【静岡】「GO OUT CAMP冬 2019」in ふもとっぱら〜4人家族でキャンプフェスに初参加〜

はやお

以前から1度行ってみたかったキャンプフェス。

事前にチケット購入して、ふもとっぱらで開催される「GO OUT CAMP冬 2019」に行ってきました。

今回は「GO OUT CAMP冬 2019」について、4人家族で利用したイベント等を紹介したいと思います。

キャンプ場到着まで

前日の夜、やる気が出なくて準備を後回し。

当日の朝、外が暗い中で荷物の積み込みをして出発!

ふもとっぱらキャンプ場には8時15分に到着しましたが、700m前から大行列。

そこから約2時間待ちで、入場することが出来ました。

チケット紛失でバタバタしましたが、無事に入場が出来たらテント設営の場所探し。

チェックイン後

場内マップ

「GO OUT CAMP冬」は、ふもとっぱら全体ではなくて、一部エリアで行われるイベント。

「テント禁止エリア」となっているスペースで、普通にキャンプされている方も大勢いました。

はやお

チケットが取れなかったりしたら、普通にふもとっぱらでキャンプをするのもアリだと思います!

テント設営

入場したのが10時半だったので、既にフリーサイトは激混み状態。

なかなかスペースが見つからずに焦っていると、広々スペースを発見。

はやお

しかし、そのエリア一帯には鹿の糞が散乱しまくり…

どうしようか迷いましたが、匂いはしなかったので、鹿の糞をお片づけしながらテント設営。

ローベンスのベル型テント「クロンダイクグランデ」 〜2年使って感じた6つの特徴と注意点〜

昼ごはん

設営が終わったら、ちょうどお昼ごはんの時間帯。

せっかくなので、イベントスペースで昼ごはん。

おでんやラーメン、カレー、パン、ピザ、コーヒー、カクテルバーや日本酒バーなど、色んなお店が出店していました。

フリーマーケット

昼ごはんを食べ終わって、フリーマーケットの開催場所近くを通りがかると、大行列。

特にお目当てのものがあるわけではないですが、とりあえず並んでみて時間まで待機。

開始時間になって、フリーマーケットがオープンすると、開始数秒で次々に即買いされている方がいました。

我が家は雰囲気に圧倒されて何を買ったらいいのか決められず、結局何も購入することなく退散。

はやお

事前に出品情報等がインスタ等に出ているので、参加前には事前チェックしておくと良さそうです。

イベントに参加

その後は記念写真を撮ったり、場内のイベントに参加。

会場内に隠された5つの問題を解いていくと、サンタさんから「トミカのプレゼント」が貰えました。

ワークショップも色々ありましたが、「キャンドル作り」に参加。

貝や石、ビー玉を入れていくだけなので、作業は子供たちにお任せ。

綺麗な仕上がりに子供達も満足いったようでした。

夕方には数々の豪華景品のある「クリスマス大抽選会」。

我が家も参加しましたが、残念ながら名前を呼ばれることなく終了…

打ち上げ花火

夜には打ち上げ花火。

夏の花火もいいですが、冬の澄んだ空に打ち上がる花火も綺麗でした。

はやお

かなりの迫力で長女は大喜びでしたが、次女は怖がって猛ダッシュでテントの布団の中でした。

その後、暗闇に薄っすら見える富士山を眺めながら、テントでゆっくり。

当日は「ふたご座流星群」だったので、流れ星もよく見えました。

チェックアウト

翌日も天気が良くて、富士山もくっきり。

「GO OUT CAMP冬 2019」の閉会式に参加しつつ、撤収作業。

バッティングセンター

チェックアウト後は、通りがかった「バッティングセンター」へ。

子供をバッターボックスに立たせてみると、怖がって逃げることなく、必死にバットを振り回す姿。しかも結構当たっている…

花の湯

「バッティングセンター」で、ひと汗かいたら近くの「花の湯」へ。

何度か来たことがありましたが、奥の方に「キッズスペース」があることを初めて発見!

ボルダリングがあったり、結構しっかりしたキッズコーナーでした。

お風呂上がりに子供達を遊ばせて満足したら、おうちに帰宅。

今回、チケットの紛失やキャンプ道具の忘れ物、服が破けたり、マットにカレーをこぼしたり、散々でしたが、天候にも恵まれて、思い出に残る初キャンプフェス参加となりました。

以上、ふもとっぱらで開催された「GO OUT CAMP冬 2019」について、4人家族で利用したイベント等の紹介でした。