#10 やまぼうしオートキャンプ場 〜富士山の天然水が飲み放題&子供が遊びやすい綺麗な芝生キャンプ場〜

メールで予約を受付している「やまぼうしオートキャンプ場」。

ネット画面では予約の空き状況が確認出来ないので、当日の早朝にダメ元でメールを送信。

すると8時30分頃に「予約承りました、ご来場お待ちしております」とのお返事を頂け、急いで準備をして行ってきました。

住所:静岡県御殿場市板妻630

買い出し

富士竹

買い出しはキャンプ場近くの「富士竹」と「サンサンクック」。

近くには有名な山崎精肉店もありますが、新規開拓でこちらに伺ってみました。

「富士竹」には馬肉はもちろん、猪肉、カンガルウ肉、ワニ肉、ダチョーウ肉、カエル肉、ラクダ肉、きじ肉など珍しいお肉が揃っており、グループキャンプなどに持っていけばかなり盛り上がりそうです。

やまぼうしオートキャンプ場

受付

当日は8時よりチェックイン可能でしたが、キャンプ場には12時頃に到着。

受付前に車を停めて、1台1泊料金の5,000円を支払ってチェックイン。

場所決め

キャンプ場内は一部の電源付きサイトを除いて、フリーサイトになっているので、制限速度を守ってゆっくり車を走らせながらテントを立てる場所探し。

キャンプ場には地図らしきものがありませんでしたが、ざっくりまとめると下記のような感じだと思います。

富士山は地図の上側に見えるので、富士山を望むなら下側エリアがオススメ(人気エリア)。

当初は我が家も下側エリアを検討していましたが、混み合っていたので、広々スペースが残っていた緑▲ポジションにしました。

緑▲ポジションからは富士山の頭が少し見える程度。

設営ポジションが決まったら、設営開始。

今回は「クロンダイクグランデ(ローベンス)」と「ファイアプレイスTCスクエアタープ(ビジョンピークス)」の初張りだったので、試行錯誤しながらなんとか設営。(ちょっとヨレヨレしていますが…)

クロンダイクグランデ(ローベンス)個人輸入をやってみた

夏キャンプにタープは必須!我が家のタープ、ポール、ロープ、自在金具の紹介

無事にテントとタープの設営が終わったら場内をお散歩。

トイレ

若干、設営場所からは距離がありましたが、洋式のトイレで清潔感がありました。

炊事場

炊事場には自動販売機が設置されており、炊事場の蛇口からは富士山の天然水。

こちらのキャンプ場を利用する際には、水の持参は必要なさそうです。

シャワー

キャンプ場内にお風呂はありませんが、無料で利用できるシャワールームがありました。

焚き火台

芝生を大切にしているキャンプ場なので、コンロや焚き火はブロックの上で利用する必要があります。

キャンプ場内の至るところにブロックが置かれているので、適当に拾って使用する感じです。

自衛隊の訓練音

心配していた自衛隊の訓練音は全然問題なし。

当日は7時〜20時過ぎくらいまで定期的に音が鳴っていましたが、子供が起きたり、怖がったりする程でもなく、そこまでに気になりませんでした。

当日の訓練の内容等によっても音のボリュームが変わってくるのかもしれません。

広々フリーサイト

当日は予約いっぱいというお話でしたが、ある程度の制限をかけているようで、テントを立てたエリアは広々遊ぶスペースが残っていました。

また芝生が綺麗に手入れされているので、子供達も気持ちいい!と言いながら、裸足で走りまわったり、フリスビーやボール、縄跳びなど子供達も遊びやすそうでした。

タープ下

タープ下では、娘の好きなプリンセスのバランスパズル。

もうすぐ3歳の次女にはちょうど良い難易度で夢中。

もうすぐ5歳の長女はババ抜き、神経衰弱も出来るようになってきて、成長を感じました。

夜ごはん

今日の夜ごはんは「富士竹」で買った馬レバ刺し、馬ハツたたき。

そして「馬ハラミ刺し」

ボリュームたっぷり「馬もつ煮込み」も食べましたが、これが特に美味かった!

食後には富士山の天然水でコーヒータイム。

今回、当日の朝にダメ元で予約の出来た「やまぼうしオートキャンプ場」でしたが、芝生が綺麗に整備されていて子供達も遊びやすく、子供達も大満足のキャンプでした。

ネット画面で予約の空き状況を見ながら予約できないのが少し不便ですが、それでもまた来たいと思えるキャンプ場でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ