類のはちみつを試食したり、

クラッカーにディップをつけて食べたり、

蜂の出入りする様子を見たりしながらお買い物。

1番好みだった蜂蜜やパンケーキミックス、甘酒などを購入。

最後に蜂蜜のかかった1つのソフトクリームを4人でシェアして食べました。

炭焼うなぎ 加茂

ちょうどいい時間になったので、昼ご飯のお店に向かって店内へ。

ちょうど11時頃に予約なしで来ていたお客さんは、14:15で案内されていました。

メニューを見て注文するのですが、やっぱりウナギは高い!

子供に取り分けするのでご飯大盛(無料)で注文しました。

皮がカリッとして、身が柔らかく、噂通りの美味しいうな重でした。

うなぎパイファクトリー

うな重を食べた満足感に浸りながら、続いて「うなぎパイファクトリー」へ。

予約いらずで受付すると、「うなぎパイ3枚入り」を人数分の4パック貰えました。

その後、工場見学をしたり、製造工程のムービーを見たり、記念写真を撮ったり。

夜ごはん

見学が終わったらテントに戻って、お風呂&夜ご飯。

しおさい竜洋で白菜やネギ、パクチー、塩レモンぽん酢などを買ってお鍋。

それと頂き物の牛タンを食べて3日目も終了。

後編に続く。

#24 竜洋海洋公園オートキャンプ場 〜南国リゾートキャンプ場で年越しキャンプ【後編】〜

ブログランキング・にほんブログ村へ